2020年11月16日

秋のヒラマサゲーム

さて週末。

自作のダイビングペンシルも新たに作り、いざヒラマサキャスティングへ!

というわけで朝からワクワクしながら2〜3時間ほどトップを投げると・・・

ノーバイト(笑)

「この良い時間帯でダメか」と思うと粘る気力がなくなる軟弱者で(笑)
まあ本当の話をすると、釣れなくてもトップ縛りでやるつもりだったんですが、前日のウネリが残っていて浅場のトップをやる付近はウネリがどうしてもキツクなるので・・・

酔ったんです(笑)軽くですが。
(浅場はウネリが収束されるので高さが上がる)
そうなると集中も出来ないんで、酔いが強くなる前に避難がてらに沖へ走る。
(水深40〜50mライン)

狙いはとりあえずハマチ。
沖でずっとナブラってるのは分かってたのだけど、マイクロベイトに付いたコマチちゃんなのは分かってたのでスルーしてた。

でまあ到着してビックリ。ナブラの規模が半端ない。
プレジャーも何艇かいたのだけど、中々ヒットしない模様。「やっぱマイクロか」と結んだのはもちろんビーバイブ(カシマシステム)プロトで。

着水からの高速早巻きで・・・・ドンッ!

遠くから「エエッ!ヒットしてる」という声が^^

現状分かっているのはマイクロベイトに片寄っていて、ルアーを追ってくる個体がいるならカシマシステムでなんとかなる感じ。ただビックリするほど追わない時があって、そういう時はカシマシステムでも厳しい。

今回は結構追ってくる個体が多い状況だったんで、ワリと簡単にヒットしてくれる状況でした^^

という訳でハマチに遊んでもらった後はメタルマル60でヒラマサゲーム。(今回ヒットした水深は25〜40m付近)
ちょっと良い反応見つけてメタルマル60を落とすとドンッ!!!とヒラマサ。
IMG_7994

良い反応というのはベイトが底付近に映って、なおかつベイトがちょっと(5〜10m)浮いている状態で。ベイトが底べったりだったり、底から20mとか、水面付近とかだと魚種が変わる感じ。(底だと底物の活性が上がる。中層から上だとハマチ、サワラが多くなる)

やっぱりメタルマルゲームは面白くて。「来るか?来るか?」と魚探反応の良し悪しで一喜一憂。
IMG_7987

そして魚探に斜線(青物)が映って「こりゃもらったわ!」と上手いタイミングで巻き上げドンッ!!!と乗ったと思ったらスカ・・・。
上げてみたら・・・
IMG_7996

ちょっと前にも見た光景(苦笑)
お魚さんゴメン。私の合わせは反射合わせからの、ラインをしっかり回収した後に追い合わせがベースなんですが、反射合わせだとタイミングによっては上手く力が伝わらないために刺さり切らないバラシを多く経験した結果、追い合わせでしっかりフッキングさせるのですが、多分口を開いて吐き出そうとした瞬間と重なって抜けてしまうんでしょうね(汗)

ヒラマサはポツリポツリ拾って反応消えて終了。
IMG_8004

IMG_8006

あとは帰りの駄賃で底に反応が出たらメタルマルを落として煮付けと刺身分のアコウとカサゴを確保して帰着。

【タックルデータ】
ルアー:ビーバイブ(カシマシステム)プロト、メタルマル60
スナップ:となりのアイツ「L」←オススメ!
リール:シマノ4000番
ライン:PE2号
ロッド:BG72ultradeep

kasago2 at 10:45│ ボートエース | ヒラマサ