2019年12月20日

メタルマルゲームin沖縄!

初の沖縄。
ブリーデンフィールドモニターのカミヤマ兄弟の釣果をいつも羨ましく思ってたので、とても楽しみで、どんな魚が釣れてくれるのかとワクワクな釣行。IMG_5382

乗船したのは糸満市から出ている沖縄フィッシャーマンという遊漁船。

南の魚って本当に綺麗で。
芸術的とも言える模様やフォルム、色使いにサイズ関係なく感動を覚える美しさでした。

とくに感動的だったのがニジハタで。IMG_5328
蛍光色というか目にガツンと来るほどの鮮やかさで。沖縄ではアカミイバイとかアカワタミーバイと呼ばれているみたいなのですが、色のグラデーションも綺麗で写真や動画では伝わりにくいのですが、ほんとに綺麗でした。
(大きくはならないハタらしい)
船長としては外道らしくて「それは小さいからポイね」と私の感動とは裏腹につまらん的な感じの塩対応(笑)センチョー!(笑)

そして私には釣れてくれなかったカワハギ系。
IMG_5413

誰がこんなデザインをしたのだろうという感じで。
IMG_5327

上が尻尾が特徴的なバラハタ(ナカジューミーバイ)の幼魚。
で、ドンッ!と来たのが可愛さのなくなったバラハタ^^
薔薇の花の印象からきた名前なんでしょうかね。
IMG_5331

そして下の写真は知っている方が多いアカハタ。
IMG_5334

船長はこの魚が喜ばれること多いのか「これが釣れたらうれしかろう」と言われるのですが、私としてはもっと沖縄らしい魚にテンション上がるわけで・・・(笑)

そして思わず「うわ、クロッ!」っと声が出たのが・・・
IMG_5338
アオノメハタ
びっくりするぐらい黒くて遠くから見たら真っ黒なのですが、近くで見ると鮮やかな青い点があり、尻尾の方も色が違う感じ。画像修正して柄を見やすくしたのが下の写真。
IMG_5332

IMG_5333

そして船長のテンション上がった魚が下のアカジンミーバイ。
IMG_5366
これはサイズが小さいのですが「これさ超高級魚ねぇ」と^^

あんま綺麗な感じじゃなくて私はテンション上がらず(笑)船長サーセン(笑)
IMG_5364
私としてはこっちの目のクリッとした感じと黄色いヒレが綺麗な魚や・・・
IMG_5359
小さいけど綺麗な魚の方が嬉しかったり。思わず釣りを止めて見入ってしまいます。

そして船長に「おぉー珍しいの釣れたねぇ」と言われたのが・・・
IMG_5369
バラフエダイ。
夜に釣れやすい魚でシガテラ毒があるから市場には出回らないとか。

そしてお約束なおじさんがおじさんを釣った図
IMG_5416

けどそのインチョーおじさんが最後に絵になる魚を釣ってくれました。
IMG_5373

絵的には「サリーちゃんのパパがウサインボルト」な感じがGOODです!(笑)

でもこんなダツなら私も釣ってみたかった・・・。
ビックリする太さでした^^

とまあそんな感じで魚種限定解除なメタルマルで宝石のような魚たちに遊んでもらったのでした^^

面白いのが釣り方で、ドテラでリーフ周りを流すのですが船長の指示はキャスト方向が風下なんです。そう、普通と逆なんです。その理由はリーフゆえの根掛かりロスを避けるため。根掛かりしても待っていれば掛かった場所の真上まで船が流れるので外しやすいから。でも投げてみたい場所ってあるじゃないですか。でまあコソッと投げてたら「そっちじゃないよ、こっちね」って指示されます(笑)

普通、船の釣りって魚探に魚の反応が出たら、その後にルアーが魚の付近を通過します。けど投げる方向逆なので「ほら!魚の反応あったんだよ」と後から言われることになるんです(笑)

船長は良い魚釣って欲しいし、ルアーをロストさせたくなくて編み出した釣り方なんですよね。それに釣り人をほんとよく見てくれていて、とってもいい船長です。

でもリスク等分かった上でも投げてみたい場所あるじゃないですか(笑)
途中からは私が別の場所に投げて「見られてないかなぁ」と船長を見ると目が合って(笑)

船長、笑顔でもう声も出さず指を動かし「あっちへ投・げ・て」のポージング(笑)

さーせん(笑)

とういうわけで何が楽しかったって、船長とのやり取りが楽しかったという(笑)
そんな初の沖縄釣行でした。

また行きたいなー^^

タックルデータ
【ヒットルアー】メタルマル28&40&60プロト
【ロッド】SWG-Monster Calling KMC83H
【リール】シマノ4000番
【ライン】PE1.5号・リーダー10号


kasago2 at 14:42│