20150419blog




シュワちゃんのロケ地巡りで、

ボナベンチャーホテルに立ち寄った、という記事を書きました。



20150418blog_004




シュワちゃんの『トゥルー・ライズ』のロケ地になったわけですが、

エレベーターを回っているとき、

実は先にこんな看板を見つけていました。




20150419blog_eastwood1




<IN THE LINE OF FIRE>


・・・?



ただ、クリント・イーストウッドの名前がある。


イーストウッドの映画は、

結構知ってるはずなんだけど、

このタイトルはまったく覚えがない。





帰国して調べたら、


『ザ・シークレット・サービス』でした。





ほう。



20150419blog_eastwood2



20150419blog_eastwood3




ボナベンチャーホテルの、独特の壁がしっかりと写っています。




* * * *



さて、このホテルを訪ねた日の午後、


チャイニーズシアターに行ったんですね。


ハリウッドのど真ん中、
ザ・ハリウッドです。



すると、
なにやら、イベントがあるらしい雰囲気がある。



20150419blog_01

















この日は、

チャイニーズシアター前でずっと時間を過ごしましたが、

どんどん物々しくなっていきます。



20150419blog_02





こっちは、がっつり道路を封鎖しちゃうんですね。


20150419blog_03






いったい、誰が来るんだろう?


壁を見ると・・・



20150419blog_04



「The Longest Ride.」


まあ、こっちで新作というくらいなので、

まだ邦題はついてないんでしょう。



「誰が主役なのか?」と警備員に聞くと、


「スコット・イーストウッドだ」と。




・・・・ごめん、知らない。


ただ、

イーストウッド、と聞いて思い当たる人は一人しかいない。



改めて、ポスターを見てみる。


20150419blog_eastwood4



ああ、やっぱり。


この横顔は間違いない。



クリント・イーストウッドの息子なのでしょう。




20150419blog_eastwood5




血というのはすごいものだ、と思います。




夕方になるにつれ、ものすごい人だかりになりました。


20150419blog_05




セレモニーはなんかこう、

TVで見たことがあるような雰囲気でした。



20150419blog_06




ドカンと爆竹ならしたり、

派手な演出もあり、その度に道行く人々も完成をあげる。



20150419blog_07





映画というものが、

日常生活に馴染んでいるんだなあと思いました。






「映画工房カルフのように facebookページに「いいね!」をよろしくお願いします。





-------------------------------
お知らせコーナー
-------------------------------

「映画工房カルフのように」って?

主宰者が活動を続けている想いって?

次のイベント・ワークショップは?

通信講座もやってます

東京のワークショップに参加できない人は?




●映画の作り方を知りたい人のためのメールマガジンはこちら!
 ↓↓



●ビジネス向け動画マーケティングについてのメールマガジンはこちら!
 ↓↓






参考:映画作りに役立つ!映画本100選
 http://eigabook.com

ゼロからの映画制作セミナー
指導歴9年!初心者でも気軽に学べる、映画の作り方セミナーを開催しています