2010年12月07日

実は別の記事を投稿していたのですが、思うところあって一度外すことにしました。
触れるには些かデリケートな部分もあり、もう一度表現をよく吟味する必要がある
かもしれないと思いまして。
以前は自分が思ったことをそのまま文章にしていたし、それが良くも悪くも持ち味
であると自認していたのですが、あるときを境に、それではいけないと思うように
なりました。あるときというのはブログ解析というものを初めてやったときです。
実はブログをはじめて1年半経ってはじめてしたのです。
私のブログはだいたい一日150人前後の来訪者が来られます。多いときで200~
300。日本ダービーのときは2日で1500人の方が来られましたが、あれは例外中の
例外。これは以前も述べたので簡略にまとめますが、すべての来訪者の方が、
私に理解があるとは限らない。中には私と面識のない競馬関係者もおられる。
(今回は競馬ではなくニコマスについてですが)。「バカ動画作ってるカスPだからね」で
済んだのは、ブログを初めて間もない頃でしょう。あまりカスPを知らない人に対しても
意識して文を書かなければならないということです。
ちなみに既に読まれた方もおられるでしょうが、それはそれで結構です。


<afuroP>
あるブログでこの作品が採り上げられ、それについての意見が述べられていました。
その意見に対する賛否は置いておいて、私個人の事情を説明しましょう。
これと同じことをする環境は、私にはありません。
これまでの作品で、部分的にズームにした作品はありますが、元々HD画質では
なく、明らかに解像度が落ちるため、ピンポイントでしか使えないのが実情です。
また、この動画で試みられているような自在なズーム移動ができる編集環境にも
ありません。
編集環境を整えない理由は、多額の金銭を出してそこまでの環境を整える必要を
認めないからです。私は映像関係の仕事をしているわけではないし、ニコマス以外
のMADを作る気もない。それに高価で高性能の機材を購入して、払ったコストに
見合うだけの成果が出せるかも疑問。技術に振り回されて肝心の作品がお粗末
なものになるということもあり得る。
作ったPの言葉を借りれば「そのままの絵は今はもう飽きられている」ので、私は
所々で自分で作った静止画を挟むことにより情景描写を加え、メリハリをつけて
います。特に最近は技術の向上が著しく、それについていけない分、静止画には
力を入れています。コラについて「カスPタッチ」などと呼ばれるようになったのも、
その結果だと思います。

雪歩静止画比較








































上が08年秋にUPした「Take It Time」で使った画像。下が現在制作中のPVで
使用する予定の画像。同じものですが大幅に手を加えています。

「FREAKS」より



















「FREAKS」より。作品の冒頭、0コンマ4秒しか出ない画像です。

活動休止の間に環境は少し整備して、少なくともHD画質で作品を作れるように
するつもりです。
AfuroPという方、見る専の方のようですが、所謂「底辺P」も限られた環境で作品を
映えさせようという努力はしていることはわかってもらいたい。この方も自分で
作り手に回ればわかると思いますがなかなか難しいものです。おそらくこの方が
良い作品だと思っている作品は、私を含めた「底辺P」がやりたい、でもできない
技術がふんだんに散りばめられている作品なのでは?
それに私は、カメラワークだけが全てでないと思っている。シンクロという基本が
しっかりしていれば、「そのままの絵」でも、好きな曲なら私にとっては良作です。

カスPkas_p at 03:30│コメント(6)トラックバック(0)ニコマス │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うてにゃん   2010年12月07日 07:36
無料ソフトでも、いろいろ出来ますよ、というのは知っておいて欲しいかな。
ズームも、抜きも、合成も、です。

やりたいことが明確にわかった上で、その単語で検索したりすると色々見つかるものです。
私は、動画編集ソフト以外のものを使ったりもします。
画像改変も、そういった技法のひとつだと思いますし。

その上で、どういうスタイルをとるかは、その人の自由だと思います。
上の動画は、『一つの提案』と捉えておけばいいんじゃないかな。
2. Posted by 森耕   2010年12月07日 20:41
まぁ色々ありだから面白い訳で。
一枚絵でも何かとw楽しめるカスP様のコラがある、というのは、私がニコ動に留まってる大きな理由の一つであります。
そうそう何気にニコマス動画制作デビューしちまいやしたよ。。。友人のバンドのPVですが。
3. Posted by カスP   2010年12月08日 02:01
>>うてにゃんさん
動画編集については確かにフリーソフトを使っていませんし、そういうものを探して駆使しようと
いう努力には至っていません。その点で自分は努力して作品を作っているんだ、と声高に主張する
ことはできません。自分はこういった工夫はしているんだよ、と言うのが限界です。
ただ、ズームすらやらないから「底辺」なんだという(ように聞こえなくもない)主張には、ちょっと
待ってくれないか、と思うところもあるのです。
ただあの作品について私はトータルでは批判的に捉えていません。PVを作る人たちへの発破とも
捉えられる。考えさせられるものはある動画です。

>>森耕さん
一枚絵だけに留まらず、色々な演出方法を編み出したいという思いはあります。「競馬シリーズ」に
ついてももっと見る側が楽しめる演出はないかと考えています。ただ「競馬シリーズ」は時間に
追われるところもありなかなか思うようにいきません。
PVデビュー、おめでとう御座います。どの作品か教えてくだされば私も拝見してこのブログに
取り上げたいと思います。さっきも探していたのですが。是非見てみたいです。
4. Posted by 森耕   2010年12月08日 06:03
大変恐れ入りますm(_ _)m
す、スンマセン。コメントのURL欄に入れたら、
名前にリンク張られてたみたいですね・・・
分かりにくくてすみません。

こちらです。ご笑覧頂けましたら幸いです
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12886222
5. Posted by きりとび   2010年12月09日 07:06
自分の背丈(環境・技術)にあった表現の仕方で、行くのがベストなんですよ。
6. Posted by カスP   2010年12月10日 01:16
>>森耕さん
拝見しました。この作品はちょっと別の場で紹介したいのでもう少し待ってください。その間に
「宇宙ステージ」が何者か調べてみますw。

>>きりとびさん
身の丈以上のことをすると却って作品がおかしくなることもあります。自分のできる範囲で力を
尽くしてベストに近い作品を作っていきたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字