インディ・ジョーンズみたいな人生を

40代半ばを過ぎ、改めて理想の日々を送るべく右往左往するブログ。映画制作ワークショップ・人生と夢・子育て・旅・工作・イラストの描き方。

インディ・ジョーンズみたいな人生を イメージ画像

更新情報

僕はずっと、【お金を第一にしない人生を送りたい】と考えてきました。 何かをする時、 何かをやりたい時、 何かに興味を持った時、 真っ先に頭に浮かぶのが「お金」でありたくないんです。 やるかやらないかを決める基準が「お金」でありたくないんです。 生きるあれ
『[898] どうやったらお金を第一にしない人生を送れるのか?』の画像

僕は社会人に出てからこれまでの20数年間、 力を入れるものを一つに絞ったことがありません。 つまり、「専業サラリーマン」だったことがないのです。 「二足のわらじ」という言葉があります。 タレントと経営者、みたいなことですね。 普通の人なら、サラリーマン兼
『[897] 「2.5足のわらじ」は履けるけど「3足」は無理!という話』の画像

「自我が芽生える」なんて言葉があります。 当時感じていたことなどを、はっきり覚えている最初の瞬間、と言ってもいいかもしれません。 調べてみると、人によるものの4歳頃、とのこと。 僕も、小学校に上がる前の感情や思い出を、断片的ではあるものの、結構鮮明に覚
『[896] 僕は30代後半で人生の反撃に出た』の画像

久しぶりの更新となってしまいました。 昨年末から、息もつかせぬレベルで動画の仕事がやってきたためです。 (今もまだあまり余裕はありませんが・・) 自分なりに大量の仕事と対峙しながら、 最近強く強く感じていることを書いてみたいのです。 それは、 <境目>が
『[895] 仕事から<境目>が消えていく・・・』の画像

週末2日間で映画制作を 一気に体験するワークショップ。 コロナ禍により開催をストップしていましたが、 2年ぶりに開催することを決めました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 映画制作体験ワークショップ 【第23回東京開催】 2022年2月5日(土) 2022
『[894] 映画ワークショップ、2年ぶりに再開します!』の画像

前回、こんな記事を書きました。 [892] 映像クリエイターの恐ろしい(かもしれない)未来 この記事で書いた”中年”クリエイターの未来像を通して、その後も仕事をしながら世の中を見つめています。 僕は2021年11月現在、次の2つの仮説を立てています。 素人とプ
『[893] 素人とプロを分けるものは何か?(私的な)これからのプロ論』の画像

この記事は、自分にとっても、辛く、怖い内容となります。 コロナになってから特に、 <映像クリエイターの人生設計、人生戦略> というものをよく考えるようになりました。 というのも、 ・技術を磨いていればいい ・いいものを作れればいい というのは、危険極まり
『[892] 映像クリエイターの恐ろしい(かもしれない)未来』の画像

広島に原爆が落ちてから76年目になりました。 広島から遠く離れた埼玉で生活していると、 原爆のことが非日常に感じてしまいます。 日常会話に話題として挙がることもなく、 ニュースでもあまり取り上げられない。 今回も、首相の読み違えがどーのこーの・・という部
『[891] 76年目の原爆の日に』の画像

農家には、 「専業農家」「兼業農家」という言葉がありますが、 サラリーマンには、そういった区別がありません。 言葉はありませんが、基本的に100%「専業サラリーマン」ということになるでしょう。 そこでふと思いました。 僕は、社会人になってからこれまで一度も
『[890] 僕は専業であったためしがない』の画像

新型コロナウイルスの影響で、今の自分たちの生活の中の「無駄な部分」があぶり出された気がします。 僕が最近、強く感じているのは、【時間】についてです。 時空が歪んだんじゃないかと思わんばかりの変化です。 今回はこれについて書いてみたいのです。 目次 コ
『[889] コロナ禍になってから、時間が増えた!』の画像

僕も昨年から自宅での作業が圧倒的に増えまして。 動画制作はもちろん、 講義も自宅からzoomで、になったし、 ついでにYouTubeチャンネルにも力を入れ始めました。 その結果、自宅(自室)のスタジオ化がやめられない止まらない♪という感じに。 うれしくて何枚も写真を撮
『[888] 自宅のスタジオ化が超加速!!』の画像

僕はこれまで 「いつかすごい映画を撮るつもり。でも今はまだ準備中」 という人に何人も会ってきました。 で、彼らには2つの共通点があることも知っています。 人の作るものにものすごく批判的で攻撃的 いつまで経っても「今はまだ準備中」 最近、ふと彼らのことを
『[887] 人生はやんわりとした幻滅の連続だね・・』の画像

ようやく報告できます、 と言いつつ、結局詳細は出せないのですが、 昨年の9月に、短編ドラマの監督をやりました。 クライアントへの納品が終わったので、 晴れ晴れした気持ちで投稿できるのです。 ある大学からの依頼で、お仕事としての監督業でした。 スタッフは
『[886] 昨年夏に短編ドラマの監督をしました』の画像

明けましておめでとうございます。 新型コロナの影響で、 2020年の前半から中盤にかけては ◎講師の仕事 → 片っ端から延期 or 中止 ◎映像制作の仕事 → 片っ端から中止 という酷い状況でした。 普段、とても楽観的な僕も、 新型コロナが広まる中での僕の気持ちの揺
『[885] コロナ禍での"個人的"映像の仕事の変化』の画像

社会人経験も20年を超え、 自分なりの経験則のようなものもいっぱいできあがってきました。 何度も似たようなことを経験したものばかり。 そんな自分なりの法則で、いつも判断基準にしているものがあります。 例えば、 ●3年あればたいていのことはカタチになる。
『[884] 9年以内にたいていのことは崩壊を始める』の画像

↑このページのトップヘ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...