2015年03月17日

開拓の旅

さて。

また行ってきました(笑)

金曜日の晩に南紀を目指し、片道四時間半の旅。

時間がないので、初日は前回開拓したポイントのチェック。
ウィードエリアではないので数は出にくいだろうけど、出たらデカイはず。
小魚が寄る春に良いの出せそう。そんなポイント。
前回ここで尺上2本。

今回は・・・30.5、30.5、29.5、28、27

DSC_0599


ロッド:GRF-TR85"PE special" Houri-Island
ジグヘッド:KILLER DART1.5g
ワーム:NejiNeji&BACHI

やっぱり良い感じ。
タイミングによってはもっと良いのが出るのは間違いなさそう。

ベイトはこんな感じ↓

DSC_0613


前回はアミしか入っていませんでしたが、小魚が混ざりだしてます。
ただ他はこれと言って収穫なし。

本番は明日。


【土曜日 昼】
開拓・・・というより下見で走り回る。
明るい間に自分の目で「匂う場所」を探す。

航空写真でスル―していた場所で・・・ふと目が止まる。
なんか怪しい。
匂う。

リグを投げてどこまで届くか確認。
これも大切。

届く。
いけそう。

そして夕マズメからはそこではなく、地図で見て行くべきと感じた本命開拓ポイントへ。
地図で「いないわけがない」と思える場所。

ド干潮からの上げ狙い。
到着すると、左からの潮が沖から手前に差し込み、磯と磯の間を流れが通っている。
想像以上にナイスなシチュエーション。
地形だけで釣れると思ったけど、流れも味方してくれてる。

どれぐらい横に流れているか確認したかったので潮の左に打ち、
ゆっくりゆっくり巻いていく。(流され具合の確認)

巻くごとに右に流されているのが分かる。
しかし、急に何かに引っかかったようにテンションが張りだし・・・まさか!?

ドンッ!!!
いきなり来た!乗った!デカイ!!!

ゴリ巻きで有無を言わせず抜き上げ・・・捕獲!

よっしゃ!
32cm。
いきなり納得サイズ。
開拓して出るとデカイ(驚)

この嬉しさのためにやってる部分も大きいかも。
(ワーム:NejiNeji ジグヘッド:KILLER DART1.5g)

続いてキャスト・・・クッ・・・ドンッ!!!来た!フッ・・・バレタ!!!
食い方が浅い!

でも2投で2ヒット(驚)
けど、このバラしで一気に気配が消えた・・・。

10数分投げてもアタリ無し。
沈黙が続く・・・。

けど、居ないとは到底思えない。ありえない。
間違いなくこのエリアに魚はいる。
それはもうヒシヒシと。

見てるけど食わない感。

選択枝は二通り。
ルアーを変えるか、時間を置くか。

選択は・・・時間。
場所を休ませるため、別の場所を歩いて検索。
30分ほど他のポイントを探すもアタリ無し。

そろそろ頃合い。
さっきのポイントに戻る。

ワームのスレ対策でNejiNejiからBACHIに変更。
出るなら1投。
そうでなきゃ多分釣れない。

キャスト・・・着水・・・リトリーブッ・・・ドンッ!!!

ゴンッ!ゴンッ!!ゴンッ!!!

!?

一気にゴリま「ジィー!!!」巻けない!
巻く手が強引に止められ一気に走りだす!
スズキ!?メバル!?どっち!?

メバルと信じて奪われた主導権を奪い返す!巻く!一気に巻く!

バレるな!重い!バレるな!
水際まであと少し!
ゴンッ!ゴンッ!!ゴンッ!!!
強っ!怖っ!
切れるな!お願い!切れるなーーー捕獲!!!

デカッ!
間違いなく今までで一番!
誰もいない暗闇で自然とガッツポーズ。

「よっしゃ!!!」

DSC_0624


果たしてサイズは・・・

IMG_2809


あれ?思ったより小さい・・・(もっとデカイと本気で思てた)
35超えたと思ったんですが甘くなかった・・・

何度見直しても口を閉じると34。
でも自己記録。

しっかしデカイ。
見惚れるほどの体高と体格。
まだドキドキしてる。

嬉しいぃ〜♪

34


そんな興奮冷めやらぬ中、続けてキャスト・・・
コッ!えっ?ドンッ!32cm。この場所すごっ。
キャスト・・・コッ!ドッ!まじ?31cm

尺超えしか釣れない(驚)

しかしさすがにアタリが出なくなる。
でも、雰囲気はバリバリ。
まだ居る感覚。

キャスト・・・
粘る。
キャスト・・・
粘る。
キャスト・・・ゴン!!!ピタッ・・・

どうしようもない系の無慈悲バイト。
(一瞬で潜られた)

ラインテンションを張らず緩めず状態にしてスキを待つ。

・・・・・・・ゴゴ・動いた!!!

瞬間、覚悟を決めポンピングと同時にゴリ巻き!ゴンッ!剥がれた!
一気に・・・ジジッ・・・寄せられない!強い!

バレるな!デカイ!バレるな!

捕獲!

フゥーーーー

ため息が出る(笑)
なんとかなったのは・・・33cm。
ヤバかったっす。

続けてキャスト・・・無反応

さっきまでのフィーバーがまるで嘘のように無反応。
海に生命感が・・・感じられない。

それでも粘りのキャストを繰り返すも・・・だめ。

そして釣れた感覚を忘れた頃・・・

コッ!ドンッ!フッ・・・バレタ。なんか食い方浅い。
今日はこれが多い(泣)

それを最後に見失ったのでした・・・。

000


【移動】
諦めが付いたので気分転換にポイント移動。

本当はもう1つ狙ってみたい本命ポイントがあったのだけど、
さっきのポイントが釣れ過ぎて粘ったため、時間がない。
昼に下見して偶然見つけたポイントを攻める。

今までの経験上、釣れるポイントでも匹数を実釣時間で割ると1時間に1匹程度。
釣れようが釣れまいが最低1時間は粘ることを決めてキャスト開始。

粘る。

30分アタリ無し・・・40分アタリな・コ・・・!?

一気に合わせ!スカ!空振り。
アタリじゃなかった?
でも何となく確信。

「今のはメバルっぽい」

今まで疑心暗鬼で投げていたこのポイントに光がさした感じ。

「出るかも」

1時間超えたが未だ釣果ゼロ。でも粘れる。
1時間30分・・・コッコッ・・・ド!フッ・・・バレタ!でも居た!
アタリ的にサイズが小さい?子メバル?一瞬だったのでサイズが分からない。
けどなんでこんな食いが浅い?

2時間近く経過・・・ッ・・・ドンッ!!!乗った!メバル!良いサイズ!

尺


と言ってもギリ30超え。
贅沢だけど、今日はそんな感じ。

けど、やっぱりさっきまでのアタリはメバルだ。

次のキャストでドンッ!29.5。
この時点で34を超える雰囲気は・・・感じず。
集中力も途切れ、想像通りその後は単発の拾い釣りで終了。

というわけで、今回の釣行・・・尺は8本。
(34・33・32・32・31・30.5・30.5・.30.5)

さすがに・・・デキスギ。

前回から思ってたこと、やっぱり確信。
それは開拓したからこそのサイズということ。

最後に入ったポイント、かなりエントリーしやすいので、人がある程度知っているポイントだと思うんです。
でも最初に入ったポイントは、多分、ほぼ人が投げてない。

その差をヒシヒシと感じたのでした。

ということは。
見つけさえすれば、まだまだパラダイスが残ってるってことで。

開拓の楽しみがまた増えた旅だったのでした^^

-----------------------------------------

そうそう、今回は当たっても乗らなかったり、乗せてもバレたり変なアタリが多かったのですが、お腹の中を見て「なるほど(笑)」と。

ベイトは9割バチ。
しかもバチがデカイのなんの!

お腹開いた瞬間「うわ、このバチ太っ!」って引っ張り出すと・・・
まあ長いこと!
最長は余裕で30cmを超えるバチでした。
(こんな長いの初めて見た)

どーりで食い方がヘンだと思ったっす。

一気に吸い込まず、口で捕まえてから食べてたから、乗らなかったり、
掛かりが浅かったんだろうなと。

こういう発見もまた楽しいですね〜♪

タックルデータ
ロッド:GRF-TR85"PE special" Houri-Island
ジグヘッド:KILLER DART1.5gプロト
ワーム:NejiNeji&BACHIプロト



kasago2 at 01:07│ メガメバル