2019年08月05日

カッキーさんとメタルマルゲーム!

前回、良いヒラマサを数本バラシてスイッチが入った私。
そしてカッキーさんのスイッチも入りまして(笑)

二人してラインで「あーだ、こーだ」と打合せていざトライ!
IMG_4093

しかし今日は先週いたカタクチベイトが完全に抜けていて、まあ渋い渋い。
前回はベイトが居すぎて魚探が魚の群れを底だと勘違いして水深40mなのに水深1mとか表示されることが何度もあるような状態で、更に沖には膨大なベイトが溜まっていたのですが・・・

スッカラカン(汗)

ナブラもほぼない状態。(たまにサゴシが飛ぶ程度)
ヒラマサ狙いのポイントで私のメタルマルフォール中にいきなりラインが走り出し、慌ててスプールを抑えるとプツッン!一瞬で切られた(汗)慌てて回収してるとすぐさまカッキーさんにヒット!

正体はサゴシ。
IMG_4080

私も再度掛けるもののバラシて終わり(泣)

多分ヒラマサは居たとは思うのですがヒットせず。

1日で状況がガラッと変わってしまうのが海の怖いところ。
朝からプレジャーも多かったのですが、皆さん諦めて気づけば周りに船がほぼ居ない(笑)

けどそんなことで諦める私とカッキーさんではなくて(笑)

何とか魚を探すべく走り回る。

こういう時に外しにくいのがアコウ含めた根魚で、魚を追いかけまわして大移動しないゆえに、まだ攻略の余地があります。けどベイトがいなければ渋いのは当たり前で、ビックリするほど反応が帰ってこない(汗)

アコウの渋い時と活性が高い時を何度も経験すると感じるのが「居ても食わない」という渋さ。
活性が高い場合は正直どこ落として食うんじゃないかと思えるほど、どこでもアタリが出ます。けど、そうでない場合はほんとアタリが出なくて居るけど口を使わない感を肌で感じるのでした。

で、感じるのが渋い時は比較的甲殻類を吐き出し、活性が高い時ほどフィッシュベイトを吐き出すことが多い感じです。(純に魚いないから甲殻類食ってるからでしょうし、フィッシュベイトだと魚がうわずり易くてルアーを食いやすいんでしょうね)

こういう時に諦めずに探し回ると分かるのだけど、大抵は局所的に活性が高い場所はあって、付近にベイトが通ったのか、ほんと局所的に釣れることがあります。そんな砂漠のオアシスを求めて彷徨う。

そして心が折れそうになりながら・・・見つけました(笑)
根があるわけでもないのだけど、風に任せてポイントを流し直す度にヒット。メタルマル1つでアコウが2匹掛かる珍事も(笑)
IMG_4106

その他はウッカリカサゴにカサゴにレンコダイに沖メバルに巨大なエソにおまけのアマダイまで。ルアーはもちろんメタルマル^^ほんとなんでも釣れます(笑)
IMG_4083

(ちなみに写真では見えませんがライフベルト装着。肩掛けやゲームベストは暑いのと、厚過ぎたら扇風機が付いた空調服を着ようと思って、その対策です。笑)
カッキーさんはウッカリカサゴ名人で何匹釣ったやら(汗)横で置いてけぼりを喰らいまして。
これがあるからカッキーさんは怖い(笑)
IMG_4100

カッキーさんの釣果。今回はあまり写真を撮ってなかったのでカッキーさんのインスタから拝借(笑)

そんな渋いながらも何とか攻略した楽しい一日でした^_^
お土産は十二分。けどヒラマサリベンジせねば!

PS
今回、ウッカリと普通のカサゴの同サイズがあったので一緒に煮付けてみたのですが、ウッカリの方が上品で身が柔らかくワンランク上のお味でした^^アマダイは刺身、昆布締め、カマと腹の塩焼きをしてみたのですが、2〜3時間ほど昆布締めしたものがとてもいい感じでした。(身が柔らかく水っぽい感じなのでちょっと締まるぐらいが丁度いい)刺身と塩焼きは美味しい魚であることは間違いないですが、唸るような感じではなかったです(期待し過ぎ)

なお前回から魚探を新しくしまして。
HONDEX (ホンデックス) のPS-501CNからPS-611CN へ。

今まで等深線の表示がなくて携帯アプリ等で対応してたのですがPS-611CN だと簡易ですが入っています。1つの画面で全て確認できるのは、まあ快適なのでした^^

タックルデータ
【ヒットルアー】メタルマル
【ロッド】BG-72BG72ultradeep
【リール】シマノ4000番
【ライン】PE1.5号・リーダー25LB


kasago2 at 11:00│ オフショア | ボートエース