春らしい光が射しこんでくるようになりました。

桜が似合います。

先日のお稽古のお花は、啓扇桜、
今回のお花は、東海桜です。

枝ぶりを見ると、
啓翁桜は、真っすぐシャキッと。
東海桜は、しなやかカーブ、という印象です

探そうとしても、同じ枝には決して出会えないので、
啓翁桜であっても、東海桜であっても、
その枝、その枝によって、違いがあるのでしょう

花の色は、
啓翁桜が淡紅色、東海桜が薄桃色と紹介されることがあるようです。
私の目には、啓翁桜の方がやや薄く、
どちらかというと、東海桜の方が赤みがあるように見えました。

光の加減、蕾のひらき具合によって、
いろいろな表情を楽しめるのも魅力ですね。

皆さんには、どのように見えましたか?