小部屋長がゆく

旅、時々マラソン一時畑。のんびりと小部屋長がゆく。

久しぶりにシアトル小部屋会。

今は怪我で戦線離脱しているダルビッシュ。

後輩からとても素敵なTシャツのプレゼント。

image












最高!とても嬉しいかぁ〜〜

ノーヒットノーランコレクションではないが、

野茂さん。

image












先日の岩隈さん。

image











来年はダルビッシュのノーヒットノーランを期待。

最近の収穫。

辣韮。

image












茄子の一番実は小さいうちに切る。

image









でないと、収穫量が落ちる。

今年は胡瓜も。

image







人参はドイツで買った品種の間引き。

いよいよジャガイモ。

image








天候が悪いので、全部は収穫出来ない。

まもなく本格的に夏野菜。

1年分の玉ねぎを収穫。

image









今年は良い出来。

これで来春までの玉ねぎは心配無用。

image









ビールのつまみ。

image








こちらも順調。


手前味噌で恐縮だが、春の葉物野菜は本当に上手く育っている。

IMG_5480

勿論、農薬は使用していないが、幸いにも虫君達からも攻撃されていない。

毎週毎週、大概の量を間引きをしながら収穫しているが一向に畑の野菜は減らない。

IMG_5481

レタスはまだ早いが、これまた沢山栽培しているので市況価格が高いうちに1個先取り。

IMG_5483

早生の玉葱、よく見るとムーミンのミーにそっくり。

今日も少しだが苺を収穫。

IMG_5486

トウモロコシの芽が順調に出始めた。

IMG_5487
 

話題の北陸新幹線「かがやき」

image












確かに輝いている。



仙台だが、、、

image









山形名物の冷やし肉そば。

絶品。

いよいよ帰国。

デュッセルドルフから成田には直行便があるが、ICEでフランクフルトを経由。

ICEはミュンヘン行。

IMG_5605

この響きが帰国する僕のせつなさに重しをかける。

まだまだ物足りないさを感じているが、現実の世界に戻る。


明日の便で日本に帰る。

デュッセルドルフ最後の晩餐、いや最後のビールはやはりaltビール。

ナポレオンも食事をしたと言う旧市街地の有名なお店。

IMG_5599

子豚の丸焼きをいただきながらビールを堪能。

今日が最後と思えばもう一件。

IMG_5600

altビールの醸造所でビールを飲みなおし。
 

日本も天気予報を見る限りでは寒そう。

デュッセルドルフの明け方は氷点下(ほぼ0℃程度)

暖かくなってきたとは言え日中でも10℃程度。

片付けようとしていたダウンがまだ重宝している。

IMG_5477


少し早咲きの桜がデュッセルドルフ中央駅前に咲いている。

IMG_5540


旧市街地を抜けるとライン川のほとりに。

IMG_5547


まだこの季節だが日没は20:00頃。

なんだか昼間からビールを飲んでる気分。

これから日は更に長くなる。

現在滞在中の宿の前は公園。

1週間に2日(水.土曜)朝市が開かれている。

image










新鮮な野菜から肉やハム、チーズに至るまで。

image










スーパーに行く必要がないぐらいなんでも揃う。

言葉が通じい。

でも、なくても地元の方々と触れ合えるチャンス。

八百屋ではディスカウント。

肉屋ではハムのサービス。

関西人ってわかるのか?

デュッセルドルフから普通電車で30分程揺られるとケルン。

DSC_2976


ドイツに来ると必ずこのケルンに訪れるお気に入り。

IMG_5493

なんと言っても大聖堂は圧巻で迫力に魅了される。

DSC_2996


大聖堂の中は心が落ち着く。

下手な写真では大聖堂の魅力は伝わらない。


ケルン市内に可愛いバスが走っていた。

IMG_5484


さてケルンと言えばケルッシュビール。

IMG_5487


バイエルンを代表するミュンヘンビールもいいが個人的にはケルッシュビールが大好き。

勿論、ここケルンでしか飲めない。

それ故、鮮度が良く喉ごし爽やか。

先日飲んだデュッセルドルフのアルトビールと歴史的に競い合っている。

ケルッシュビールは0.2lのグラスに注がれちょこちょこと冷えたビールを何杯も飲む。

IMG_5490


いわるゆわんこ蕎麦ならぬわんこ麦酒。

料理はケルンの地元料理ライニッシャーザワーブラーテン。

IMG_5488


牛肉の煮込み料理。

写真が下手で美味しそうに見えないが、とても美味しい。

まだソーセージにはたどりつかない・・・


イースターホリデーで飲酒店までほとんどがお休み。

そんな中、さすがビール大国ドイツ。

ビアホールはやっている。

19世紀中頃から造られている、デュッセルドルフの歴史あるアルトビール。

赤胴色で、濃厚な麦芽の風味とホップの苦味、日本人が好む味だと思う。

調子にのって何杯も。

IMG_5467


コースターのラインは、飲んだ数。

IMG_5464


お隣のドイツ人なんて、数えられないぐらいのライン。

IMG_5466


食事は久しぶりに、豚のアーメン丸焼き。
 


デュッセルドルフからUバーン(電車)で少し郊外へ。

IMG_5431


20分も走れば、のどかな家々。

IMG_5423

自然豊。

IMG_5428

IMG_5429

Kubotaの農業機械。

IMG_5462

ロゴから推測すれば、25年以上前でまだ久保田鉄工の時代の機種。

でもこんな場所でレアーな日本車を発見することが出来るとは。
 

このページのトップヘ