2018年06月19日

引き波にルアーを食わせる

先日のメバル釣行でルアーを引き波に食わせる話を少し書いたと思いますが、同僚に話をすると「ほんまかいな(笑)」って言われまして(笑)
IMG_9837

私としては荒れた時のベーシックな釣り方だと思っていたのですが、考えてみれば瀬戸内メインで釣っていたり、荒れた日に釣りをしなければ気づかないことだろうということで、今回はこの辺りを少し解説しておきます。

昔から通っていた日本海で言うと、冬は荒れない日が少なくなります。ついでに書くと、少し荒れてるぐらいが釣りやすいのですが、それは北風が吹くとベイトが岸に寄りやすいからで、その結果としてに釣れやすくなります。というわけでベイトさえ寄っていれば荒れてなくても釣れます。荒れてないのにシーバスが釣れる状況なんかは、いつも以上にベイトが寄っている可能性が高く、そういう日はどのポイントに行っても活性が高いことが多いです。

で、荒れた日の釣り方に戻るのですが、なぜそうするか、なぜ食うかというところですよね。理由を知れば、至極当然というかそうすべき理由が分かります。

経験上、波が2〜3mぐらいまでであまりニゴリが入ってなければメバルの位置さえつかめれば釣れます。(荒れるとまず釣りができる場所が極端に減るので、荒れた状態で魚が付く場所を探せるか・・・が大きな関門になりますが)

ちなみに日本海の黒メバルで言えば、バンバンのサラシの中でメバルは釣れます。で、リップ付きのルアーを投げてみると分かると思うのですが、ルアーをキャストしてリーリングしていても波が寄ればラインがたるんでルアーは動かなくなり、波が引けばルアーは水を掴んで泳ぎますよね。

ここで考えて欲しいのが小魚(ベイト)の動きです。小魚の場合に波に飲まれてもみくちゃに・・・はそりゃあ嫌いますよね。こういう時のベイトは引き波が出た時に流されまいと一生懸命泳いでその場にとどまろうとします。捕食者にとってはココが狙い目になります。ベイトの動きに法則性が出て、なおかつ引き波に捕らわれている状態です。(簡単に動きを変えられない状態)いわゆる食いやすいタイミングってことです。

話を別の生き物に例えます。
例えば昆虫を捕らえる場合、近寄って息を吹きかけます。そうすると昆虫は飛ばされまいと必死にしがみつきます。その状態を作って摘まめば簡単に捕まえたりできます。車に貼り付いている虫が走行中にしがみついて離れないのも一緒です。構図としてはサラシの釣りと同じです。生き物は一生懸命何かをしている時、他の事をあまり気にできません。シーバスにしろメバルにしろ、ベイトのそういうタイミングを逃しません。というよりソレを狙っています。

もう1つ重要なのが、メバル自身も水の動きが一定になる瞬間が動きやすいタイミングってことです。もみくちゃな流れでは動きにくいはずですし、狙いも定まらないはずです。

ゆえにルアーの通し方的には寄せ波の間に食わせたい位置にルアーを移動し、引き波でリールを巻かず、引き波にルアーを食わせる。そするとブルブルブルブルと一生懸命泳いでいるベイトを演出でき、良い位置にルアーを持ってこれていたなら・・・ブルブルブル・・・ガッ!です。

なお、こういう場所ではミノーやバイブレーションを使うことが多いのですが、それは引き波の速度に合わせてルアーが動いてくれるから。自然なベイト感を出しやすいのが利点です。(つーさんはこれをジグヘッドでやるらしいですが)

というわけで。ベイトの動きやメバルがどういうタイミングでどういうエサを捕食しているのかを知れば、引き波にルアーを食わせる釣り方は荒れた時の普通の釣り方になるってことは覚えておいて下さいませ^^


kasago2 at 12:00│ メガメバル