2018年08月11日

ダークソウル2を再評価してみよう。

ということで前回の評価

ツイッターでも言ってますが先月からダークソウル2の次世代機版スカラーオブザファーストシンをやり始め、DLC含む全てのコンテンツが完了しました。
次世代機版はXBOXOne、PS4、DX10以降に対応した強化版となっており、旧版のアップデートによる調整分、DLC3つ分、新たな追加エンディング、新たな敵、可変ではあるが60fps対応など旧版を体験していた人でもまた新たにプレイができる内容になっている。




…まあ結論的に言えばダークソウル2はダークソウル2でした。
元々の基盤である旧版の要素はアップデートによる修正によりだいぶ落ち着いた難易度にはなってはいましたが根本的なものはさほど変わってはおらず相変わらず回復の動作は遅いわ、回復しても回復速度が1、3に比べると遅過ぎるわとプレイヤー側の不利な部分はまったく変わっていません。
余計な回復アイテム追加によって回復手段は増えたものの回復動作と回復速度がウンコ過ぎてこれが原因で死ぬケースもまあありました。
追加要素の新キャラクター喪失者も時と場合によってはただの邪魔キャラ。
エンディングはまあうん、という感じ。

そしてDLC分は…もうね、多少評判がいいと聞いていたから多少なり期待はしてたんですが…想像以上のクソのオンパレードでした。
まず本編でもあった篝火が隠し扉に隠されているという悪手をDLC1からやらかしています。
DLC2は対処方法を考えて進まないとシンドイ要素があったり、DLC3は任意のチャレンジエリアが非常に常に視界が悪い状態で進まないとならない場所があったりと…そして何よりもDLC3はある程度の話はあったがDLC1と2は対してNPCキャラも出ておらずどういった経緯なのか話がまったくない。
元々DLCが入る前は王の王冠を手にいれ条件さえ満たせば亡者化を抑える強化が出来る仕様だったのがDLCが入ることによってDLC分の王の王冠を取ることによって同じ仕様になるという形になったためそのカバーストーリーがさっぱりなさすぎるのも酷いところです。

ボス戦も基本避けさせるタイミング取りを困難にさせる遅延行動とかボスがMOBを召喚したりとか、また2対1だったりとか何か本編と大差変わらず残念な気分にさせられました。
まあ勿論アーロンや白王など正統派ボスもいて戦ってる感のあるボスもいましたが・・・。
大半がイラっとさせられるのがほとんどでした。


前社長神さんから始まり、谷村が引き継ぎ、中途半端にいろいろ好き放題やらかし、谷村に終わったダークソウル2。

いやー…僕はもうご遠慮します。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: