2015年06月23日

【ダート系とダートしない系】/アジング

先日から発売になっているジグヘッド「KILLER DART」の分類は名前の通りダート系です。
この辺りを少し書いておきます。

動画をご覧の方はお分かりかと思いますが、私がメバルで使っていてダートさせていたかというと、あまりさせていません。ちょっとしたアクションはたまに入れたりしますが。
(デイならダートさせることも多いのですが)

普通のジグヘッドのバランスは簡単に書くとテール側に水流を受けるようにセッティングされていることが多いです。

抵抗が多いタイプで、カーブフォールや一定層のスローリトリーブにマッチしたタイプ。

ダート系は抵抗が少ないタイプで、アクション時にキュンッと動き、フォールも早めになります。
基本的にはダートをさせるバランス設計ですが、
ダート系ジグヘッドの用途はダートだけではないのを是非覚えておいてくださいませ!
(知った上で使い分けをしてほしい)

ダート系の良いところは不安定なところ。
(リアクション系に弱いアジングにはもってこい)
層を探りやすいこと。
(状況のあたりをつけるのに向いている)

多分、一番分かってもらいやすいのはエギに例えること。
ダート系はエギで言うところのディープタイプ。
フリーフォールでは抱かせにくいけど、ディープエリアまで攻略しやすく、高活性の個体を幅広く拾いやすい。スイッチを入れやすい。

メバリングやアジングでも視野の広い話をすると同じようなことが言えます。
ですので、スローな展開の時にはダート系でなく、通常のジグヘッドがオススメ。

是非使い分けて下さいませ〜♪

そういえば、アクションで思いだしたのですが、アジングでアクションを入れた瞬間に釣れた経験って多いと思います。
なぜ、アクションを入れた瞬間なのかを意識して欲しいんです。
アクション入れた瞬間、遠いところから襲ったわけではないんです。

かなり昔、偶然にもサイトで確認できたのですが、アジがワームを囲い込んでる場合があるんです。
01

こんな感じ。
で、アクションを入れると・・・↓
02

ワーム(アジにとってはベイト)にプレッシャーをかけて逃げた瞬間に襲い掛かる感じ。
この場合、フォールで食ってくるというより、アクションでスイッチ入り、追尾して結果としてフォール中に食う感じ。
この辺りも是非意識してみてくださいませ〜♪

【予告】
GGCCトップ画像500

今年もやります!魚種限定解除カップ!
詳細は近日公開♪

お楽しみに!

kasago2 at 17:46│