2006年06月11日

メバルリグでワインド〜その2〜

さて、お待たせしました。

続き。

--------------------------------
前回「メバルリグでワインド
--------------------------------


ワインド(左右の連続ダート)をさせるには肝心なことがある。

それはシャクリを入れた瞬間、ラインテンションを抜くこと。それにより慣性で動かすということ。そして、どちらか一方へ慣性で進んでいる最中にもう一度シャクリを入れることで、ジグヘッドが左に動いたなら、シャクることで前方右方向への力に変える。その瞬間にテンションを抜くことで先ほどとは逆の方向への推進力へと変換させる。

要は、この連続的な動きでワームやエギを右へ左へと素早く動かす。
エギングで言うHPSJ。(ハイピッチショートジャーク)

じゃあ、なぜメバル用のジグヘッドではできなかったか。
それはシャクった方向への「慣性」を殺しているからに他ならない。

もう少し具体的に言うなら、ジャークを入れる方向性とジグヘッド+ワームの方向性が違うから連続ダートができないのだ。

簡単に説明するなら・・・「矢」

これが遠くへ飛ぶのは矢尻と羽の進行方向が同じだから。
通常、メバリングでジグヘッドにワームを付けた状態で方向性を合わせるなら、ジグヘッドのアイ(ラインを結ぶ位置)が上でなく、前に付いていないといけないのだ。例えばエギのように。(ながれ弾は付いてるけど)

言っている意味が分かるだろうか。

もう少し砕いて書くと・・・シャクリを入れた瞬間、ラインとジグヘッド、そしてワームが一直線にならなきゃいけないってこと。

実は、通常のメバル用ジグヘッドではこれが一直線にならないのだ。ワームがブレーキを掛けている状態。もちろん計算されて。

でもワインド用ジグヘッドのアイは前でなく上に付いている。
じゃあ、なぜこれは左右にダートするのか。

それは、同じ方向・・・とまではいかないまでも「方向性」を合わせているから。
その一つとして、ご存知のようにジグヘッド形状やワーム形状がある。

だったら、メバル用でも方向性を合わせてやればいい。それだけ。

じゃあ、どうやって合わせるか。
ここがミソ。

通常、メバル用ジグヘッドのワームを刺すとこういう風になる↓

ワインド













それを・・・こうする↓
ワインド2













たったこれだけ。
たったこれだけだけど、これでOK。
面白いように連続ダートが入れられる。

ワインド3














重要なのはワームの角度とジャークを入れる方向性を合わせること。

だから、なにもメバル弾じゃなくてもできる。

ワインド4












というわけで、私がさぷさんのリグに不快感を感じたのはこの刺し方(笑)
私の場合、もうちょっと最後まで綺麗に?刺すので私ではこの角度にすることは、あり得なかったのだ。それゆえの不快感(笑)

でもその状態のを使った時に「えらい良い動きするな〜」とまあ、今回のダートする意味の理解に繋がった。

なかなかに面白い(笑)

でも、さぷさんと話していると「けど、この刺し方って結構刺さりがいいんだよね」って言葉に、実は私も納得。以前、スクリューを普通に刺した状態で何匹か釣り、ワームを刺している部分が切れて今回と同じような状況で釣った時に、掛かりがいいな〜と思った「こと」があった。

今のところ、針先が多く出ることで掛かりが良くなる要因はパッと浮かばないけど、考えてみれば、それは知らずしてアクションが違っていたから食い方が変わったのかも知れない。



そして今回・・・愕然とした。



じゃあ、今までのジグヘッドの刺し方って?
今まで作られているジグヘッドってどういう意図?
なぜそうなっている?
それによりどういう使い方が?

この意味や意図が実感として急激に開けて見えてきた。



だけど、とりあえず、私が案内するのはここまで。

ここから先の扉は、自分自身で開いて欲しい。


それが、きっと、ずっと面白いから。



kasago2 at 08:06│Comments(11)TrackBack(0) 釣り「雑記」 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 「カクタスのマスター」   2006年06月11日 09:08
ちわっ、
なるほど、物理学で言うところの「ベクトル」を合わせるということか....
コロンブスの卵ですな(笑)
昼間はこのセッティング、夜は普通に真直ぐ、ってな感じか?
早速明日試してみます。サンキューっした!
2. Posted by サップ   2006年06月11日 12:00
上手に解説するな〜(敬)
3. Posted by チャージ   2006年06月11日 20:24
サップさんも狙ってこの刺し方を?(疑)
4. Posted by フミ   2006年06月11日 20:54
かさごさん今晩和。


これ ヤバイっす!!
凄いヒントをもらってしまったかも。


5. Posted by EBA   2006年06月11日 22:43
さすが理系釣り師(命名三宅さん)
完璧な分析と解説です(敬)

色々試して、何となくやっていた私とはレベルが違います(恥)
6. Posted by かさご   2006年06月12日 08:56
●カクタスのマスター
ちわっです。
言われてみればって話ですよね。私も中々気づかなかったっす〜

●さぷさん
センキューです♪昨日は乙でした!

●チャージさん
さて、どうでしょう?(笑)

●フミさん
ども〜。
でしょ!

私も分かった瞬間、なんか視野が抜群に開けました♪

●EBAさん
>理系・・・

EBA教授、今回のレポートはこれでよろしいでしょうか?(笑)
7. Posted by 背番号 3   2006年06月12日 10:30
すばらしい!!

この釣りの世界に入ったばかりの私が、”あ〜 なるほどね!”ってなんとなく理解が出来ました。

写真付き、解かり易く砕いた解説!
待った甲斐がありました。タンスの引き出しが1つ増えたよ〜!
8. Posted by 諒パパ   2006年06月12日 10:37
ラインとワームが直線上にですか。
それよりも解説写真の半透明なワームが凄い。
って、見るところがズレてる?(笑)

ジグヘッドの作り意図。
メバルの釣り方を順番に考えていくとたどり着けますよね?
これもズレてるかな?
9. Posted by かさご   2006年06月12日 11:55
●背番号3さん
そういっていただけると、書いた甲斐があるってものです♪

●諒パパさん

・・・微妙にズレてる?かも?ちなみに透明にするのは簡単です(笑)
10. Posted by レオン   2006年06月12日 15:59
文系釣り師のレオンです(笑)

なーるほどね〜。
「ウイードレスセッティング」ではまったく逆になるわけだな…。


もう2年以上前になるかな?
あるアングラーが「ワームを下向きに曲げて刺すと食いが良くなる気がするのですが、レオンさんどうですか?」って、言って来られた事があったけど、コレに似たことだったのかもしれないね…。


引き続き、検証頑張って欲しいものです♪

11. Posted by かさご   2006年06月12日 16:42
●レオン師匠
見つけた瞬間「分かった!!!」って、すっごい楽しかったです♪昼休憩に川で試行錯誤して投げた甲斐があるってものです(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔