2006年07月17日

グラディウス1000万への道第4回

ということで第4回目。
今回は6面と7面。



1-4
目標点数15、000点以上(累計570、000点以上)

6面の動画を作成しました。(WMV9 QB70 640*480 1分27秒 11,206,656バイト)
これを参考程度に。(最初のプレイヤーアウトは気にしないでください)

ボス

gra2_15






速攻で瞬殺可能。
特に難しくもないので割愛。


1-7
目標80、000点以上(累計650,000点以上)
ザブラッシュ
自機目掛けて飛んでくるので自機を守るように防御。
FFにスタンバっておくこと。

ビックコア

前作より行動パターンが増えた。
コアを守るシールドから撃ち返し弾が発生し、特定の行動をすると前へ出る。
しかし本質的にはあまり変わらず瞬殺は出来るであろう。
ただオプションハンタータイマーの調整によりやってくるまでコアだけのみにしておく。

gra2_16






ちなみにシールドはミサイル2発程度ですぐに粉砕できるので画像のように埋め込んでおくとすぐに破壊できる。

gra2_17






やってきたらコアを破壊し、ハンターを避ける。

ゴーレム

沙羅曼蛇の時と比べるとほぼ変わらず。
弱点である目玉を打ち込むと閉じるようになった。

gra2_18






画像のように埋め込み、目を開けた瞬間にショットとミサイルを叩き込めば瞬殺可能。

テトラン

グラ競椒垢涼罎任麓禊殻餡陲淵椒后
行動パターンが沙羅曼蛇の時と比べると非常にアクティブになりうっかりすると死にやすい。
しかしこれも瞬殺可能。

gra2_19






画像のように行けばミサイルだけで破壊可能。
失敗しても落ち着いて行けば倒せる。

ガウ

ライフフォースではデスの代わり。
行動パターンがテトラン同様非常にアクティブになった。
1段階目は目玉を大量に吐き出しながらレーザーも射出。
2段階目はレーザーをエンドレスに射出。

gra2_20






目玉一つ100点なので1段階目自爆時間まで大いに稼いでおくこと。
2段階目は弾速は速いものの見極められないと言うほどの速さではないので割愛。
オリジナル版のみガウハメといった裏技もある。

ファイヤードラゴン

沙羅曼蛇の3面より。
最初は頭一つだが耐久力が0になると3つに分裂する。

gra2_21






ここでオプションハンタータイマー調整のため1つだけ残す。

gra2_22






オプションハンターがやってきたらドラゴンを破壊し避ける。

ボス

gra2_23






画像のように待機する。
コアが青くなったら一気に撃ち放ち…

gra2_24






すぐにそこから別の場所へ移動する。
あとはコアを集中的に狙い瞬殺。

7面は一度死ぬとザブラッシュまで戻されてしまうのでなるべく死なないように。


第5回に続く。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: