2016年12月09日

さてさて…

FF15中々のゲーム歴史を残すレベルになったようですね…。

元々オフライン(まあPS4買うような奴がオンライン繋げないというのが仕様上ありえないですが…)ユーザーのために9月発売を11月末発売に延期されました。
しかし…いざ発売されればギガパッチは当たり前、初期のパッチを当てなければバグにより進行不可もあるそうで…そして初期、中期、後期とパッチ(DLC?)を当ててどんどん追加していく模様。

まあなんつーかユーザー舐めてんのか?と。

前々から思っていることですがパッチ前提でリリースするのは開発側がどう思っているのが正直聞きたい。
勿論開発納期、開発費を考えてのことだし、HDゲーは過去に比べるとデバック数はとんでもないことになってるのもわかる。
かつてゲーム業界は日本がかなり独占していた誇れる業界であった。
しかし今の日本ゲーム業界はHD化してからどんどん衰退し一応世界で通用できるメーカーであったスクエニはいよいよこの作品を最後に敵わなくなってしまったと自分は思う。
正直悪いが坂口氏が抜けてからのFFは本当にクソ過ぎて本当ダメ。
FF13はギリギリだったもののFF15は明らかに開発期間かかりすぎで日本特有の欠点が生まれてしまったのも原因ですね…。

まあなんつーか今年はすでに3月にSO5とかいう脱糞も出ているためこれをもって本格的にJRPGの立ち位置(特にPS系で出るもの)はだいぶ終わってますね…。

開発が延びに延びた部分は前に否定したMGS5:TPPにも言えることです。
正直MGS5に関しては肝心の小島自身から謝罪がない限り氏の関わるゲームは今後買うことはないでしょう。
そしてあのズブズブっぷりを見てしまうと正直許せませんね自分は。


とりあえずFF15は食わず嫌いもアレなので中古辺りで1〜2K辺りになってから突っ込んでみますよ(笑

・バイオ7体験版
まあ先にPS4版の方をやってましたがついにOne版も公開。
すでにPS+限定で6月に出た初期Ver、一般公開された9月のVer、そして今回の最終Verの2回アップデートされましたがOne版は最初から最終Verでの配信。
9月に公開されたものに比べると

探索範囲が地下が追加
ハンドガン追加
クリーチャー追加
エンディング表記追加
エンディング2つ追加(のうち1つは謎解きを解くと本編に持っていけるアイテムが1個追加)

1つ気がかりなのは感染(infected)という要素。
追加エンディングの1つであるinfected Endingだが…一度でも今回の追加クリーチャーのダメージを受けると体験版の主人公は感染してしまう。
そして脱出しようとしても侵食度が激しくなり、蠢いている所通称『ファミパンおじさん』に顔つかまれ終わる。
7の本編はこういう要素はあるのだろうか?というところ。

まあ発売まであと約1ヶ月半。
スクエニと違ってまだ海外と渡り合えるカプコンに期待したいところです。
勿論グロテスクVerを買う予定です。(笑

それではまた。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: