勅使門前の白梅が見頃を迎えました。

「勅使」というのは、帝の使者のことです。
帝の使者が訪れた時に開く門が「勅使門」です。

遍照寺の歴史が感じられますね。


永代供養塔にお参りの方々から、「花が見事だね〜」と、声を掛けられます。




ちょうど見頃、もうすぐ満開です