2018年11月11日

10月のハローウィンセールで半額だったのでDL版として買いました。
先日クリアーしたので感想を。

本作品は実は2006年に同名タイトルで箱○とPCでリリースされていました。
そして本来この2006年版を開発したところが2を予定していたところを開発中止となり、べセスタの傘下の会社がそのまま引継ぎ本作の2017年版とのこと。(Wiki参照)

ストーリー
ケネディ大統領が暗殺されなかった架空の未来で、正体不明の侵略者に支配された宇宙ステーション「タロスI」を舞台に繰り広げるSFXサイコスリラー。
プレイヤーは失った記憶を取り戻すために戦う主人公モーガン・ユウとして、タロスIに秘められた謎を解き明かしていく。(4亀参照)

基本のゲームシステムはよくあるFPS。
オンラインがないため完全オフラインゲーム。
成長の概念と人間の能力に異星人の能力の二面性のスキルツリーがあり、主人公の強化が可能。
ただし最後まで進んでも全てスキルを解除できる訳ではなく…素材や消耗品を犠牲にすることによってある程度は可能ではあるが全てを解除する必然性は特にないと思う。
1周すると大体把握できるが…序盤はHPや医療知識に振りその後ハッキングに全振り、終わったら修復やスーツのインベントリーやパーツ装備拡張と進めるとよいでしょう。

道中は…これまたよくあるベセスタゲー難易度調整。
序盤は装備や成長進度がそんなに整っていないため死にゲーであるが後半は主人公もいろいろ整ってきているので一方的な戦闘が出来るようになるのでいつも通りのベセスタゲーとなる。

エンディングは一応3つあるが…大した分岐ではないため実質は1つである。
しかもどっちかと言えばあまりよいとは言いがたい。

で珍しいことなんだけど成長完了による実績、エンディングを迎えたことによる実績、難易度実績が一切ないゲーム。
ゆえに簡単に進めるならばイージー推奨、多少こだわるならノーマルでよいと思う。
初手からハードでやりましたが…序盤のファントム強すぎワロタ状態だったので高難易度が大好きな人以外はオススメしません。

それなりに楽しめたかなぁとは思いましたが…フルプライスでの提供では多少不満は出てしまったかもしれません。
日本語訳はべセスタらしくほぼフルローカライズ素晴らしいです。
おかげでストーリーに集中出来やすくてよかったと思います。
マイクロソフトも本当見習って欲しいところです。

オススメ度:★★★☆☆(セールで安ければ尚更ヨシ)

べセスタと言えば…来週にFallOut76が発売しますが…どうしようかねぇ…。
それではまた。

2018年11月01日

11月です。
もう来月で2018年も終わりです。

今月は母親にプレゼント関係で出資が多いので購入物はなしです。
来月はプレバンで予約したMETAL ROBOT魂 フルアーマー騎士ガンダムもありますし…なるべく抑えておきたいです。
でギリ来月の半ばにPC買え替え検討したいんですよねぇ…。
最低でも来年の消費税10%前にPCとディスプレイ新調、ホビーケース1台追加、自転車(まだ諦めていない)は買っておきたいところです。

ちょっとブログで愚痴ろうかと思いましたがデータが消えたので止めにしました。(笑
1時間近く書いていたのでわりと勿体無かったというか時間の無駄でしたが…(苦笑)

可能であれば…思いに耽る話は1個更新したいですねぇ…。



それではまた。

2018年10月14日

ということでまた気が向いたときに書きますこの企画。
相当昔に書いた記事はこちら
全体的にボロカスに語りますのでこの作品が好きな方は見ないように。


続きを読む

2018年10月09日

月末明けの連勤に続き、1週目の週末から昨日まで法事で三重県遠征などいろいろあってか更新が今日になってしまいました。(そして明日からまた連勤)

ということで10月です。
今年の大きな工程は先日の三重県遠征でほぼほぼ終了したのであとは年末にかけて突っ走るだけとなりました。
今年も大したことをまったくやってない気もしますが…暑くてまったく出かけられなかった夏がありましたので秋、冬はなるべくカメラを持って最低でも月に2回はそっち目的で出かけようかなぁと思ってます。(一応今月はすでに1回と来週に2回目を計画中)

今月の購入物
10/18 NSW ダークソウルリマスター
今回はこれのみ。
本来の発売から5ヶ月の延期。
すでに先月ネットワークテストが実施されており、他機種版との相違点は動作が30fpsが上限である、携帯モードは720pが上限であるぐらいか。
延期もニンテンドーオンラインに合わせたのでは?と言われるぐらい。
あとネットワークテスト時はテストゆえにラグは素晴らしいぐらいあったため実際は出てからやってみないとわからないぐらいであるが…。
ただOneXでのほぼ60fps固定を体験しているためこの30fps固定がどう影響受けるかがですね…。
まあ今回の大きいところは携帯できるダークソウルというのが大きいかなってのもありますので可能であれば2、3も是非とも出していただきたいところです。


ちなみに先月も何だかんだでガチャ運が最高潮でした。
主にFGOになりますが…今回も無料範囲内で☆5が孔明、ギルガメッシュ、☆4もそれなりに出てます。
プリコネRは多少排出しましたがとりあえず無料分で限定引けてますので(グラブルは目を背ける)どっちも多少資産が残っているためしばらくは安心かなぁと。


それではまた。

2018年09月02日

ということで唐突に始まるこのシリーズ。
前回の宣言どおり思い立った時に耽るシリーズになったので基本年数はランダムになります。

グラディウスIV〜復活〜は1999年2月に稼動されたといわれています。
12年前にも簡単に語ってますが…自分が初めてプレイしたのは当然AC版です。
この頃になると初代、2、3はアーケード版未体験ではあったが年齢的にゲームセンターへ遠征が出来る歳になり、4も当時高校2年から3年あたりだったので曼蛇2に引き続きやる機会が多くなりました。
当時は埼玉に住んでおり、最寄は上尾のコナミ直営ゲーセンのチルコポルドにありました。
他には大宮の各地ゲームセンターにもあったためやれる機会はかなりありました。
…がこのゲームまず3ほどではないがワンコインクリアーは練習しても中々難しいゲームでした。
主に
・自機が弱過ぎる
レーザーがまず弱過ぎでノーマルショットで進んだ方がマシと言われるぐらいクソ雑魚装備でした。
さらにノーマルショットも決して強くなくとにかく弾速が遅過ぎでダブルを装備すると弾切れを起こしやすいので物量で攻められるステージなどはノーマルショットに戻したくなるぐらいのレベルである。
5番装備のアーマピアッシングに至ってはレーザーと同じく取らない方がいい、最初から取らずに進んだ方がよいと言われた。
ミサイルも2、3では高火力だったスプレッドボムはかなり下方修正されてしまい、ハッチですら1発では倒せなかったり、3では弾速の遅さ、軌道が残念な形になった2-Wayは速度、軌道は2の仕様に戻ったがとにかく地形に吸収されやすかった。
そしてこのゲームの凶悪な部分は地形にもあってとにかくショット、ミサイルが簡単に地形に吸収されやすい。
特に4面、9面がこの傾向にあり、装備によっては5速推奨もある。
・ステージギミック。
特に考えずに2を模倣したおかげでオリジナル性が欠け、周回時だと最悪とされる3面、6面、9面…主に3面はランダム性も含めここで単純に諦めた人もいると言われている。
3面は泡と氷のステージだが泡は破壊可能だが氷は破壊不可、泡も分裂時に一癖あり、ランクが高ければ高いほど泡の分裂に時間がかかるという糞仕様でまさに数の暴力と分裂に時間がかかる仕様も含めて泡が相当滞留してしまい、そこに壊せない氷が反射して行ったり来たりするというまさにテストプレイして頭に来なかったのか?というレベルでプレイヤーを殺しにかかってくる。
さらにこの面のみ非常にランダム要素が関わっており、運が悪いと画面ギリギリで反射しまくった氷が急に激突してくるという事も。
6面は主に前半は細胞の数の暴力、後半は悪名高い触手ゾーン。
触手ゾーンに出てくる触手はショットを当てると触手の手が暴れる仕様になっており、これがとにかく危険で近いとその触手の手に弾かれるためある程度処分したらショットを打たずに前へ逃げるというパターンが確立されたほどである。
9面は通路が狭い、通路の当たり判定がかなり厳しい、一時横から縦になるなど装備武器によってはかなり高難易度化で死んだら復活がかなり厳しい。
そしてこのステージのみコンティニュー不可もあって練習がしにくいところでもあった。
あとは今までドットだったものに対しての3Dを扱ったため解像度がアップし、領域が上がった所も今までどおりに行かなくなったのもあるだろう。
こうしてこの際立った糞ステージ達がプレイヤーにそびえ立ち、苦しめていった。

・悪名高いパロディウス方式のランクシステム
パロディウスが登場するまでのシリーズのランク上昇条件は到達ステージ、装備の状況、そして周回数によってランク値が決定されていたがパロディウスが登場した以降このランク方式は見直され、この条件にどれだけノーミスでいったかというのもタイマーランク制度が追加された。
さらに装備の取得状況にもかなり左右され、シリーズによっては差異はあるが主にスピード、レーザー、シールドを取得すると難易度が上昇する傾向にある。(パロディウスはスピードがかなりランク上昇を招いた模様)
さらにこのシステムの悪名高いところはミスした際のランクダウンのダウン値が一気に下がるわけではなく、主に影響受けるのはミスした後の復活にあり、難易度が最低まで下降しないため場合によってはもう1機潰してさらにランクダウンを狙うケースも発生する。
周回数ゲーの宿命でもあるインカム率の低さを防ぐための処置というのもあったがこのランク方式は4ではそれなりに控えめではあったが曼蛇2やパロディウスでは難易度上昇っぷりによっては1周目の後半撃ち返しが普通に発生したりと3とはまた違った難易度の調整が入った。


しかし意外にもこの作品家庭用機移植はシリーズ中最も早く、翌年PS2で3とのカップリングで早くも登場した。
処理落ち等の違いもあるが、ほぼほぼ移植度良好でステージセレクトや当たり判定の有無もあり、4の攻略や解析がよりやりやすくなった。
当初は不可能といわれていたシリーズ伝統の1000万も達成された。

まあそんな私の最高は確か3-4か3-5までだったと思います。
このゲーム2周目は沙羅曼蛇と同じで地形変更のみ、3周目から撃ち返しが発生します。
他のシリーズと違って基本全て撃ち返しという極悪仕様。
さすがに泡、細胞、イオンリングは撃ち返しはないが壊せる敵、壊せる弾はほぼほぼ撃ち返して来る為3周目から一気に難易度は上がります。
撃ち返しも返してくる場所と立ち位置に気をつけないと他のシリーズに比べると凶悪にばら撒いていくため注意しなければならない。

決してつまらなくはないが面白いかというそうとも言えない。
そしてシリーズの中でも勧める事もできない。
何とも中途半端なゲームになってしまっています。
当時のゲームセンターの事情上インカム重視の弾幕ゲーや高速弾ゲーがいろいろ出まくっていたのに対してこの中途半端なゲーム(さらに設定上周回も可能!)は世間一般では微妙な反応になってしまい、終いには永久パターン発覚により、スコアアタックも打ち切られてしまったオチもあります。

復活というサブタイトルに対して実際に復活できたか?というと復活できず、ゾンビでしたというオチになります。
上記にもありましたが開発側はとにかくシリーズ最高傑作と言われた2を模範すればいいだろうという精神で開発されており、その結果シリーズの伝統は守っているものの目新しさがない、当時のインカム事情によるプレイヤー機の一方的な弱体化と結果PS2の復活の神話以降トレジャー開発の5までまたひっそりと影を潜めてしまうのであった。


とまあこんなにボロクソに言ってますが個人的には嫌いではないです。
少なくとも3よりかは。
3はまた別の機会で語りますが…3の全ては9面ですからね…。


それではまた。

9月です。
いや〜グラブル以外でやってるソシャゲ、FGOとプリコネRのガチャの引きが良過ぎて逆にドン引きするぐらいです。
FGOはXXの宝具3以外は全て呼符のみで☆5水着ジャンヌ、☆5水着BB、☆4XX(宝具2まで)を引き当て、さらに復刻☆5水着アルトリアも呼符のみで引ききるという豪運。
呼符の累計損失が80枚のみ(イベント礼装目的で15枚消費)夏イベントを消化できたってところですね。

でプリコネRは特に水着キャルからの引きがかなりやばく水着キャルのときは20連目あたりですり抜け☆3後の30連目で引ききる、その後の無料10連期間の初日の10連目で水着タマキを引く、無料10連の間に☆3枠が5個出る、そしてラストがチャ更新の☆3トモも無料10連で引ききるというここでも豪運。

うーむ…今後のガチャの引きが怖いです。


今月の購入物。
なしです。
シャドウオブトゥームレイダーがありますが…積みゲがそれなりにあるため見送ります。
今すぐやりたいというわけではないので来年辺りにセールとかになったら買うかなぁとか。

今月はなるべくかなり停滞しているオクトラを消化、ギアーズ4のキャンペーン開始(出来ればクリアー)かなぁ…。
来月発売のFH4は…日本語吹替えがあるんだったら即買いですが…なければしばらく見送り予定です。
やはり動きの激しいゲームはなるべく日本語吹替えの方がやりやすいです。
FH3で思ったのが主にこれでダクソとかはゲーム中字幕が出るのは非戦闘時が多いため特に気にならないんですが…FPSやカーゲームは動きが常にあるため字幕を見る余裕はあまりないんですよね。
そのため発売以降FH3はあんまりやってないです。
FHはすげー面白かったんですけどね。
吹替えのおかげで集中できたってのもあります。


あと9月東京へ行く機会が最低でも1回あるためいい加減にあそこへ行こうかと思ってます。
高田馬場にあるミカドへ。
実は1回も行ったことありません(笑
最近Youtubeでミカドが配信していたライブラリーをいろいろと見ていたりするんですがやはり興味が湧いてきたので一度ぐらいは行こうと(笑


それではまた。

2018年08月18日

中間点。

グラブルのこれぞとばかりの有料じゃないと買えないコンテンツが多くて参りましたね。
スキン、Wスタレジェ、属性のみスタレジェ。
これだけでも9000円飛んだわけですが…まあ結果はお察しで。
まあ昔に比べると(っと言っても2年前以上ですが)課金額も減って大体年に2回の無料分だけで天井をすでに5回近くやってますが…これで十分ですね。
定期的なサプチケも次回開催でクリムゾンフィンガー取得で終了するので所謂神石系終身刑は終わりになります。
今ではリミデット武器終身刑になってしまっている神石編成は闇、火、水予定で終わらせようと思います。
風、光はマグナ心中、土は揃い次第神石程度で。
まあぶり返しますが2年前の身内の身内からの裏切り以降やる気は平行線程度でとどめているのでまあサービス終了まで適当にって感じですね。


このブログでは初めて触れますが同じサイゲ製のプリンセスコネクトre:diveもやってます。
サービス開始から半月遅れでやってますが、運良くリセマラが2回目で終わったためそのまま継続でやってます。
何だかんだでもう半年ですが…ようやくプレイヤーLvも追いつき、後はいろいろ揃えるを考えているぐらい。
正直クランは悩んでます。
未だに未加入状態は上のこともあったためっていうのもあります。
まあ適当に無言団とかで十分だとは思いますけどね。


fgoな話。
4月後半以降から課金を控えるようにしてみたら7月後半のばら撒きも含め、さらに夏イベのガチャが呼符1発で水着ジャンヌ1発ツモったりして石が640個近く、呼符が85枚と予想外に余ったのでビックリ状態。
とは言え夏イベの第2弾が自分的には本命なので来週月曜日に放出予定。
出来れば…XXは宝具3ぐらいまでいきたいなぁ…。


今月第1弾の三重県行き。
とりあえず先日終わりました。
次回は10月の1周忌予定。
来年は不明だが…3周忌もありそうかな。

それではまた。

2018年08月11日

ということで前回の評価

ツイッターでも言ってますが先月からダークソウル2の次世代機版スカラーオブザファーストシンをやり始め、DLC含む全てのコンテンツが完了しました。
次世代機版はXBOXOne、PS4、DX10以降に対応した強化版となっており、旧版のアップデートによる調整分、DLC3つ分、新たな追加エンディング、新たな敵、可変ではあるが60fps対応など旧版を体験していた人でもまた新たにプレイができる内容になっている。


続きを読む

2018年08月04日

ということで8月になりました。
今年も早くも残り4ヶ月です。

・今月の購入物
8/30 NS サイヴァリア・デルタ(限定版)
以上。

2000年に発売されたサイヴァリアミディアムユニット、そのマイナーチェンジ版のサイヴァリアリビジョンを高解像度化、新要素追加されたパワーアップバージョン。
まあそんなに熱心にはやらないけど…とりあえずコレクター要素という意味合いで。


今月はグラブルが落ち着いたらいい加減オクトパストラベラーをガッツリやりたいです。
その後FH3やギアーズ4など残していたものを消化しつつ9月に突入かなぁ。
まあ先月はダクソ2ハイスペック版、ロックマンXアニバーサリーコレクション1など脱線しましたが…。

あとはFGOの夏ガチャのために4月末から貯めてますが…石が累計500個近く、呼符80枚あっても正直安心できないのがアレですが…。
出来れば水着ジャンヌだけは欲しいので当たって欲しいところですが…。


それではまた。

karugamo_com at 21:16コメント(0)

2018年07月01日

ということで7月です。
いよいよ梅雨明けしましたが…今度は台風が9月ぐらいまで続くと思うのでしばらくは雨もまあたまに降りつつもって感じでしょうね。
仕事でも非常に忙しい時期に入ってまいりましたのでまた今月も今回の更新1回のみになるかもしれません。


・今月の購入物
7/12 NS オクトパストラベラー
7月予定 METAL ROBOT魂 Zplus

今のところ予定としてはこれだけ。
オクトパストラベラーは久々の据え置き機RPGです。
体験版からの感触もよく期待してもいいと思います。
ホビーは中々いい値段のするMETAL ROBOT魂のZplus。
METAL ROBOT魂のブランドとしては初めて買います。
Z系の中でも非常に人気のあるZplusなので今回は手を出してみました。(笑

あとは時間の折り合いがあれば…ダクソ2の次世代版をDL版で買ってしまおうか。
ツイッターでも書きましたがダクソリマスター、ダクソ3を経て…向き合えるかもしれないと思ったので…。
箱一版のパッケージは…もう無理そうなのでDL版しかなさそうです…。

あとは月末にワンフェス。
まあ買うかどうかは内容次第ですが…。


それではまた。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: