2019年05月27日

道連れフィッシング

今回はバドミントンの友人で去年から釣りを始めた友人Y君に急遽連絡してみたところ、運よく都合がついたので道連れミニボートフィッシング。

狙うはアコウ・真鯛・アオリ・青物といったところ。
ミニボートの釣りはポイントへのエントリーのしやすさが一番の利点ですが、やってることはショアの釣りと大して変わりません。その日に食い気のある魚を探して釣るのが基本。「そりゃあ沖に出れば簡単に釣れるだろう」と思われるかもしれませんが・・・

ある意味その通り(笑)
魚に出会える確率はショアとはやはり比べ物になりません。

けど、だだっ広い海に適当にルアーを投げて釣れるのかというとビックリするほど釣れません。私の魚探は等深線は出ないポータブルなタイプなので魚探で得られる情報は船の真下の情報のみ。(水深とベイト反応)

ということで昔ながらの「山だて」でポイントをなんとなく覚えていきます。で、起伏やベイト反応が出る度にルアーでチェック!という感じで攻めるのでメタルマルが大活躍します。

(以前はこういう釣りをタイラバやジグメインでやってたのですが、メタルマルに変えてから魚種やアタリの数が明らかに上がってます)

今回は青物・真鯛狙いで目的地へ走りながら地形の変化がある度にルアーを落としては進むという拾い釣り作戦。(ゆえに中々進まない。笑)

で初っ端に当たってきたのが・・・シーバス。
IMG_3394

実はこれが釣れる前に同じような魚を掛けてバラしたのだけど「アコウにしてはえらく走ったなぁ」と思ってたところでのシーバス。バラした正体が分かったのでした^^

青物の方はエリア的に好調のようでナブラは中々出ないまでも鳥が水面下を飛び交い、ベイトが水面近くまで追いやられているのが分かる状況。

「こりゃあ表層早引きで出るな」と思い、近寄ってはキャストして表層をチェックしてると・・・ドンッ!と。

というわけで2馬力エンジンで鳥を追いかけては「くそ、間に合わない〜」とモンモンとしながらも、何とかキャストを繰り返し・・・5本ほどキャッチ。Y君も1本掛けてからは要領を掴んでヒットに持ち込む。
IMG_3398

で、まだまだ釣れそうではあったのだけど、腕がだるくなったところで真鯛・アコウ狙い。
でもあまりに近くで鳥がざわつくと青物狙ってしまう私。逆に冷静に底物を狙うY君。

なにこの違い(笑)
IMG_3392

IMG_3396

レンコ鯛・真鯛・アコウと釣れてドンッ!とナイスなチカメキントキがY君にヒット。まあ見惚れるフォルムと色なのでした。
IMG_3393

GPTempDownload

赤メバル(左)とアコウのダブルヒット^^

というわけでメタルマルで8目フィッシング。

Y君「釣りはじめて今まで釣った量より今日1日で釣った量の方が多いんですけど(笑)」と満足してもらえた模様。
クーラー満タン修了で良い感じな1日でした。

【釣れた魚種】
アコウ・シーバス・ウッカリカサゴ・チカメキントキ・赤メバル・ヤズ・豆ヒラ・真鯛

【タックルデータ】
ロッド:BG72ultradeep
ルアー:メタルマル28とメタルマル40
ライン:PE06+フロロ8LB


kasago2 at 11:42│ オフショア