お寺の本堂でお稽古を重ねる百人一首道場「遍照寺かるた会」。
10月11日は、お稽古日でした。

お稽古の始まりは和歌数首の暗唱です。
かるた2020.10.11

続いては札取りのお稽古。

真っすぐに札に手を伸ばします
かるた2020.10.11-8

今回は、ちょっぴり息抜きの散らし取りも
対戦に慣れると
散らし取りのランダムな札の並びが頭の体操になります
かるた2020.10.11-4


お稽古の終わりには普門坊の和尚さんのお話が定番です。
今回のポイント
「天徳内裏歌合」「しの」と「こひ」の名勝負
地名と場所のおさらい
 「宇治川」「吉野」「天香具山」「有馬山」「猪名」
「紫式部」と「大弐三位」



「有馬山 猪名の笹原 風吹けば
   いでそよ人を 忘れやはする」
        
「有馬山猪名の笹(の生い茂る野)原に風が吹くと
笹がそよそよを音を立てる。そうよ そうよ そうなのよ!
いやはや まったく 私があなたのことを
忘れることがあるでしょうか。いいえ 決してありません。
(忘れているのは、あなたの方では?)」

足が遠のいた男が
「あなたの心変わりが心配だ」と言ってきたので
内心あきれながら、さらりと切り返した「大弐三位」の和歌です。
胸がスカッとする人も、ドキッとする人もありそうな一首


 
 
門下生には、
いずれ和歌に詠まれた人の心や、風景を感じられるようになってほしい、
和歌を通して歴史を身近に感じてほしいと願っています。

百人一首道場「遍照寺かるた会」、詳しい情報はこちら

次回のお稽古は、
明日10月25日(日)午後2時〜です。
※体験は、新型ウイルス感染拡大防止のため、要申込です。

問い合わせ 遍照寺(へんじょうじ)☎0238-88-2285


 − ☆ − ☆ − ☆ − 
 お寺のLINE  おかげさまで
   友だち60人超!
  「友だち追加」で
応援よろしくお願いします

QRコードは こちらをクリック
       

  ID検索もOK!→@uuw2901y
  − ☆ − ☆ − ☆ −