2019年10月28日

久々なメバリング

去年、ビーナッツが発売されて実感して頂いている方もおられると思うのですが、ビーナッツの特徴の1つにスレにくさがあります。

なぜ他のルアーとスレにくさで違いが出るのかというと、1つはアミ付き攻略特化だからです。(クリア系)
アミ付きの場合は、アミが密集する度に活性が上がりやすいのが特徴です。釣れる位置は流れや風でコロコロ変わりやすいです。

アミの屈折を上手く表現できているからこそ、その活性の上がるタイミングでまた食ってくれてるってことです。ゆえにスレにくいという表現は実はちょっと違う感じだと思ってはいるのですが、結果としてアングラーがそう感じやすいというのが、ビーナッツの特徴の1つなのでした。
.
ちなみにスローな展開の場合は乗らないアタリも増える傾向にあります。
なぜかと言うと屈折の一部をついばむからです。こうなると針のない場所を咥えにいったりするので乗らなかったり、外掛かりになったりします。(外掛かりの場合は掛かりが浅くなり、バラしの確率も少し上がる)

そして丸呑みされる傾向が強いのもビーナッツです。
それは密集したベイトを一気に吸い込もうとしてるからだろうと思います^^

手前みそでナンですが・・・ホント強いです(笑)

とまあ、ビーナッツの話はこれぐらいにして今回の釣行に続きます。
-----------------------------------------------------------

もう10月下旬。

日本海のメバルは10月中旬以降から北風が吹きだし、これがメバルの接岸する大きな要因の1つ。

というわけでミニボートは断念してメバルにシフト。
波は1.5m程度で北風。悪くない。

1つ目のポイントに到着すると「もらった感」
波が沖磯にぶつかり、泡がいい感じに寄せられている感じ。月も出ていなくて、立ち位置後方の道路の明かりが海へと届き、うっすらと明暗を作る。マイクロベイトが溜まりやすい条件が整っている。

そして・・・30分ノーバイト(笑)
試しに過去の実績ルアーをローテしまくるがノーバイト。
ワームも当たらない。

泡がまとまりやすいタイミングがあって、大抵はこういうタイミングで食ってきやすいのだけど当たらない。

オカシイ。
この条件で魚が付かないのか・・・

再度ビーナッツに戻して釣り場の条件を再認識しながら投げてると・・・

カンッ!!!と強烈なアタリ1発。
正直ヒラスズキかメバルか判断付かない。でも魚が入っていることは確認できたので更に粘る。

結局1時間ほど同じポイントを打ちまくって4バイト1ヒット1バラシ。
(バラシは20ちょっとのメバルだった)

諦めて移動。
次が今日の目的の場所。ここで出ないと積む。

しかし、またもや30分ノーバイト。
そしてチェックがてら過去の実績ルアーをローテしまくるがノーバイト。

ここは立ち位置を変えられる場所なので、変更して投げた1投で、スローに巻いていたティップが段々と入っていく(居食い)のを感じて巻き合わせ。

結構なトルクで一瞬スズキかと思ったのだけど、メバルと信じて強引に寄せて抜き上げるとGOODコンディションの黒メバルで^^IMG_4787

まだ卵に栄養をとられていないので体高も幅も凄くて持った感じが丸い印象なほどGOODコンデションでした^^(29.5cm)

今日は思惑通りこの場所でポツポツとアタリが出る状況。
ただ1時間粘って数回出るレベルなんですが。
IMG_4788
とまあそんな感じで楽しんでたら雨が強くなりカメラが心配になって中断。インスタで釣果を更新。

そしてちょっと仮眠のつもりが朝まで寝てたのでした(笑)

なおベイトは3仭宛紊離▲瀘爐任靴拭
この日はFとSP両方アタリは出ましたがFの方がマッチ。
「ビーナッツだからこそ何とかなった」という感じはプロトの段階からとても多いです。

ここを読んで頂いているかたは多分、もう持っている方多いかと思いますが、
持っていない方、是非試してみて下さい。

損はさせませんので!(←自信満々。笑)

タックルデータ
ロッド: TR85 "PE special"Houri-Island
ライン:PE06+フロロ8lb
ルアー:13-NUT(F&SP)

kasago2 at 10:06│ ビーナッツ