2009年07月07日

(C)歯ブラシP




















主催:卓球P
http://onsentackq.blog31.fc2.com/

<レギュレーション>
募集期間:2009年7月3日〜7月12日
対象は2009年上半期(1月1日〜6月30日)に公開されたニコマス作品
自身のセレクトを20作品以内でブログもしくはマイリストにて公開
1Pにつき1作品
選考基準はフリー(お気に入り、埋もれ発掘、テーマに沿って等何でもオッケー)


というわけで今回も参加することにしました。私の基本的な選考基準は、見る者を
楽しませよう、感動させようというエンターテインメント性。だから私以外の誰が
見ても楽しめる作品が多いと思います。まだ見ていない作品がありましたら、
これを機に是非見てください。
すべてのニコマスPに敬意を表して。


うしわかP

観月Pの同曲をテーマにしたPVのリスペクト。リスペクトとはいえ単なる模倣に
留まらず、うしわかP独特の世界を構築している。一方で自身の技術を誇張する
だけのひとりよがりな作品では決してなく、千早、あずさのふたりのアイドルの魅力
を見事に活かしている点に好感を持った。あくまでふたりのUPに固執したのは
正解だったと私は思う。ニコマスとは飽く迄アイドルたちが主役であり、Pはその
魅力をどこまで引き立たせるかの存在だ。演出はどれだけ高度であろうと所詮
舞台装置に過ぎないのだ。

ツチノコP

際立った派手さはないが、高い技術力を控え目に、しかし丁寧に駆使している作品。
作品の中に曲に合わせたひとつの物語を紡いでいる。作品の中で英語詞の
字幕だけでなく日本語訳も添えているのはその最たる演出だが、それ以外にも
漠然と見ただけでは意識されることがないであろうレイアウトや些細な演出が、
物語をより具体化する有効な小道具となっている。

少年P

鈴木結女のナンバーに真という組み合わせ自体は意外ではないが、身体全体
を使ったパフォーマンスを得意とする真ならば、もっとダンサブルなナンバーが
鈴木結女には多くある。飽く迄バラードであるこのナンバーを選んだのは、少年P
の非凡なセンスの表れだろう。他の作品も含め、少年Pの作品は総じて演じさせる
キャラクターをどれだけ魅力的に見せるかに心砕いているように思える。

う〜おっほいP

シンプルイズベスト。あずさにこのナンバーは実に映えるし、このナンバーに過剰な
演出は必要ない。古いナンバーのPVが成功するかどうかは、高度な技術を持って
いるかではなく、優れたセンスを持っているかにつきる。初代のフェアレディZに
最新鋭のカーナビ等や高価なレカロシートを付けても悪趣味なだけである。作者の
センスの良さが現れた作品。

dbdbP

5人を等距離で横に並べてちょこまか動かすとてもユーモラスな作品。曲が
スピード感溢れるだけに見ていてとても楽しい。アイデアの勝利であるが、その
アイデアを実現できるだけの技術力も賞賛に値する。

てってってーP

勿論編集技術も秀でているが、そういったものは一切抜きで、私のセンスに直球
ド真ん中ストレートキタコレで選んだ作品。選曲、演出すべてから美希のアンニュイ
な魅力が漂っている。美希の魅力は一瞬でも目を離したらどこへ行ってしまうか
わからない危うさだと思う。

はじめP

<フリッパーズ・ギター>の音楽性をアイドルマスターを使った映像にしたら、
このような作品になるだろう。私は<フリッパーズ・ギター>を、音楽がインテリア
化したものだと思っている。インテリアである以上、その曲でPVを作るなら、
絶対に「お洒落」なものでなければならないのだ。はじめPはその決して低くない
ハードルを見事に越えている。

カマトロP

私は最近ブレイクしているという<オードリー>や<ナイツ>を一度も面白いと
思ったことはないし、笑ったことも一度もない。逆にM−1優勝コンビとして相応しい
かどうかで意見が分かれた<ノンスタイル>は少しだけ笑えた。前者2組になくて
<ノンスタイル>に多少なりともあったのは、「間」と「緩急」であり、私が笑いで
最も重要視しているのもそのふたつだ。私が落語が大好きなのは、落語が「間」と
「緩急」を命にしているからだ。カマトロPの「弱小事務所」シリーズはそれを実に
絶妙に使っていると私は思う。

225P

フォークソングでガチ系PVを作るには、その曲に対する深い愛情がなければ
ならない。シンクロが合うとかリズム感が心地よいからという理由をフォークの
選曲に求めることはできない。そしてフォークソングで「魅せる」PVを作ることが、
ロックやポップスを題材にするよりはるかに難易度の高いことは予想に難くない。
そしてそれは技術で克服できるものではない。さだまさしの赤ペンPと<かぐや姫>の
225Pが「魅せる」PVを作ることができるのは、曲に対する深い愛情があるから
に違いない。

さいふぉんP

大胆な編集方法が目を惹いた作品。そのセンスの素晴らしさは誰にでも思いつく
ものではないし、真似もできない。エンターテインメントの領域を越えて、映像美術の
域にまで達した作品だと思う。ちなみにコメント欄で比較の対象となった同曲を
使った「チュチュ」(アニメ?)のMADは見ていない。

炎のP

80年代アニメのテーマソングをモチーフに独特のネタ系PVを作るP。このPの
作品は総じて面白く、代表としてこの作品を挙げたが、近作はどれも甲乙つけ難い。
作品の締め方はこのP独特のもので、本編とあわせて毎回楽しみになってきた。
おそらく私同様このPの新作を心待ちにしている固定ファンは多いだろう。

chiroP

その技術力に圧倒された作品。3D技術が日進月歩で進化している現在、来年の
今頃はchiroPはこれとは比較にならないくらい凄い作品を見せてくれるだろう。

ナファランP

所謂「音ゲー」の曲のようだが、フュージョンというジャンルをニコマスPVで見事に
表現した作品。スピーディーなアイドルたちの動きが、背景が白いだけに際立って
いる。実に意欲的な作品。

だいすP

とにかく有無を言わさず勢いで押し切った作品。実は元ネタを一切知らなかった
ので、曲自体もインパクトが強かった(結果、私の作品にも使わせてもらった)。
紳士動画で片付けるには勿体無い、コミカルでクオリティの高い作品。

ぽP

ニコマスの凄いところは、こういう作品を作るPがいて、こういう作品が喝采で受け
容れられるところだろう。

おしりP

方向性はまるで違えど、同じ「コラ」というジャンルで活動しているPとして、おしりP
の作品は妬ましさすらおぼえるほどに素晴らしい。

ノッカーズP

発想の勝利。エスニックジョークをアイドルたちに当て嵌めるというアイデアは、
とりわけ奇抜ではないが、それは今思ったことで、ノッカーズPがやるまでは誰も
手をつけなかった。コロンブスの卵といったところか。勿論アイデアだけでなく質
も高い。お手軽に楽しめる作品という点でもポイントは高い。

そらなP

競馬ファンという立場から推したいシリーズ。競馬予想を不特定多数の人に
晒すということで一番大事なことは、如何に説得力ある予想を、分かり易く伝える
かにある。その予想が余程の的中率を誇らなければ、素人にわかりづらい予想は
ともすればマスターベーション的なものに陥る。優れた予想家というのは当たる
予想家ではなく、見る者に当たりそうに思わせる予想家である。清水成駿が的中率
では平凡なのにカリスマ扱いされているのは、彼の言葉に説得力があるからに
他ならない。
シリーズの中で敢えてこの「NHKマイル編」をチョイスしたのは、千早が本命に
推す馬がどれだけ強いか、実に説得力溢れた解説を行っているからである。
これを見れば誰もが千早が推した馬を本命にするだろう。このシリーズのアイドル
たちは皆プロの予想家顔負けの魅力ある予想を披露してくれる。ただし、当たる
当たらないは別である。プロの予想家とてそうそう簡単には当たらないのだ。

マロニエP

時折私は思う。何故一銭にもならないニコマスを、自分のキャリアに何ら益をなさない
ニコマスを、人生の大事な時間を割いてまで作らないといけないのか。
そう思ったとき、私はこの作品を見ることにしている。そして思う、バカな作品でも
下手糞な作品でも、楽しんでくれる人がいるなら作ってやろうと。そしていつかは
この作品に肩を並べられるだけの作品を作ってみせると。
ニコマスPたちを、何の役にも立たない、くだらないことをしていると笑う者がいる
だろう。おおいに結構。貴様のような人間になるくらいなら、それでいい。100億ドル
積まれたって、貴様の人生と俺の人生を取り替えるつもりはない。

ギップリャP

まず<村八分>をニコマスでやるということ自体が無謀で、出来た作品は投げっぱなし
ジャーマン。しかしこれこそが<村八分>なのだ。音楽が表現手段のひとつであった
時代が、確かにそこには存在した。


紹介するにあたってここに挙げた20作を何度も繰り返し見ましたが、総括……

安西先生、ガチのPVが作りたいです!

さて合作ではどんなカスPが出るのかな〜、もしかしてコラ一切なしのガチPVかも。



カスPkas_p at 01:00│コメント(7)トラックバック(0)ニコマス │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒ななか   2009年07月07日 05:56
今年は巡回が疎かになりがちだったのでただでさえ漏れているチェックが更に穴だらけです。
なので今回はスルーを考えていたのですが見ていてやっぱり参加しようかなと思いました。
別に無理に20選ぶ必要は無いですしね。
それにマイリスト確認したら思ったよりもありそうでした。

中央競馬はそもそもパドックが見れないのでー
最近は毎週ですが少ないときは月に1・2レースしかやりません。
なのでそのためにグリーンチャンネル契約するのもねー、という感じです。
荒尾競馬のパドックは一時期分かってきた様な気がしたのですが錯覚の疑いが強くなってきました。
問題無い様に見えても飛んだり、多少荒れてるかと思ったら勝ったり・・・
パドック講座楽しみにしています〜
画像や動画があると分かりやすい内容だけに動画を期待したのですがやっぱり難しいのですね。
美希の時のようなやり取りも期待したので「やよいと」なのですが伊織の時を見るとやよいのが得意そうな設定なのですよね。
律子の時のように「講師:やよい」と言う珍しい構図が発生するのでしょうか。

最後になりますがニコマスラジー賞のブログ作りました。
(http://fm77.blog72.fc2.com/)
まだ作っただけでどんな機能があるか確かめてる段階です。
協力者枠と言うことでリンク張らせて頂きました。
2. Posted by 黒ななか   2009年07月07日 05:57
長くなりすぎたので分割です、ガチも楽しみにしています。
ガチ系で好きなのは断然「CATCH ME」ですがあれもネタっぽい要素もあるのですよね。
世間的にはガチになるのかネタ入りのガチ系に分類されるのか気になるところです。
話を戻しまして明らかにガチと分類されそうなものでは「THE BEST OF LOVE」と「Oh,Pretty Woman」が好きです。
とか書くために「Oh,Pretty Woman」を見返したら手を加えて雪歩の中編や「GET DOWN」に使われたと思われる画像を見つけて何とも言えない気分になったりしました。
印象が全然違いますねーと。
3. Posted by はじめP   2009年07月08日 01:26
ありがとうございます!
気恥ずかしくて同期P作品を20選に選ばなかった私を許して(´・ω・`)
4. Posted by カスP   2009年07月08日 01:29
グリーンチャンネルは私は入っていますが、あまりお勧めしません。ついつい買うつもりのなかった
レースまで買ってしまいますから。
ちなみに私は南関の「SPAT4」に入会してしまい、とうとう日本全国すべての競馬がネットで
買えるようになってしまいました。恐ろしいことです。
「SPAT4」は自重していたんですけどね…。

「THE BEST OF LOVE」と「Oh,Pretty Woman」は正直なところあまり
納得いく作品ではないのです。前者はシンクロがなかなかかみ合わず、後者は時間に追われて
作ったため、正直もっと凝ったものを作りたかった。
でも「THE BEST OF LOVE」を20選に入れてくださった方がいました。
作品の質に不満は残りましたが、絶対ガチでやると決めた作品でしたから、嬉しかったですね。
実は個人的に一番気に入っているのは「EASY」です。作りが粗いところもあるのですが。
今度ガチで作るならバラードでひとつ作りたいと思っています。
5. Posted by カスP   2009年07月08日 01:34
>>はじめP
気恥ずかしいという気持ち、よくわかります。
私も同期Pを選ぶのは合作の宣伝みたいになってしまうかなと思ったところもあったのですが、
素晴らしい作品である以上紹介して然るべきだろうと。
6. Posted by 225P   2009年07月11日 08:56
いつもお世話になっております(一時停止的な意味で)。
今回は拙作を選んで頂きありがとうございます。
また、過分なご紹介も頂き恐縮です。
あの頃の曲は世代的に体に染み込んでいるのかもしれません。
7. Posted by カスP   2009年07月12日 23:41
「妹」は私も好きな曲なので、あの曲でガチPVを作ってくれたのは嬉しかったです。正直ジンと
きました。ニコマスPVでジンとくることなんてそうそうありません。これからも素晴らしい作品を
いっぱい作ってください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字