2017年11月13日

SALT WATER記事 思考の断片08

SWブログ用画像


-----------------------
2017年12月号より
-----------------------

秋と言えば、ベイトが豊富になる季節ですよね。全国各地、メタルマルゲームを楽しまれている方も多いと思います。というわけで今回はメタルマルゲームについてご案内します。
ご存知の方も多いですがメタルマルはとても人気のルアーです。ではなぜ、ここまで人気になったのでしょうか。それはやはり「釣れる」と認知されているからだと思います。そして「使っていて楽しい」と思って頂いている方が多いからだと思います。01


まずは基礎知識。ボディにブレード(キラキラした薄い板)が装着されたルアーは「スピンテールジグ」や「ブレードベイト」等と呼ばれています。メタルマルもこのカテゴリーに入ります。

【ブレードの種類】
市販されているブレードの形状は大きく分けると3種類。「ウィローリーフ・インディアナ・コロラド」です。水抵抗の強さはウィローリーフ>インディアナ>コロラドという順番です。フォールの遅さ(水抵抗の強さ)はウィローリーフ<インディアナ<コロラドです。シーバスで多く採用されているのがウィローリーフです。メタルマル13と19に採用されているのがコロラドで28はインディアナが採用されています。ブレードの種類

【アクション】
元来のブレードベイトの特徴は「タダ巻き」が基本であり、アクションさせにしても「リフト&フォール」ぐらいのものでした。実はこれ、そうせざるを得ない理由があります。それは水抵抗です。ブレードベイトはブレードが回ることで水の抵抗がとても強くなるルアーです。ゆえにアクション入れようにも中々入れられないし、強くシャクリ上げても動きが鈍く、重くてシンドイために「タダ巻き」や「リフト&フォール」がメインアクションにならざるをえないんです。そこでメタルマルはブレードのサイズを落とすことと、ラインアイを前に配置することでルアーに動きを入れやすくさせているんです。多分、メタルマルが出るまでブレードベイトでジャークを入れるような使い方って、ほとんどされてなかったと思います。その既成概念を変えたのがメタルマルです。個人的にメタルマルが化けたのもココだと思っています。そこが釣果だけでなく、アングラーの釣った感や楽しさに繋がり、選んで頂いているのだと思います。

そういえばブレードベイトって昔からバスではよく使われますよね。ほんと魚がよく反応してくれますよね。けどメタルマル発売当時はシーバス用でさえソルトではブレードベイト系ルアーはそこまで認知されているルアーではありませんでした。その認識をもメタルマルは変えてしまいました。

メタルマルの強さはこれだけではありません。続いては「飛距離」です。元来ブレードベイトは空気抵抗を受けやすく、飛距離が出にくいタイプのルアーだったんです。ゆえにソルトではブレードベイトが強いと分かっていても飛距離の誘惑でメタルジグを選択する人が多かったんです。ナブラ撃ちって届いてナンボの釣りですから、それはある意味必然でした。そんな中、メタルジグに匹敵する飛距離が出せるように開発されたのがメタルマルです。更に更にブレードにフックが隠れるステルスフックシステムでブレードにバイトしやすくミスバイトが多かったブレードベイトの弱点さえ克服してしまいました。もう至れり尽くせりですよね(笑)

ゆえに実釣ではご存知の通りビックリするほど色々な魚種がヒットしてくれ、今では無くてはならないルアーとなっています。まだ使ったことがない方は是非使ってみて下さいませ!大人買いされる方のキモチ、分かると思います^^

そして現在開発が進んでいるのがメタルマル40です。02


実釣ではもう既に折り紙付きを叩き出していますが、これってまだ改良前の段階のプロトの釣果です。現在は何点も修正されてより使いやすく・釣りやすいものになっています。楽しみにしていてくださいませ!

さて、メタルマルの強い要素は色々ご紹介しましたが、ご存知の通りいくら釣れるルアーを持っていてもそれだけでは釣れない場面もあります。というわけで私が経験した場面をちょっとご紹介します。

【ボートメタルマル】
ある時、ボートでのメタルマルゲームでこんな経験をしました。ミニボートでベイト(小イワシ)の群れについた魚を狙っていたのですが中々釣れないんです。実はボートだからと言って簡単に釣れるかというと、そうでもなかったりします。ベイトの群れの近くに寄ってはルアーを投げるんですがうまくいきません。

ミニボートでベイトに近づく=ベイトはボートから逃げる=必然的にベイトを後ろから追う形になります。釣れない(釣れにくい)要因は私のボートのプレッシャーの可能性を感じたんです。試しにベイトをよく観察し、ある程度動きを予想し、ベイトに警戒されないように迂回して回り込んでみたんです。そしてキャストせずに待っているとうまい具合にベイトがこちらへ寄ってきたんです。そのタイミングでベイトの後ろにルアーを落として巻き始めると・・・ゴンッ!!!・・・1発でした。散々苦労したのがウソのように・・・です。
これって私が海の中の状況をイメージ出来てなかった証拠で。単純にベイトのエッジを狙えば何とかなると甘く考えていたんです。(そういう場合も多々あるので、安易に考えてしまっていた)

考えてみれば当たり前ですよね。ベイトを追う状況って魚にとっても同じで、位置的にはボートの真下が本来ターゲットが陣取りたい位置で、その上にエンジン掛かった船がいたらそりゃあ魚は散りますよね。

観察力と推察力が足りてなかったってことで。でも一度分かってしまえばそう難しくなくて。闇雲にルアーをキャストしてた時とはまた違った見方を出来るようになり、楽しさが断然増したのを覚えています。

とまあそんなメタルマル、ショアからもオフショアからも使いどころ満載で皆さんの武器になってくれるのは間違いありません。メタルマルで秋を満喫してくださいませ!03



過去の連載記事(2017)
思考の断片01
思考の断片02
思考の断片03
思考の断片04
思考の断片05
思考の断片06
思考の断片07

過去の連載記事(2016)
KENTARO’S LA13(ラボ) 01
KENTARO’S LA13(ラボ) 02
KENTARO’S LA13(ラボ) 03
KENTARO’S LA13(ラボ) 04
KENTARO’S LA13(ラボ) 05
KENTARO’S LA13(ラボ) 06
KENTARO’S LA13(ラボ) 07
KENTARO’S LA13(ラボ) 08
KENTARO’S LA13(ラボ) 09
KENTARO’S LA13(ラボ) 10
KENTARO’S LA13(ラボ) 11
KENTARO’S LA13(ラボ) 12

kasago2 at 12:00|PermalinkSALT WATER連載記事 

2017年10月31日

GOPRO/能登ボートエギング

IMG_8285

【昼の釣りならGOPRO?】
さて今回は釣りに関連?したお話し。
私の場合GOPRO(HERO4でもう古いですが)を多用してるんですが、これにはいくつか理由があります。

GOPROでなくても防水ケースさえ使えば水中撮影でさえ携帯で済んでしまう時代ですよね。というわけでなぜビデオでもなく携帯でもなくGOPROを使ってるかを紹介。

まずゴープロの一番の弱点、それはバッテリーです。1つのバッテリーで1時間ちょっとしか撮影できません。せっかく撮ったのに気づいたら切れてたなんて時間の無駄ですよね。それ以前に電池残量を気にして釣りをするのが論外です。頻繁なバッテリー交換もナシです。正直なところ、これらは致命的で長時間の釣りでは使えたもんじゃありません。(←ぼろくそ。笑)これを理由に使わなくなった人は本当に多いと思います。

解決策:モバイルバッテリーから電源を確保して撮影しっぱなし状態をキープ

利点:電池残量を気にする必要ナシ
欠点:防水性が無くなる。モバイルバッテリーが邪魔。

さて、上記の条件だとビデオや携帯で撮影すればいいはずですよね。けど私はGOPRO派なんです。そう選択する理由があるんです。その最大の理由は「ルーピング」という機能です。これはドライブレコーダーと同じ機能と言えば分かりやすいと思います。ご存知の通りドライブレコーダーって動画を回しっぱなしで(保存はしていない状態で)事故が起こった瞬間、その振動を感知して事故前の一定時間前からの動画だけを保存する機能ですよね。

釣りは基本的に釣れない時間が大半ですから必然的に事故(ヒット)待ちです。ルーピング機能を使えば魚をキャッチした後にボタンを押せばヒット前〜キャッチまでがカメラに保存されるんです。撮影開始から2時間後にヒットしてもヒットシーン付近だけ保存できるんです。これって釣り専用と呼べるほどの機能だと思うのです。(どれだけ戻って保存するかは5分、20分、60分等の設定があり私は5分保存している)結果、保存容量も各段に減るし使いたいシーンもすぐ探せます。更にはGOPROアプリで使いたいシーンだけ切り取ってWi-Fiでスマホに飛ばせます。スマホの容量もPCの容量も最小限に抑えられて私が作ってるような簡単な動画ならPCを使う必要さえありません。アプリも充実していて編集等も楽々。

これがGOPROを使う理由です。この機能があまりに便利なんです。
ぶっちゃけ携帯にルーピング機能が付いてくれれば携帯だけで全て済むのですが(笑)(誰か携帯アプリで作ってないかと以前探したのですが思うようなものは無し。ドライブレコーダーアプリとかあるのですが使えそうなのが無い。誰か作って!笑)

ルーピング機能の欠点(5分設定の場合):不意の大物がヒットしてやり取りに5分以上掛かるとヒットシーンが残っていない(←何度かやってしまった。笑)
それと夜の撮影はやっぱダメダメなので現状は昼はGOPRO、夜はミラーレスα7sという選択なのでした。

α7sは「夜に異様に強いカメラ」ですが色々オススメできない点も多い(撮影可能時間だったり値段だったり)ので詳細は省きます(笑)気になる方は調べてみて下さいませ。

能登ボートエギング
↑クリックでyoutube動画へ

IMG_8249

IMG_8231

IMG_8248


インチョーさんと能登のN-styleに乗ってきました^^

色々課題が出てとても有意義な時間でした♪


kasago2 at 14:07|Permalinkオフショア | 写真

2017年10月13日

SALT WATER記事 思考の断片07

SWブログ用画像


-----------------------
2017年11月号より
-----------------------

【生き物は位置情報を記憶する?】
釣りでよくありますよね。「毎年この場所に大型が接岸するよね」とかです。広大な海で泳ぎ回る魚って同じルートをよく通ります。いったい広大な海で何を目印に同じルートを通っているのでしょうか。
例えば伝書鳩。1000km以上先から戻った記録もあるようで地磁気を感じて(GPSみたいな機能)自分が居た場所へ戻ることができるようです。自然界の生き物の行動はこの体内GPS機能が色々と関係している気がするのです。
釣りの話に戻します。私が通っていたエリアでは尺を超える黒メバルは決まって特定のエリアで釣れることが多かったです。他の場所でも釣れるのですが、明らかに確率が違うのです。魚がGPS的な機能を使って特定のエリアに大型が入ってきやすいとするなら?です。シーバスアングラーでも良いサイズを釣る人は毎年のように釣りますよね。1つ確実に言えるのは単純に釣れる場所を知っているからです。ポイントを偶然見つけたのか、教えてもらったのか、推理して見つけたのかに関わらずです。魚がGPS的な機能を持って動いているなら、なおさら場所の重要性が増しますよね。それほど釣りは場所が重要です。

【生き物は場所を後世に伝える?】
少し前にTVでとても面白い研究結果を見ました。それはシマウマの回遊ルートのお話し。世代替わりして今のシマウマの群れが知るはずのない草が生える場所(70km先)へ昔のシマウマ同様に移動を開始したというもの。しかも草が生える少し前に移動を開始したんです。(30年間ほど柵で物理的に通れなくなっていたので知るはずがない状態で)
研究者の結論としては「生物はGPSのようにDNAに位置情報やタイミングを記憶し、後世に残している可能性が非常に高い」というもの。私はこれを見た瞬間「なるほど!確かにこれなら色々説明付かないことが説明付く!」と、とても興奮してしまいました(笑)
これって他の生き物も同じだと思うのです。例えば「オオカバマダラ」という蝶をご存知でしょうか。この蝶はなんと何千kmも移動します。けど移動距離が長すぎて移動する間に世代が3〜4代も変わります。昔から不思議だったんです。魚の回遊ルートがなぜ毎年同じなのかとか、なぜ迷子にならないのかとか。最近ではウナギの産卵場所が西マリアナ海嶺で見つかっていますよね。日本から凄まじく遠いのにどうやって行くのだろうとか、この辺りのモヤモヤが結構スッとしたのでした。人は下手に記憶が良いために経験した記憶から行動している感覚しかありませんが、案外人にも備わっていて、それは意識できていない、もしくは自意識が邪魔しているのかなぁと生物の奥深さを感じて感慨にふけったのでした。

というわけで釣りは場所がとっても重要って・・・言われるまでもないことですよね。では質問です。雑誌等を読んで実際によく釣れるようになる人ってどれぐらいでしょうか。
残念ながらそこまで多くないのが現状ですよね。釣る人とそうでない人との差ってどこにあるのでしょうか。

まず結論からからお伝えします。それはやっぱり「釣れる場所を知っているかどうか」であり、その場所の「釣れるタイミングを知っているかどうか」そして「ターゲットが食べているベイトは何か」を知っているかどうかです。魚釣りの根本はこれですよね。正直なところその他のことは二の次です。けどこう思う方もいるはずです。「特定のパターンだったら場所が分かっていても対応できないのでは?」と。その通りです。その時は・・いさぎよく諦めて下さい(笑)
でも実は笑い事ではないんです。ワリキリって重要なんです。この割り切れない状態を私は「意識配分を間違えている状態」と呼んでいるのですが、これが釣れるようになる人と釣れない人の差の1つです。考えてもみてください。特定のパターンってちょっと大胆に言い換えるならイレギュラーなパターンです。場所・タイミング・ベイトさえ分かっていれば釣れてくれることの方が多いんです。そもそも場所も何も分かっていない状態でイレギュラーなことまで対応しようとするのって普通に考えて無理がありますよね。(必要以上にカラーで悩む方と同じ思考パターン)それにイレギュラーなパターンって、実はやっていれば(やり込めば)そのうち気付くことが大半だったりします。あえてかなり乱暴な書き方をするなら、気づけるレベルに達したら必然的に色々気づけるようになります。(理解が早くなるので知識を入れることは悪いことではない)

すなわち、釣る人と釣れない人の差って良くも悪くもポイントありきなことが多いのですが、技術的な面やルアーチョイス的な別の理由だと考える人が多い傾向があります。その状態でなんとか釣ろうと思っても、やっぱり難しいのが現実です。下手をすると釣りが嫌いになってしまいます。というわけで。続いては釣れる場所やタイミングをどう見つけるかのお話しです。

人から教えてもらうのも1つですが、可能なら自分で見つけたいですよね。でもこればっかりは地道な開拓作業しかありません。けど確実に絞れる方法が1つあります。それは決め打ちです。「今日はこのエリアだけ」と当日投げれる範囲でエリアを絞ってしまうんです。そして投げられる場所は全部投げます。釣れそうと思う場所もそうでない場所もです。当日にエリア内で釣れる魚がいたなら、どこかで魚が釣れてくれますよね。時間が掛かり非効率に思える方法ですが、しらみつぶし作戦はとっても強いです。想像以上に色々な情報が得られます。自分だけのマイポイントがドンドン増えていきます。そして過去に釣れた場所をチェックしながら別の場所を開拓してみて下さい。
さて問題です。この地道なしらみつぶし作業を繰り返すと・・・どうなるでしょう?ってことです。

けど、周りには中々釣れなくて悩んでいる方もいますよね。そんな時、余裕があれば自分が開拓したポイントに案内して釣らせてあげて欲しいのです。そういうことをしていると次第に釣り仲間も増えます。よく釣る人は周りが放っておかないですよね。自分のしていないジャンルの釣りの声も掛かります。他の釣りの経験を通して分かることもまた多いです。そういう釣りの輪や釣りの幅を広げて頂ければ、必然的に釣れるようになるのはもちろん、釣りそのものがもっと楽しくなるだろうと思います。

【マッコーリー40】macquarie_blue
さて、開拓となると必要なのがリュックです(宣伝です。笑)ブリーデンで先日発売開始したのが防水リュックの「マッコーリー40」です。この1番の特徴は防水ですが、もう1つの特徴は別売のロッドベルトを装着するとロッドをリュックに固定できる点です。002
磯を開拓する場合、安全面から両手を自由にしたい時って結構あります。このリュックがあればカメラを入れていたって不意の雨でも大丈夫!とっても便利ですよ〜^^お店になくてもブリーデン商品が置いているお店なら基本的に取り寄せ可能ですので、気になる方はお近くのお店で取り寄せて下さいませ!


過去の連載記事(2017)
思考の断片01
思考の断片02
思考の断片03
思考の断片04
思考の断片05
思考の断片06

過去の連載記事(2016)
KENTARO’S LA13(ラボ) 01
KENTARO’S LA13(ラボ) 02
KENTARO’S LA13(ラボ) 03
KENTARO’S LA13(ラボ) 04
KENTARO’S LA13(ラボ) 05
KENTARO’S LA13(ラボ) 06
KENTARO’S LA13(ラボ) 07
KENTARO’S LA13(ラボ) 08
KENTARO’S LA13(ラボ) 09
KENTARO’S LA13(ラボ) 10
KENTARO’S LA13(ラボ) 11
KENTARO’S LA13(ラボ) 12

kasago2 at 12:00|PermalinkSALT WATER連載記事 

2017年10月07日

釣りとは関係ない話

上の息子は現在3歳。
というわけで最近あったちょっとした出来事。
IMG_8114

【親には分からないこと】
(最近こども園が「嫌い嫌い」と言っている)

息子:たっくん、こども園に行きたくないんだ・・・
私:友達が嫌い?
息子:(首を横に振る)
私:先生が嫌い?
息子:(首を縦に振る)
私:先生に嫌い嫌いって言うと嫌われるよ。先生に好き好き言ってみ?
息子:う〜ん・・・でもね・・・パパには分からないんだ。

なんかゴメン。


【悪知恵】
曜日によってはこども園に布団を持って行く(迎えが遅い日)のだけど、それが嫌な息子は毎朝「今日は布団持って行かないよね?」と聞いてくる。

持って行くと言うと泣くのだけど、今日はひとしきり泣いた後、なんかケロッとして戻ってきた。「今日は布団持っていかないしぃ〜♪」と、部屋中をスキップ。なぜ陽気?

でまあ靴下を履こうと収納扉を開けると無造作に隠された息子の布団がそこに(笑)偶然見つけてしまう。

目を見開き、驚愕の顔で私を見る息子。
「持って行かないィー(泣)やだぁ!(泣)」

なんかゴメン。

kasago2 at 06:52|Permalink「雑記」 

2017年10月03日

オフショアゲーム 動画編

週末に行ってきた動画を携帯でぱぱっと編集したのでリンクを貼っておきます。
お時間ある時にでも^^
(インスタ用も兼ねてるんですべて1分以内です)

サワラVSメタルマル
サワラVSメタルマル02
ブリVSメタルマル
ブリVSメタルマル02
太刀魚VSメタルマル
トップペンシルVS青物

アオハタゲーム(先日の)


kasago2 at 10:18|Permalinkオフショア | 動画

2017年10月02日

オフショアゲーム

さてさて、毎年恒例のイワシ付きゲームに行ってきました^^

狙うはもちろん西京焼き!でなく鰆(サワラ)!
食べて美味しいのはもちろん、掛けた瞬間のダッシュ力は半端なく、ドラグが高音で唸りを上げるのが特徴。

その分、耐久力や重さは無いので青物と比べて寄せやすいです。(青物は体力持っていかれる)
というわけで釣るのも食べるのも大好きなターゲットなのですが、今年も釣れてくれました^^
IMG_8068


今回は土曜と日曜午前と2日間みっちりの釣り。
クーラー満タン修了という贅沢極まりない良い釣りができました♪
IMG_8064

IMG_8065

釣りたかった太刀魚のGOODサイズも釣れてくれ、あとはマダイ!と頑張ったのですが、追いかけてくるところまでは見えたものの乗せられず。(ボート際に3枚追いかけてきていた)

今回は青物の調子が良く、トップを投げれば結構簡単に釣れる状況が続き、目的のサワラを忘れて遊んだのでした(笑)

けど、大型はやはり下層に居やすいようでメタルマル40プロトで落としてみると・・・ドンッ!
IMG_8066


続いてドンッ!!!
IMG_8063

メタルマル40プロト・・・マジヤバイ。
(今度トップで釣ったシーンの動画もUPする予定ですがサイズが全然違う)
IMG_8067

ROD:BG72ultradeep
LUER:Metalmaru28/Metalmaru40プロト
line:PE06+リーダーフロロ7Lb

【ベイトの追いかけ方】
この釣りの1つのキーは「急がば回れ」。ベイトを発見すると一直線に行きがちですが、ベイトの進行方向や捕食者の位置取りを想定してプレッシャーを掛けないように近づくとGOOD。私はミニボート(2馬力)なのでスピードめっちゃ遅いですが、それでも回り込みます。
もう一つはベイトのちょっと下を通す精度。多分、この2つの精度を上げると良い結果が付いてきやすい気がします^^

kasago2 at 13:18|Permalinkオフショア 

2017年09月25日

ボートエギング



IMG_8016

IMG_8014


今回の作戦
ボートエギングで食材確保後にロックエリアの開拓。

予想通り、アオリはポンポンと釣れてくれたのでロックフィッシュの開拓。
地質が変われば種類も変わるようで今回はアオハタが複数ヒット!
IMG_8013

水深は40〜55m付近。
途中、アタリは頻発するもののフッキングできない場面が連続。
「あまりにおかしい・・・」と仕掛けをよく見るとフックが折れて・・・。
(パッとは見てて、フックは付いてたので見落としていた)
そりゃぁフッキングするわけなくて(笑)
めんどくさがらずにしっかり確認しないといけませんね(笑)
IMG_8011


ちなみに撮影はボートの前にロッドスタンド付けたクーラー置いて、ロッドスタンドに三脚の脚を突っ込んでゴープロで撮ってます(笑)んで、ルーピング機能使ってビデオ流しっぱなし。釣れた時だけ保存。余分なデータ増えない作戦^ ^電池も純正でなくモバイルバッテリーから供給。電池交換の手間無し、電池残量も気にする必要無し。
欠点はモバイルバッテリーから電源を供給すると防水性がなくなるところ^ ^


kasago2 at 10:05|Permalinkエギング 

アクセスランキング