2018年05月13日

プロトテストへ

またまたプロトミノーのテストで日本海へ。

プロトメインで使ってるのですが、まあ釣れる。自信過剰に聞こえるかもしれないけど、ビックリするほど強い。
各種設定を変える余地が無いわけじゃないけど、もう変えたくない感。フォローで他のルアー投げるも昨夜は全く反応無し。(ワームも同様)

コンセプトとしては巻きで釣れるもの・使いやすいものというのがあり、もう一つは屈折を利用した超デッドスローへの対応。

結果、ほんと使いやすいもになってます。テスターさんからは巻きというよりポンプリトリーブ系(リアクション系)での反応が巻きよりすこぶる良いと複数報告アリ。(私は巻きメインなのですが)

プロトとしてはスローフローティング・サスペンド・シンキングと作っていて、私の使う頻度はサスペンド>スローフローティング>シンキングの順番。磯系ではサスペンドメイン、ベイトが水面直下に浮きやすい外灯廻り系ではスローフローティングがマッチすることが多い。

今回は磯メインのためサスペンド中心のテスト釣行。
5月といえばベイトも豊富になり、メバルも梅雨メバルらしいブリッブリな体型に。特に白の個体は思わず笑ってしまうモリモリ感(^_-)
IMG_9486

計ってませんが26〜7の長さにしてウエイトは多分500gぐらいの尺メバル並。
磯奥のサーフ絡みの藻に付いていた個体。

この場所では青地が4本、赤1本、白1本。
IMG_9487

IMG_9490
(赤はプロトを丸呑み)
続いて尺の実績のある磯へ。
狙うはテトラと磯で出来た水道部分。
しかし思いのほか藻が伸びていて、足元から沖へ数メートルは水面に藻が密集。狙いにくいがメバルは着きやすくなってる感じで投げる前からワクワク♪
メインのコースは残して外から釣ってみようとオープンに投げると「コッ!」と何やら大きそうな個体のバイト。乗らず。メバルなら良いサイズ。少し間をとるために釣れないシャローへルアーを投げて気を落ち着かせる。そしてトライ・・・コッ!ジジィーーーーゴババッ!

シーバス(笑)
藻地帯なのですぐさま藻に巻かれる・・・が何とか抜けた・・・また巻かれ・・・また抜け・・・キャッチ。
IMG_9482
(プロトを丸呑み)

この段階で確信。まだシーバスいる。
なんせさっきはまだメインコースを投げてない。シーバスが陣取らない訳がない。
そんな1投・・・コッ!ジジィーーーーゴババッ!

案の定。しかし、さっきより良い位置。そりゃあ、さっきより良い魚で。
寄せては藻に巻かれるを繰り返す(苦笑)しかし運よく寄せてこられてキャッチ。
IMG_9483


そして次の1匹を目論見みて・・・スカ。居ないか。
今まではプロトのただ巻きのみ。試しに良い場所でチョンッ!ガッ!!!ジジィーーーーーー・・・プツッ・・・プロトもってかれた・・・(泣)

続いて移動したポイントは岩盤とサーフと藻場が入り混じったポイント。道沿いの外灯が少し遠くにあるけど、間違いなく効いているポイント。獲れて1〜2本かな?と思ったら29までが複数ヒット。
慌ててカメラを取りに帰る(笑)
IMG_9488

IMG_9489

ちなみにベイトは5cmまでの小魚とバチとジアミの混在が大半。
(青地の腹パンは8割小魚)

クーラー満タン終了の満足な釣行でした(^_-)

ロッド: TR85 "PE special"Houri-Island
ルアー:プロトの小型ミノー

kasago2 at 14:24│ メガメバル