グラブル

2016年04月08日

さて43G20X購入し、SeeQVault対応の外付けHDDも買い今後はそっちで…と思いきや省エネモードで動かしたら録画エラー頻発で前半の新番組はほぼ録画できず…。
UCRe0096だけはトルネで一応やっておいたので残ったが…ジョジョやマクロスは見れませんでした。

持っている方は省エネモードは常にオフにしましょう。

・クォンタムブレイク
アランと同じく洋TVドラマ風で非常によいんだが…ローカライズがマジ手抜き過ぎて残念過ぎ。
特にアーカイブスの日記(動画)がマジで字幕すらないとか馬鹿じゃねーの?
Gearsシリーズ、Haloシリーズ、アランの吹き替えレベルもまともにやらないんじゃ本当日本語版に意味ねーっすよ?
特にクォンタムブレイクは内容的に吹き替えが必要不可欠です。
ゲーム部分に集中したい場合はやはり吹き替えが一番なんですよ。
字幕だと文字を見なければならないためゲームに集中できないのです。
11月に出たライズオブトゥームレイダーですらしっかり吹き替えしてたのに…。

しかしそう思うと360時代はそういった意味では天国のようでした。
国内におけるOneの売り上げがずっと低レベルゆえの…だと思いますが…これではPSに負けちゃいますね…。
いやそもそも勝とうとしていないだけですけど。
もう少し頑張って欲しいなぁ…。
Gears4が発売日発表されましたが…果たして国内では出るのだろうか…?
出てもローカライズをしっかりしてくれるかが問題ですね…。

ちなみに未だに私がPS4を買わない理由はソニーにゲーム業界を引っ張ってもらいたくないからです。
MSはOSの延長上なので元々引っ張る気がないのがわかっているので今後も任天堂に引っ張ってもらいたいのです。
ただ私もプレイするゲームの関係上どうしてもハードコア系が多いため任天堂さんとはあまり相性はよくないのはわかっているんですが…。
ユーザー目線でい続けてくれているのはやはり任天堂なんですよね…。


・グラブルのアレ
今年に入ってから毎月のように炎上ネタが尽きないグランブルーファンタジー。
先月はバレセナ下方修正問題。
今月はプレアブルで発表されておきながらコラボクレジットカードの特典になったグランデ(ゾーイ)さん。
そして事前発表ナシで結果にて発表する人気投票SSR石バハルシグランデ対象外。
バレセナに続き追加SSRは限定扱い。

アンチラ騒動でガチャ規制が入ったもの…この天井敷いても欲しいものは対象にならない、今後追加されるSSRキャラは限定のみとかでサイゲ特有の集金仕様になってきて正直果たしてこれでよかったのか?と疑問になっている。
結局騒ぐ奴らは大抵ソシャゲを潰したいとか炎上に火を注ぎたい奴らだらけで実際のプレイヤーが騒いでいるのは一握り。
微課金〜無課金にとっては敷居が糞みたいに上がってやりづらくなっただけ。
重課金者が頂点は昔も今も変わらないがグラブルの場合無課金〜微課金でもまあ運がよければそれなりに出来ていた。
…が今では重課金者が優遇され過ぎて(特にムーンシステム)この落差が酷くなりつつある。
さらにエンドコンテンツも付いていける者と付いていけない者の差がかなり激しくなりドンドン窓口が狭くなりつつある。
廃人を飽きさせないためのコンテンツは持続させるための力になるため自分も否定はしない。
ただ今回のアップデはやり過ぎと思う。
完全に廃人のためのコンテンツ過ぎて付いていけてるところは本当ごく一部だろう。
私もそれなりに…ではあるが今回のコンテンツは丸々付いていけてない。
騎空団規模もそうだが…今後こんな廃人向けコンテンツが続くようであれば…そろそろも考える必要性があるかもしれない…。

あといい加減HLマルチバトルと通常マルチバトルは分けるべきである。
もしくは共闘と同じく個別部屋を作った方がまだやりやすいだろう。
元々同期が取りづらいゲームなのに同期を取ったかのようなプレイ難易度にしているためHLマルチバトルはそうしないと死体が1時間半ずっとい続けることとなる。


それではまた。

karugamo_com at 01:35コメント(0)

2016年02月02日

なんてのを簡単にまとめてみようかなぁと。
まあそんな気になったのは先月の古戦場が…というのもありましたが(笑

・最初の古戦場
2014/6/23 19:00〜6/30 04:59まで開催された最初の古戦場。
私が本格的にやる前…なんですが当時進撃のバハムートのプロデューサーも兼ねていた木村氏の影響か5戦全て勝利することで金剛晶が取れるシステムであり、限られた強者しか取れない仕様でした。
あとこの最初の古戦場のみ戦貨ガチャは悪名高い底なしのガチャで最初に選ばれた七星剣は翌年3月に開催された古戦場で今の形式になるまでEXの金箱から超低確率で落ちるもの以外持っている人はかなり限られていました。
あと今となっては『らしい』サーバーアクセス混乱もあったそうです。

・幽幻の饗宴 -星の古戦場外伝-
2014/10/24 07:00〜10/30 23:59まで開催された古戦場。
ただでさえしんどい古戦場の日程が5日から7日に延ばされ、金剛が取れるのは7連勝という鬼畜仕様。
そして表示も普段と違うハロウィン仕様であったためその仕様イラっとした人がいたとか。

・神境にて辿る跡
2014/12/31 19:00〜1/7 17:00までに開催されたイベント。
グラブル初ボスが二人いるイベント。
風と光でデバフは多少通るものの属性違いであったため低ランク層には非常に厄介な仕様。
特に雷神の特殊行動『印』は次ターンの誘導行動にもつながるため討伐時間も無駄に長くなっていた。
それに付け加え本イベントのストーリーも中身がまったくなく、バサラガ、ゼタが所属する『組織』も初登場だったが何がしたいのかまったくわからない名前のとおりの『組織』であったため益々訳がわからないことに。
彼らのいう『組織』が掘り下げられたのも1年後という放置っぷりもあったため当時守護だらけだった風武器が珍しく攻刃だったというのもあってそれを取るまでのイベントであった。

・砂縛の涙、ひとしずく
2015/1/31 19:00〜2/7 17:00までに開催されたイベント。
クソイベというよりか人間性を試されたイベント。
登場する島の人間は9歳の幼女に酷い扱いをし、その9歳の幼女もそれに呼応するかのように思春期も来ないうちに反抗。
ボスも途中変体する仕様もあってか非常にうっとおしい仕様に。

・決戦!星の古戦場(8回目)
2015/1/26 07:00 〜 1/30 23:59までに開催されたイベント。
当時アカウント数300万人突破というのもあってこの時の古戦場はまた違った重たさで特に4、5戦目はまったくゲームにならなかったぐらいの酷さでした。
そのための補填もありましたが…この影響で翌月の古戦場は一旦中止となりました。
まさかその5ヵ月後も同じことになるとは誰も思いませんでしたけど。(笑

・はじめてのバレンタイン
2015/2/13 19:00 〜 2/23 17:00までに開催されたイベント。
グラブル史上最高最大のクソイベとされる本イベント。
まず開幕からアクセス過多によるエラー祭り。
一時停止になりプレイ不可となる。
開始されて箱を開けてみたら大量なポイント回収と討滅戦も顔が真っ青になる大量なトレジャーを回収するイベントであった。
難易度NORMAL、HARD、VERYHARDでは大してポイントも取得できないためエンドレスを走る必要があったがラウンド数が進むとドンドン敵が強くなり40戦あたり超えると敵によってはほぼ即死に近いダメージを与えてくるのも出てくるためどこでやめるかのタイミングが非常にシビアであった。
しかも敗北するとポイントは没収される仕様だったためさらに拍車をかける要素だった。
SR、SSR武器も用意されるもののたまにしか出てこないモンスターからのドロップに討滅戦と違ってすぐに戦えるわけでもなかったため3凸出来たものは本当に運が良かったもののみとなった。
折角の闇攻刃だったため走った方もいたがあんまりにも苦痛だったため(その前に開催されたディアボロス討滅戦のSSRがやっぱり守護だったため)諦めた人も多いだろう。
補填もあったが先月の古戦場もあってプレイヤーのやる気もだいぶ削がれたイベントであった。

・北玄の戦い〜四象降臨〜
2015/4/16 19:00 〜 4/20 17:00までに開催されたイベント。
このイベントまで難易度HELLのみの超低確率で出るSSR武器の上限を解放できる『ヒヒイロカネ』を取ることが出来る四象イベント。
初ということもあってバランスがガバガバ。
ポイントを集めるのも非常に大変、討伐にも時間がかかるということで大抵の方が面倒臭いイベントだと感じ最大60人参加が可能となったHELLですらポイント取得がたいして取れなかったため旨みがないという印象を最初のイベントで植えつけられた。

・東青の戦い〜四象降臨〜
2015/6/10 19:00 〜 6/16 17:00までに開催されたイベント。
前回の反省点ポイントが取得しにくい部分はイベント途中で改善され、ボス敵のHPによって消費BPが減少する仕様になったためだいぶやりやすくなったが相変わらずHPが高過ぎて時間かかり過ぎるというのもあってやっぱりやる気が起きないイベントに。
イベントの仕様上強くないと大量なポイントを取得できないというのもあって初心者〜中級者殺しイベントでもあった。
この仕様は今も変わらないが次の西白の戦いでは参戦時の敵のHPから最大攻撃、HPに50%ボーナスが入ったため非常にやりやすく、旨みのあるイベントに昇華。

・決戦!星の古戦場(12回目)
2015/6/17 19:00〜6/24 23:59までに開催されたイベント。
またまたサイゲがやらかした古戦場上最大の汚点。
3日目あたりから不安定になり、4日目ではプレイに支障が起きまくっていたため途中で勝敗を決定、4戦目と5戦目は不戦勝になり、一定のポイントを取得していれば誰でも勲章を貰えるようになりました。
…が本イベントの最大の汚点は他人のアカウントにアクセスできてしまう不具合が発生してしまったためやはり古戦場=クソイベという概念もだんだんと定着する内容になりました。
このイベント後古戦場は翌月は開催を見送られ、2ヵ月後の8月末に開催されましたが…また苦痛を生むクソイベが生まれようとしていたことは誰も想像できなかっただろう。

・交差する運命の物語
2015/7/10 19:00〜7/21 17:00までに開催されたイベント。
初モバマス以外のコラボイベント。
箱を開けてみればアンノウン系SSR武器が一挙に3個追加。
さらに光と闇があったためルシ、バハ持ちは必然的に走る必要が発生した。
狙ったかのようにドロップが非常に渋かったためヴァシュロンを見るのも嫌だという人もいただろう。

・シンデレラファンタジー 〜迷える魂よ、安らかに〜
2015/8/22 19:00〜8/30 23:59までに開催されたイベント。
2ヶ月ぶりに開催された古戦場。
古戦場初コラボ形式で開催された本イベントも漏れなくあるアンノウン系SSR武器に悩まされる人たちが走らざる得ないイベントと。
やはり狙ったかのように落ちないため貢献度の上限が今まで以上に上がりまくった。

・ウルトラグランブルーファイター
2015/11/13 19:00〜11/23 17:00に開催されたイベント。
他社外では2回目、まさかのスト4とのコラボイベント。
内容ともに悪くはなくむしろ好印象なところも合ったが漏れなくアンノウン系SSR武器が登場。
自分的に中々出なかったのでランクインということで。

・救国の忠騎士2回目
2015/11/17 19:00〜11/22 17:00までに開催されたイベント。
本イベントの続きが次の月末イベントに開催するということで急遽ポセ丼、アステールをすっ飛ばして復刻。
1回目はストーリーも含めて好評だったに対して本イベントは仕様変更と伴いクソイベに昇華。
HELLのみであったシルフ戦がEXに格下げされ、HELLのみ許された仕様がマルチバトル移行され、グラブルではよくある他人の行動によってすべてが誘発され、各自が足を引っ張るというクソ仕様に。
修正されたとは言え面倒臭いのは変わらないため結果誘発するHPになる前にトドメを刺すしかないという上級仕様に。
初心者〜中級者では太刀打ちが出来ない残念なイベントになった。

・自由をその手に
2015/12/31 19:00〜2016/1/8 17:00までに開催されたイベント。
このイベントが…というのではないが良くも悪くも話題になったモバマスでもよくあるサイゲらしい天井なしガチャの底の深さが露呈する事件とディレクターの福原が自信満々に事前紹介されてやってみたら面白いと思うよと登場したベアトリクスの表記詐欺が問題視された。
2016年のみ排出されるアンチラは同じ確率アップ扱いになっていたユーステス、ベアトリクスと比較するとどう見てもそれ以下の確率になっているのは目に見えてわかり70万、80万使っても出ない人がいたりとモバマス以上に大きな闇を見せるハメに。

・スレイヤーズまぐな
2016/1/22 19:00〜1/30 23:59までに開催されたイベント。
古戦場18回目もまた業を背負うこととなった。
やめればいいのにまたコラボ古戦場。
ただでさえハードルが上がりつつあるのにまたアンノウン系SSR武器の登場…しかも2つある内の1つに闇が関わってしまったためその上限は過去最高に。
やっぱり非常に低確率であったため落ちたもの、落ちなかったものの明白な差が広がった。
登録会員数800万超えにアンノウン系SSRが関わっていたため予選、夜の時間帯は終始重たかった。
運営的にはエリクシール摂取イベントともいえる古戦場はいいだろうがユーザー的にはいい迷惑である。


さてさてグラブルも今年3月で2周年。
いきなしいろいろとやらかしてくれますが…今年はいろんな意味でまた騒がしてくれそうですね(笑

karugamo_com at 21:44コメント(0)

2015年08月04日

ということで8月。
今年も残り5ヶ月と折り返しが終わり徐々にまた年末へと加速していく感じになるでしょう…。


今月の購入ブツ
…なし!

意外なことに何もないという事実。
まあ先月E-M1を買ったのでお金的な意味ではちょうどよいわけなんだがな…。
E-M1も早速いろいろ使ってます。
やはり驚いたのが描画能力もいいんですがエントリーモデルであるPL3と大きく違うのは手振れですね。
同じボディ内手振れでもさすがのハイエンドモデル全然違いました。(笑
これからもいろいろ使い倒して行きたいところです。


グラブル的な話。
すでにプレイし始めて1年経過しました。(笑
当時はモバマスやってましたがいつの間にかこっちの方がメインになりつつあり、今ではソシャゲはこれしかやってません。
まあモバマス以上に時間がかかるゲームってのもあるんだけど…何よりも特攻ゲーの維持に対するコストがひどすぎてやってられなくなったというのもありますが…。

去年の末あたりからマグナ装備を視野にいろいろやってきましたが…ようやく基本属性である風、火、水、土の方がだいぶ落ち着いてきました。
現状火力は風>土=水>火な感じで集まり具合は土>水>風>火ですね。
落ち着いてきたとはいえSSR、SR餌や攻刃武器を重ねるのは終わってないのでまだまだ終わらないですが…年末頃になれば育成を光、闇に移れるぐらいにはなるかな…。

とりあえず今月は十天衆のシエテ解放予定です。
それまでに可能な限り火の強化に努めないとなぁ…。


それではまた。

karugamo_com at 19:30コメント(0)

2015年07月07日

まあ一応。

今月でいよいよプレイし始めて一周年が経つグランブルーファンタジーですが…まあいろいろ語っていくとキリがない、多少はここで語っているのでザックリな説明をば。

このゲームは他のソーシャルゲームと比較すると多大な時間を浪費するMMORPG要素を含むゲームです。

基本的にガチャを引いて武器、召喚石を獲得して同じ武器を複数持っていれば重ねてレベル上限を上げていく、それらを集めれば主人公、キャラクター(キャラ解放用の武器を引けばキャラクターを獲得できる)のステータスを上げることができる。
さらに属性(火、水、風、土、光、闇)があって属性ごとにスキルが存在する。
スキルLvを上げることによって攻撃、HPの強化をすることが出来る。(細かい詳細はWiki参照)

キャラクター、武器、召喚石にはレアリティがあり、N、R、SR、SSRの4段階。
当然SSRは一番上なのでキャラ、武器、召喚石共に基本高性能である。
ただし排出確率は3%ゆえに基本よほど運がないと10連でも0個、よくて1個、たまに3個ぐらい混ざっていることもある。(自分は最高2個)
SSR演出は基本虹色であり(たまにSR演出からの虹もあり)虹の虹星石が出ればSSRが1個確実に混ざっているのが確定している。
SRは黄金色になっており、上記のようにSR演出でも虹が混ざっている場合もある。

まあここまで来れば普通のソシャゲーRPGではあるがこのゲームはさらにエンドコンテンツが用意されている。
まず一つはマグナ戦。
ストーリーで各種6属性の星晶獣がおり、その真の力(マグナ)を解放した姿が存在する。
6属性星晶獣のHARD戦で獲得できるマグナアニマ3個とAP50を消費することで戦うことが出来るが従来のボスモンスターと比べると多少レベルでは太刀打ちできず、各マグナ戦に対応した構成内容でいかなければ厳しい。
しかし基本マルチバトルなので救援を送れば他プレイヤーからの救援が来るのでMVP狙いでなければそこまでというのもある。
これらのボスを討伐すると低確率でマグナ武器、マグナ石を入手することが出来る。
実はこのマグナ戦で手に入る武器、石は特別な効果があり、これらで固めると非常に強力な力を手に入れることが出来る。(内容はWiki参照)
しかし当然低確率ドロップ、1日3回、マグナアニマ3個消費という条件もあるため集めるには多大な時間がかかるためエンドコンテンツの一つになっている。

マグナ戦以外には十天衆というのがあり、イベント古戦場決戦で獲得できる数字武器を最終強化まで行い、彼らと戦い見事に勝つことが出来れば仲間に出来るガチャSSR以上の能力持つキャラがいる。
ただし最終強化まで持っていくのに多大な量のトレジャーアイテムを要求されるため集めるためにはAPを大量に消費しなければならないためなまじやろうと思うとドロップ率等含めて非常に時間がかかるコンテンツである。
最終的にドロップがマグナ武器、石よりも低いヒヒイロカネ(各イベントの難易度HELLで超低確率でドロップする)を要求されるため専用のイベント四獣イベントが設けられることとなっている。


ということでこっちの話題もたまに入れていこうかなぁと。
ちなみに自分は廃人に少し片足突っ込んでる程度です。(苦笑
一応エンドコンテンツである十天衆の一人だけ解放しようかとやってますが…これがとりあえず終わったら少し減らしてCSにちょっと戻るかなぁ…。

それではまた。

karugamo_com at 21:13コメント(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: