2日間にわたって開催された
「豊山流大師講七十周年記念 全国奉詠総本山長谷寺大会」。

午前10時〜、午後2時〜の2度、
「総本山長谷寺和讃」の全山一斉奉詠がありました。



長谷のお山全体で、御詠歌が響く時間です。

それぞれの場所で、
講員の皆さんも、出仕の私たちも
本尊十一面観音さまに向かって奉詠しました。

ゆかりの場所で御詠歌をお唱えできるというご縁、
有難いことです。


大会の全てを終え、下山する前に
本坊前から、今一度本尊さまに御礼を申し上げました。



陽が陰る時間も多かったですが、
「はつせのやまおろし」には遭いませんでした。

これもお導きでしょう あ〜、よかった

長谷寺へGO 2018 おしまい。


関連記事
長谷寺へGO 2018 vol.1
長谷寺へGO 2018 vol.2
長谷寺へGO 2018 vol.3