2013年05月29日

ミニマル・ムラソイゲーム

001

今回、取材で和歌山のフィールドスタッフのカッキーさんの所へ参戦。
そこでこんなにも衝撃を受けることになるとは夢にも思わなかった・・・。

多分ね、これは知らない人が大勢いる。
いや、知っていても、本当には知らない人が大勢いるというのが正しいかも。
ちょっとあり得ない出来事だったから・・・。


既成概念をぶち壊したその正体、それはミニマル50deep。


レオン師匠と村井社長のコラボで生まれたこのルアーに、心から乾杯したい。
今、そんな気分なのです。

そして、ムラソイゲームでミニマル50deepの魅力をまざまざと見せつけてくれた
カッキーさん&カッキーさんの友人達には感謝の気持ちでいっぱいなのです。

私が作ったわけでもなんでもないのに、嬉しさが込み上げてくる。
それほどの衝撃でした・・・。

ムラソイゲーム、ハッキリ言って・・・

「ミニマル最強」

これに尽きます。

何が凄いってダントツなのは根がかり回避性能。
1日目は4人のアングラーが各々狙ってロスト・・・ゼロ
2日目は3人のアングラーが各々ロスト・・・ゼロ。
私も数十匹釣りましたがもちろんゼロ。

それもそのはず。

カッキーさんなんて今まで600匹は釣っているのにロスト1個。
それも良型に潜られてしまってのロストであって、ルアー単体での根がかりじゃない。
オープンエリアなんてほとんど狙わない際打ちや穴打ちが基本のこの釣りで・・・です。

トリプルフック2つ付いていて、なんでここまで掛からない?
ほんと信じられない。

カッキーさんグループは今までジグヘッドのワームで釣ったり、他のミノーを使ったり、
ミニマルのフックをシングルに変えてみたりと色々やったそうですが、
結局逆に根がかりが逆に増えてしまい、どれもミニマル50deepそのままに勝てなかったとのこと。

今なら分かる。

「まさしくその通り」

そしてカッキーさんグループにお会いした時に言われたんです。
「正直、最初はワームの方が釣れるだろうと思ったんですけど、
ミニマルの方が釣れるんですよね(笑)少々釣れない時でもミニマルがあれば大丈夫ですよ」って。

それほど信頼してくれているんです。

これもやっていて実感。
浮力体+シンカーの絶妙なバランスがホントよく効いています。
底にステイで尻上になり、波打ち際ではナチュラルに魚を誘い、
ダート性能でイチコロ、スレた魚には縦のストンッという早く安定したフォールが激効き。
引き波を利用して岩の下に流し込むのもオテノモノ。

ワーミングより断然応用が効くんです。
信頼しないワケがない。
そんなレベル。

これは試してもらうしか本当には理解してもらえないと思います。
私だって元々根がかりしにくいルアーであることぐらい知っていて使っていました。
けど、理解してなかったんです。

「大げさに書いて・・・」と思われるかもしれませんが、あえて言います。
その期待は確実に裏切る自信があります。

とにかく岩の隙間や穴に落としてみて!
是非ともこの凄さを実感して欲しいんです。
凄さを共有したいんです。

損はさせません。
お約束します^^

というわけでちょっと叫ばせて下さい。


ミニマル最高〜♪


バイトシーンは多数撮に成功♪
現在編集中につき、お楽しみに!

-------------------------------------------------------------
ムラソイのキー
・ロックエリア、敷石の隙間、テトラの中
・水深は深くて1.5mまで。1m以下が望ましく、
30cm以下でもOK。極端に浅い。
沢山いるエリアでさえ、深い場所はほとんどバイトすら無し。
-------------------------------------------------------------

kasago2 at 00:25│