2019年11月18日

ミニボート終盤戦

さて、今年の10月は台風関係で思うようにミニボートが出せずにモンモンとしてたのですが、ここに来てなんとかボートが出せてる状況。

今週はある方と行く予定だったのだけど予報が微妙で。
土曜は波が3mのち1.5mウネリあり・・・NG
日曜は1.5mのち1m。(ウネリ予報はないけど残ってるはず)

問題は1.5mだとミニボートは無理な点。
風の予報だと土曜の夜11時過ぎから西風3m/S前後に変わり、日曜の朝には風が収まる感じ。
ただ波が収まるのは風がおさまってからタイムラグがあるので朝はまだ高い可能性アリ。

更には日曜の11時過ぎからは北風(3m/s)の予報。ウネリと風向きが同じになるので、早上がりになりそう。(日本海は3m/sで北なら荒れてくる風速)

つまるところ、午前中いっぱいが勝負。
ただ朝に波がまだ高ければ釣りができる時間は限られてくるわけで、その辺を含めると遠方から来てもらうにはリスクが高かったので今回は1人で行くことに。

ボートを出す場所に行くと同じことを考えている方がやはりいて(笑)カヤック2艇、ゴムボート2艇がおられました(笑)

というわけで明るくなったタイミングで波の感じを確認してからスタート。

ベイトは先週同様のカタクチ。
エリアにはしっかりいてカモメがチラホラ飛んでる状況。水深20mラインで魚探には良い感じにベイトが映るのだけどフィッシュイーターがあまりついてない感じ。表層のベイトボール目掛けてキャストを繰り返すも反応がない。

仕方なく底を取ってからの巻き上げに変更。すると着底と同時にドンッ!とナイスなアコウ。IMG_5039

ずっとお食事してたようでまだ消化されていないカタクチを吐きまくってます。IMG_5052

南風に流されながら同じ釣り方でアコウを追加してたら・・・ドンッ!とこれまた根魚っぽい(引かない)のが掛かり、上げてビックリ・アオリイカ(笑)(水深35mライン)IMG_5040

IMG_5041

メタルマルでアオリイカは初めて^^フロントもリアも掛かってます(笑)

空がオレンジ色から青色に変わり出した頃に、ようやくポツポツとナブラが出だしたので追いかけまわす。こうなるとメタルマル60プロトより40の方が投げやすいのでメインはメタルマル40に変更。

ナブラの大半はヤズ・ハマチなんだけど、その付近にサワラが付いていることもあるので油断ならない感じでサワラを2本。(ハマチ系はオールリリース)IMG_5042

IMG_5046

水深40m付近の根の近くに行くと、今までとちょっと違うナブラ。規模は小さく長続きしないナブラ。そしてあまり水面まで出てこない感じ。そして中々食わない。
ナブラが出た直後に上手くルアーが通った瞬間・・・ドンッ!ジジィーーーー!!!

ヒラマサ♪IMG_5043

体高がある良い魚。カタクチ食いまくってるのでしょうね^^

で、この1匹でなんとなく分かった。
狙うべきは規模の小さいモジり系ナブラ。
闇雲にナブラを追いかけるのを辞める。

出そうな位置で待つ。出た瞬間に狙い打つため無暗にキャストもしない。
モジった!キャスト!ドンッ!!!ドンッ!!!ドンッ!!!
IMG_5045

IMG_5044

IMG_5047
案の定のヒラマサ。

とは言っても近くでデカイナブラが出たら行って投げるんですが(笑)
そしてそういうナブラはやっぱりハマチ系(笑)
けどヒラマサを狙って獲れる感じは掴んだのでした^^

11時には北風入る予報だったのだけど、幸か不幸か無風で暑いぐらいで。けど11時半になったところで北の空が少し暗くなったかと思ったら・・・一気に北風が吹きはじめ、水面が荒れて波気立つ。

こうなると水面のナブラも発見できないので強制終了と相成りましたが、
夕ご飯に間に合う丁度いい終わり方でした^^

写真の通り、体の幅が広いヒラマサはすさまじい脂のノリ具合で絶品でした^^

本日の動画


タックルデータ
【ヒットルアー】メタルマル40&60プロト
【ロッド】BG-72ultradeep
【リール】シマノ4000番
【ライン】PE1.5号・リーダー25LB


kasago2 at 12:00|Permalink ボートエース 

2019年11月11日

秋の爆釣

さてさて11月上旬といえば秋真っ盛り。
色々な魚種が釣りやすい季節ですよね。

というわけで色々狙ってみました(笑)

まずは金曜夜にメバリング。
当日の波は3mのち1.5m(ウネリあり)
つまり北風から南風に変わる予報。
土曜の波は1mのち2m。昼から北風に変わる予報。
予定としてはメバリング・ヒラセイゴ狙いからの日が出てからのミニボート。

メバリングするにはちょっと荒れてるのでまずは漁港テトラ帯へ。
沖のテトラに波が当たり、内側に泡だまりができるような場所。

今日はヒラスズキが入ってもおかしくないのでタモを持ち込む。
そしてタモの準備中にタモの持ち手が抜けてテトラに落とす(笑)

ヤバイ。ボートで使うタモがなくなってしまった・・・まだショートギャフがあるからなんとかなるか・・・

という感じのスタートだったのだけど、状況はイマイチ。海の感じ(波具合)は良いのだけど、月明かりがマズイ。遠くの外灯が利くポイントだけに月明かりがベイトの密集を阻害。どうしても条件が整いにくい。当たり数回で見切りをつけてランガンスタイル。

2箇所目でメバル、3箇所目でヒラセイゴ、シーバスが入っていて何とか成立。
DSC04760

DSC04769
ヒラセイゴ
3箇所目は明かりが強い場所と汽水が絡むエリアで釣り場が出来上がった感じ。早めに終わって3時間ぐらい仮眠する予定だったのだけど、遊びすぎて30分程の仮眠時間しか取れずに朝を迎える(笑)

波は予報通り落ちた模様。多分ウネリは残ってるけど問題ないレベル。

ベイト反応は先週同様にポイントに着くまでに多数確認。問題は先週いなかったイーターがいるかどうか。

で、イーターが・・・居ない・・・。
先週同様で根にもベイトにも魚が付いていない不可思議な感じ。ベイトは根にも付いているのに綺麗さっぱりヒラマサがいない。

仕方なく時折近くで起こるナブラを追いかけまわして午前中はサワラ1バラシのヤズ2本に真鯛1枚にアコウ2本。お土産がてらアオリを確保。IMG_4955

IMG_4954

IMG_4956

IMG_4949

ところが午後から激変。

膨大なカタクチベイトがいたるところで追われ出す。サワラがジャンプしまくる。午前中のヤズナブラとは質が違いナブラの音も規模もデカイ。午前中は限界ギリギリの早巻きで稀に口を使う程度だったのが、普通レベルの早巻きでドンッ!ドンッ!ドンッ!とサワラの連発開始!
GPTempDownload-(1)

IMG_4951

しかし問題が1つ・・・タモが無い(笑)

寄せて弱らせてギャフでエラに差し込み抜き上げること数回。
ようやく慣れてきたころ、エラに差し込んだ瞬間にエラ洗いされ「スポンッ!」とギャフがすっぽぬけて海の中へ・・・(笑)(サワラで手がヌルヌルしていた)

タモもギャフもロスト・・・(笑)
仕方なく短いフィッシュグリップで場を凌ぐ・・・が、短かすぎて怖い・・・。

というわけで作戦変更。

寄せてからサワラの尻尾を鷲掴み。
これでなんとか1日凌いだのでした^^

ちなみにサワラはエンドレスにヒットするフィーバーぶり。稀にサゴシ・ハマチ・ヒラマサが来るけどほとんどサワラで嬉しい悲鳴状況。ここで確信。ベイト追いかけまわしてるから根という根にヒラマサいなかったんだと。IMG_4950
ヒラマサ
IMG_4952
ハマチ

なお数えてませんが釣ったサワラは20本程度。
ビックリするほど釣れてくれました^^

途中まではメタルマル60プロトだったのだけど、ナブラ撃ちならメタルマル40の方が投げやすくて。28も悪くなかったのだけど表層早巻きの場合は水面出てしまう場面があるけど40だとまず水面に出ないので、やっぱ使い分けが必要で^^

船着き場に戻ると海上で声をかけられた地元のおじいちゃんに再度釣果を聞かれる。おじいちゃんはサゴシ1匹だけだったようでルアーが何なのか、釣り方はどうなのかを根掘り葉掘り(笑)
これでまたメタルマルの虜が増えたはず(笑)ついでにサワラをあげたのだけど、また戻ってきたと思ったら大きなサザエを10個ほど頂きまして、ぶつぶつ交換したのでした^^

今週の動画


今週末の釣果
メバル・ヒラセイゴ・ホシスズキ・マルタ・カサゴ・真鯛・アコウ・アオリ・ハマチ・ヒラマサ・サワラ

タックルデータ
【ヒットルアー】メタルマル28&40&60プロト
【ロッド】BG-72ultradeep
【リール】シマノ4000番
【ライン】PE1.5号・リーダー25LB

kasago2 at 11:16|Permalink ボートエース | メガメバル

2019年11月05日

久々のミニボートへ。

季節的に(風と波で)日本海でのミニボートが厳しくなってたこの頃。
何とか日曜に波が落ち着く感じだったのでバドの友人Y君を誘って日本海へ。

波・風共に問題なく、ベイトもチラホラ。
状況的に悪くない。

そんな中、開始早々にY君が巻き過ぎで「ガチャンッ!」ティップを破損。
ちなみに私が貸してるやつ(苦笑)

お古だから良いのだけど、予備のロッドを渡すのはちょっと怖かったのでティップの余分なところをカットしてそのまま使ってもらったのでした(笑)

とまあ、そんな感じでスタートしたのだけど釣れる魚が居ない(汗)
苦労して何とかおかずを確保した感じでしたが、楽しかったのでまあ良いかな(笑)
IMG_4817

そんな週末でした^^
名称未設定-1


タックルデータ
【ヒットルアー】メタルマル40&60プロト
【ロッド】BG-72ultradeep
【リール】シマノ4000番
【ライン】PE1.5号・リーダー25LB




kasago2 at 12:00|Permalink ボートエース 

2019年10月28日

久々なメバリング

去年、ビーナッツが発売されて実感して頂いている方もおられると思うのですが、ビーナッツの特徴の1つにスレにくさがあります。

なぜ他のルアーとスレにくさで違いが出るのかというと、1つはアミ付き攻略特化だからです。(クリア系)
アミ付きの場合は、アミが密集する度に活性が上がりやすいのが特徴です。釣れる位置は流れや風でコロコロ変わりやすいです。

アミの屈折を上手く表現できているからこそ、その活性の上がるタイミングでまた食ってくれてるってことです。ゆえにスレにくいという表現は実はちょっと違う感じだと思ってはいるのですが、結果としてアングラーがそう感じやすいというのが、ビーナッツの特徴の1つなのでした。
.
ちなみにスローな展開の場合は乗らないアタリも増える傾向にあります。
なぜかと言うと屈折の一部をついばむからです。こうなると針のない場所を咥えにいったりするので乗らなかったり、外掛かりになったりします。(外掛かりの場合は掛かりが浅くなり、バラしの確率も少し上がる)

そして丸呑みされる傾向が強いのもビーナッツです。
それは密集したベイトを一気に吸い込もうとしてるからだろうと思います^^

手前みそでナンですが・・・ホント強いです(笑)

とまあ、ビーナッツの話はこれぐらいにして今回の釣行に続きます。
-----------------------------------------------------------

もう10月下旬。

日本海のメバルは10月中旬以降から北風が吹きだし、これがメバルの接岸する大きな要因の1つ。

というわけでミニボートは断念してメバルにシフト。
波は1.5m程度で北風。悪くない。

1つ目のポイントに到着すると「もらった感」
波が沖磯にぶつかり、泡がいい感じに寄せられている感じ。月も出ていなくて、立ち位置後方の道路の明かりが海へと届き、うっすらと明暗を作る。マイクロベイトが溜まりやすい条件が整っている。

そして・・・30分ノーバイト(笑)
試しに過去の実績ルアーをローテしまくるがノーバイト。
ワームも当たらない。

泡がまとまりやすいタイミングがあって、大抵はこういうタイミングで食ってきやすいのだけど当たらない。

オカシイ。
この条件で魚が付かないのか・・・

再度ビーナッツに戻して釣り場の条件を再認識しながら投げてると・・・

カンッ!!!と強烈なアタリ1発。
正直ヒラスズキかメバルか判断付かない。でも魚が入っていることは確認できたので更に粘る。

結局1時間ほど同じポイントを打ちまくって4バイト1ヒット1バラシ。
(バラシは20ちょっとのメバルだった)

諦めて移動。
次が今日の目的の場所。ここで出ないと積む。

しかし、またもや30分ノーバイト。
そしてチェックがてら過去の実績ルアーをローテしまくるがノーバイト。

ここは立ち位置を変えられる場所なので、変更して投げた1投で、スローに巻いていたティップが段々と入っていく(居食い)のを感じて巻き合わせ。

結構なトルクで一瞬スズキかと思ったのだけど、メバルと信じて強引に寄せて抜き上げるとGOODコンディションの黒メバルで^^IMG_4787

まだ卵に栄養をとられていないので体高も幅も凄くて持った感じが丸い印象なほどGOODコンデションでした^^(29.5cm)

今日は思惑通りこの場所でポツポツとアタリが出る状況。
ただ1時間粘って数回出るレベルなんですが。
IMG_4788
とまあそんな感じで楽しんでたら雨が強くなりカメラが心配になって中断。インスタで釣果を更新。

そしてちょっと仮眠のつもりが朝まで寝てたのでした(笑)

なおベイトは3仭宛紊離▲瀘爐任靴拭
この日はFとSP両方アタリは出ましたがFの方がマッチ。
「ビーナッツだからこそ何とかなった」という感じはプロトの段階からとても多いです。

ここを読んで頂いているかたは多分、もう持っている方多いかと思いますが、
持っていない方、是非試してみて下さい。

損はさせませんので!(←自信満々。笑)

タックルデータ
ロッド: TR85 "PE special"Houri-Island
ライン:PE06+フロロ8lb
ルアー:13-NUT(F&SP)

kasago2 at 10:06|Permalink ビーナッツ 

2019年10月13日

メルマガ原稿

ブリーデンのメルマガ用に原稿書いたのでその内容を転載しておきます。
メルマガはブリーデンHP(トップページの左下)から登録可能です^^
-----------------------------------------------------------

秋の爆釣シーズン到来!というわけで皆さんも週末の度にソワソワしているのではないでしょうか。私も例に漏れず週末の天気に一喜一憂しています(笑)

【メタルマル60】
現在メタルマルは13/19/28/40というラインナップですが、ここ最近ミニボートでメインに使っているのがプロトのメタルマル60です。IMG_4629

ミニボートの場合、水深60mまでやることは多くないのですが40〜50mラインはよく釣りをします。この時に40だと潮が早かったり、風でボートが流される場合は1〜2回底を取るだけでラインが横に走るため回収しなくてはいけなくなります。(ラインが出るほど抵抗が増えるので底取りも難しくなってくる)そんな時に60gがあるとカナリ快適に釣りができるようになります。

というわけで水面がザワついている時は投げやすい40メイン、底取りメインは60という使い分けが、より釣りを快適にしてくれます。

なお、そんなメタルマルが使いやすいロッドも同時進行中でして、メタルマル40が振り抜けて、バーチカルでは60が快適に使えるオフショアライトゲーム用をテスト中です^^お楽しみに!

【スレに関して】
そもそもスレとは何でしょうか。今回はココをちょっとご案内します。

どの魚でもいいのですがヒラマサを例に今回は話しを進めます。
釣りをしていると後ろに魚が付いてきていることありますよね。これってどういういう意味合いで付いてきているのでしょうか。

釣られた仲間を心配している?オコボレを狙っている?なぜ後ろに付いてくる時とこない時がある?

ヒラマサを釣っていて1つ言えるのはドラグを出して走り回らせると、後ろに付いてくる確率は減ります。そしてスレやすいです。つまり釣られている仲間を見て何かしら違和感を覚えて付いて来なくなったと考えるのが自然ですよね。

さてここで問題。どういう異変に見えたら付いてこなくなるのでしょう?

普通に考えるなら食べたものを吐き出す行為に見えている時だと思います。「仲間が何か食べて、違和感を覚えて吐き出そうとしている」です。心配という言葉が適切かはさておき、仲間の異変に興味を示して付いて行ってみるものの、追わなくなるのだと思います。仲間の異変を見たら捕食スイッチがオフになるのは生き物の必然ですよね。これがスレです。

続いて問題。どう見えたら付いてくるのでしょう?
青物はダブルヒットしやすいですよね。仲間のエサを奪いにきます。すなわち仲間が捕食していると勘違いしているってことで、口からはみ出たエサ(ルアー)を奪いに来ています。

ではなぜ、同じ釣り上げるという行為で真逆の結果なのでしょう?

答えはとても単純です。釣られた魚の動きが違うからです。例えばドラグをキツく締め、パワーファイトすると後ろにヒラマサが付いてくる確率は上がります。それは仲間が捕食しているように見えるからです。

どの魚も同じですが魚は強く引っ張るほど、その強さに応じて懸命に逃げようと「素早く右へ左へ」走ります。反面、ラインを緩めると魚の危機感が薄れて素早く動いたりはしません。青物の捕食を思い出して頂くと分かると思いますが、エサを追い詰めて「早い動き」で捕食します。つまりパワーファイトゆえに捕食行動に近い動きになっているということです。ゆえに周りの魚の活性が上がるし、付いてくるし、奪いに来る・・・となります。意外に思われるかもしれませんがパワーファイトの方がスレにくいだけでなく活性まで上がっています。

上記の内容をご理解頂いたなら、以下の内容はなぜリアクションが発生するかはもうお分かりだと思います。

・マグロを釣り上げている途中でサメに食われてしまう
・超大型のハタが銛を突いた魚の逃げ惑う動きにスイッチ入って横取り
・ダートさせるとスイッチ入るイカや魚
・メタルバイブをリフトさせると魚のスイッチが入る
・メバルでプラグをポンプリトリーブさせると釣れる

「普通にルアーを巻いただけでは釣れない魚」が特定のアクションに反応する意味も、説明せずともご理解いただけるかと思います。

ただ覚えておいて頂きたいのは暴れさせないことでスレさせない方法もある点です。例えば最初にフックアップさせてからテンションを極力掛けないようにし、異常なほどゆっくり巻いたとします。スレにくいです。要は吐き出す行為(違和感・異質な動き)を周りに見せなければ良いわけです。(釣っていてあまり面白くはなかったりしますが)

魚は会話できない分、仲間の行動で意図を感じとります。アングラーが意識すべきはソコです。

覚えておいて頂きたいのはアングラーの寄せ方で周りの魚に与える印象を誘導できるという点です。それはルアーの動かし方(魅せ方)も同じですよね。「こういうアクションが効く」という覚え方・考え方では応用が利かないのは当たり前で、なぜ効くか分かればアプローチ方法は1つでなく、いくつも思いつくはずです。このように魚の認識の仕方が分かれば理解度が各段に上がりやすく、釣り方の幅も広がるので意識してみて下さいませ。

というわけで。
強引にファイトして寄せたタイミングで・・・ヒラマサのダブルヒット(笑)もうお分かりですね。ドラグをキツめでファイトするゆえにダブルの確率が上がった結果だったりします。IMG_4582

なお私は今年だけでダブルヒットしたのはヒラマサ×2回、ハマチ、シイラ、アコウ、ウッカリカサゴと6回もあったりします(笑)

kasago2 at 13:00|Permalink 釣り「雑記」 

2019年09月30日

メタルマルゲーム190929

今年は明石付近にサヨリが多く、サヨリ好きな嫁さんが行きたそうにしてたので土曜はファミリーフィッシング。

大体10時ぐらいに出て「ずんどう屋」(豚骨ラーメン)で昼を食べてから夕方まで釣って温泉入って帰るのがルート。

今回はサヨリの他に小アジと木っ端グレ(20cmちょっと)がボチボチ釣れてオカズは十二分。

とまあ家族サービスしながら明日の風と波をチェックは欠かさない(笑)
帰ってすぐに明日のボートを準備。そして準備を済ませたら晩御飯をかっ喰らいバドミントンへ。
終わって2時間ほど寝てから日本海へ。

なかなかタイトなスケジュール(笑)

朝一、攻めたい根で1発良いの掛けたのだけど、ちょっとドラグがゆする過ぎたのと、上手く合わせが入らずバラシ(泣)IMG_4609

その後に2本獲るもいつものサイズ。
と言ってもやっぱヒラマサは嬉しいのだけど^^
IMG_4578

スレたところでポイントを転戦。
3箇所目でようやくまともなベイトが魚探に映ったところでヒット。
やっぱりその日の当たり場所を見つけるのが重要ってことで。
IMG_4579
これはボチボチなハマチ。
潮止まりまでやったところでお土産は十分。
というわけで新規開拓で走る。

気になるポイントがあって、多分居ないんだろうなとチェックがてらキャストしてルアーを回収してると・・・ドンッ!

・・・居たのね(笑)

で、ここが本日の大当たり。

最初はヒラマサ釣れたのだけど、段々とシイラが増えてきて・・・
IMG_4581
こんな状態(笑)
面白いのがシイラ釣れて寄せると後ろに群れがついてきているのだけど、そこにヒラマサも付いてきてるんです。そしてヒラマサ釣れてもシイラが後ろに付いてきます。
IMG_4580

うわぁ・・・うわぁ・・・と見てると・・・
IMG_4582
ヒラマサがダブルヒット(笑)

そして怒涛の入れ食い。
ただシイラ・シイラ・シイラ・シイラ・ヒラマサ・シイラ・シイラ・・・という感じですが(汗)

釣り過ぎて右腕が吊ったところで終了(笑)

で、帰港間際でアオリをちょっと釣ってオカズを1品増やして終了。

ただ今回海がイージーな感じだったかというと、実はそうでなくて。
探し回ってその日の良い場所を見つけたから。

出港と帰港が同じだった3人の方に状況を聞くと青物は釣れなかったようで30前後のアコウがポツポツという感じだった模様で、私の釣果を見てカナリ驚かれた状況でした。

ルアーは何を使ってたか聞かれたので、もちろん「メタルマルしか使ってませんよ」とホントのことをお話ししたのでした(笑)

今回の動画まとめはこちら(youtube)

タックルデータ
【ヒットルアー】メタルマル40&60プロト
【ロッド】BG-72ultradeep
【リール】シマノ4000番
【ライン】PE1.5号・リーダー25LB



kasago2 at 11:21|Permalink ボートエース | オフショア

2019年09月16日

メタルマルゲーム190914

三連休の中日、今回のパートナーはカッキーさん。
例のごとく朝(と言っても3時)に家に来てもらい、いざ日本海へ。

出船ポイントに到着してビックリ。
カヤックや2馬力エンジンを積んだ車でいっぱい。
良い季節になったことと、前日は風強く、明日も強い予定。そう、行くなら今日なタイミングゆえに集結(笑)

ここは有料駐車スペースがあり小さなワンドの奥から出せるため、とても便利な場所。ボートやカヤックって出す場所を検討するところからなので、有料でもこういう出しやすい場所を使わせてもらえるのって本当にありがたいのでした^^

ちなみにミニボートの場合は慣れれば準備はだいたい20分程度。
そそくさと準備を整えていざ出発。

根に到着すると潮が根にぶつかり、大きな潮目が発生。
見てるだけでワクワクするような状態に二人してテンションMAX!

そしてノーバイトが続く(笑)
どうやらカナリ渋い模様(笑)

30分ほどかけてなんとか着き場を見つけるものの2人してキャッチできず。
というわけで早めの移動を決断。

続いて狙うはちょっとした根。(1mあるなし)
この付近にベイトが溜まるので根というより根周りでヒットしやすいのだけど・・・お留守。

ヤバイ。今日の海の状況はヤバイ。
というわけで割り切って開拓に走る。
ちょっとした変化やベイトを探して右往左往。
とりあえずペンペンシイラが釣れたりウッカリカサゴは釣れるが、目的の魚は未だ無し。

というわけで一気に走ってエリアを少しでも変える作戦。
今まで行ったことはないけど、ちょっとした根がある場所へ走る。
これがアタリで。

カッキーさんが中層で何かのバイトを拾う。
サワラと確信した私は真下でなくキャストして落とし、斜めに引くことで見つけてもらいやすくする作戦で・・・ドンッ!
GPTempDownload
ヒラマサ(笑)

そこから二人してサワラヒット♪(私だけバラシ)
IMG_4511
以降、ポツポツと訪れるヒラマサの時合に一喜一憂。

私はなんとかヒラマサ4本キャッチ^^
とまあそんな模様の動画は以下からどうぞ。

ルアーはメタルマル60プロト。
メタルマル40gは投げてよし、落として良しなラインナップですが60gは基本落とす系。
40gだと50m前後になってくるとテンポ悪いのですが60gだとカナリ快適に使えるのがウリです^^

だいぶ前から40gと60gを使い分けて使ってるのですが春先のナブラが多く出るタイミングでは投げやすい40g、現在は60gがメインという感じで40gと60gをすぐチェンジできるようにしておくと攻略しやすのでした^^

タックルデータ
【ヒットルアー】メタルマル60プロト
【ロッド】BG-72ultradeep
【リール】シマノ4000番
【ライン】PE1.5号・リーダー25LB

kasago2 at 08:44|Permalink オフショア | ボートエース

アクセスランキング