20150412blog




ロサンゼルス旅行の目的の一つが、

僕のライフワークでもあるロケ地めぐり。



今回は、
アブローディング
というサービスを使って、
現地に住む日本人の方に案内していただきました。


うれしいことに、
映画俳優組合(The Screen Actors Guild)に加盟している日本人女性で、
道中いろんな話を聞けました。




なにしろ、
ふつーの人からすると、

「なんでそんなとこに行きたいの?」

と疑問を挟まれてしまう場所。


映画業界の人の案内なので、
そこは一切なく、むしろ、
「ここはこの映画に・・」と追加情報ももらえました。



かなりまわったんですが、

まずは、

『ダイ・ハード』編

としてまとめます。





■ロサンゼルス国際空港

着いた空港がいきなり、ロケ地!


とはいえ、あまりゆったり見ることはできなかったため、
写真はgoogleから拝借したもので。



20150412blog_01





続いて向かったのは・・・














20150412blog_02



このビル。


分かる方は、見た瞬間に「あ!」と思うことでしょう。



車で行ったので、
運転席から「ここが例のビルですよ」と言われ、

窓から上を見上げて、

うわああぐあああ!

と静かに叫びました。




そう、

■ナカトミビル!



ブルース・ウィリスが立てこもって戦ったビルです。


ポスターの表紙にもがっつり出てます。



20150412blog_03





20年前の自分に、

「お前、20年後にナカトミビルに行くぞ」

と伝えてやりたい。


玄関はこんな感じ。



20150412blog_08





さて。


基本的に、『ダイ・ハード』ロケ地訪問はこれにて終了です。



でもね、話は続くんです。



* * * *



今回の旅で泣く泣く断念した場所がありまして。

それは、ピクサースタジオなんです。



このブログでもさんざん書いている通り、

僕はピクサースタジオのやり方の信者なので、

同じ空気を是非吸い込みたかった。


サンフランシスコなので飛行機での移動になりますが、
それでもいいくらい、行きたかった。



よくスタジオ内部の写真がネットに出てるので、

すっかり<スタジオ見学ツアー>が
あるものだと勘違いしていました。



しかし、よくよく調べてみると、
見学ツアーはやってない、とのこと!


でもじゃあ、あの写真はなんなんだ!


「知り合いにたまたま社員の人がいて特別に入れてもらった」

と書いてある。




なにおおぉぉぉぉぉぉっ!!!


こういうの、ムカつきませんか!!


なんなんだよ、その「たまたま知り合いに・・」っての。


そんなやつ、そうそういるかボケ!!!





* * * *


ちょっと余談でした。



ところでこのナカトミビル(劇中の名前)、

本当の名前は、フォックスビルと言います。



すぐお隣に、

20世紀フォックスの本社があるんです。



映画スタジオは、

ユニバーサルやワーナーなど、
スタジオ見学ツアーをやってるところも多いですが、

ピクサーのように入れないところもあります。



20世紀フォックスもまた、

入れないスタジオなのです。





20150412blog_04





車で、この20世紀フォックススタジオに近づきまして、




20150412blog_05




おなじみのロゴが見えてくるわけですよ。



はい、

こちらがスタジオの中です。



20150412blog_07





あれ、

入れないんじゃないのかって?


そうですよ、普通は入れませんよ。




案内してくれた方の知り合いが、

たまたまここの社員だったんです。





これこの通り、ビジターチケットも発行されてます。



20150412blog_06





この女性にとっては
それほどのこととは思ってなかったようで、
事前に話してもらってませんでした。

だから、

僕は頭にふんぎゃーっと血が上りまして。




なんなんだ、この


360度映画の世界は!



スタジオのロゴを裏側から見る!


20150412blog_09





ナカトミビルも、こんな近くに!


20150412blog_12





スタジオにはあちこちに倉庫がありまして。


その壁に映画の絵が描かれています。




20150412blog_10



スター・ウォーズ!




20150412blog_11



シンプソンズ!







その後、社員の方とお昼をご一緒させていただきまして。


話の中で、

「ベストムービーは何?」

と聞かれたので、間髪入れず、

「ロッキーです」

と答えました。



そのあと、

「スタローンはどこどこのバーで見かけた」
「どこどこでスタローンとこんな会話をした」

みたいな話が続き、
僕(もうすぐ40歳男性)は目をキラキラさせて聴き入ってました。





ただよくよく考えてみるとこれって、


TOYOTAの社員にTOYOTAの社員食堂で、

「どこの車が好き?」と聞かれて

「NISSANです」って答えてる感じじゃないか?





20150412blog_13




最後は、

でっかいブルース・ウィリスで締めくくりました。





201504blog_brucewillis






「映画工房カルフのように facebookページに「いいね!」をよろしくお願いします。





-------------------------------
お知らせコーナー
-------------------------------

「映画工房カルフのように」って?

主宰者が活動を続けている想いって?

次のイベント・ワークショップは?

通信講座もやってます

東京のワークショップに参加できない人は?




●映画の作り方を知りたい人のためのメールマガジンはこちら!
 ↓↓



●ビジネス向け動画マーケティングについてのメールマガジンはこちら!
 ↓↓







-------------------------------
 読み終わった本・観終わった映画
-------------------------------
[PR]




『奇巌城』

ルパン。




参考:映画作りに役立つ!映画本100選
 http://eigabook.com

ゼロからの映画制作セミナー
指導歴9年!初心者でも気軽に学べる、映画の作り方セミナーを開催しています