IMGP0446
きょうのお菓子は、
水まんじゅう。

福井では、寒くなったら「水ようかん」、暑くなったら「水まんじゅう」と言われるほど、水まんじゅう(水仙まんじゅう)」は夏の銘菓の代名詞となっています。
IMGP0447
今の時期から夏の間、福井の菓子店には「水まんじゅう」が並びます。
ご家庭で手作りされる方もいらっしゃいます。

今日、ご紹介するのは、ご家庭で手軽に作れるkaryo C&CFukuiオリジナル「水まんじゅう手作りキット」を使っての水まんじゅう。

ご家庭で用意する材料は、お水だけ。後は、お鍋とヘラがあれば、作れます!

きょうのレシピ
karyo C&CFukui オリジナル 水まんじゅう手作りキット 1回分
karyoオリジナル水まんじゅうカップ 30個分)

【材料】
露草(水まんじゅうの素) 100g
トレハロース 350g
こしあん 400g
水 800cc

一度に30個は多い、という場合は、半量の15個で。
きょうは、半量、15個分で作りました。
【作り方】
① こしあんを等分にして丸めておく。
DSCF3079
② 乾いた鍋に露草(水まんじゅうの素)とトレハロースを入れて、よく混ぜ合わせる。
※泡立て器を用いると混ざりやすいです。
③ ②に水を入れてよく混ぜる。
④ ③を火にかける。鍋底から混ぜ、鍋の縁から大きな気泡が出、透明感が出てきたら、軽く沸騰する程度に火を弱める。更に8分程鍋底からよく練る。
※耐熱性のゴムベラが便利です。
⑤ カップ約半分まで④を入れて①をのせる。その上から残りの④を流し入れる。
※この工程は、素早く行ってください。④の生地は火から下すと固まってきます。
DSCF3080

DSCF3081
⑥ 冷蔵庫で冷やし固める(2時間程度)。冷凍可能。

冷たく冷やして、夏のおやつに。
贈り物にも喜ばれます☆
IMGP0449



*** 福井銘菓「水まんじゅう」 ***

福井県、嶺南(若狭)地方敦賀市周辺では、昔から庶民の駄菓子として「水まんじゅう」が親しまれており、夏になると、和菓子店の店先に、豊富な若狭の井戸水で冷やした水まんじゅうが並ぶ姿があちこちで見られていました。

この「水仙まんじゅう」の由来については、きれいな湧き水に浮かべてうられていたことから「水洗」又は「水泉」と呼ばれるようになった説、また福井の県花が「水仙」で おりじなあることから「水仙まんじゅう」となった等、諸説あります。


ここで使用している材料や器具などは、福井市のC&CFukui店舗及びカリョーネットショップでご購入いただけます。