2021年09月27日

短時間釣行

さてさて週末。

今週はミニボート無理っぽい天気だったので諦めてた。そんな日曜の朝8時に目が覚めて未練がましく一応天気予報を見ると・・・回復してる(笑)
なぜもっと早く目が覚めて確認していないのか(笑)
(前日の夜寝る前の予報だと厳しかった)

けど夕方(15〜16時)から雨っぽい。

今から準備して行っても出来て3時間ぐらい・・・悩む(笑)
というのも準備して現地着が10時半、準備完了が約11時。で、そこから沖のポイントへ約20分。

つまり昼前からスタートになる。

でもまた台風が南で出来てるから、これが来たら来週も無理かもしれない。
それはキツイ・・・ゆえに強行(笑)ダッシュで準備開始。

サワラは嫁さん飽きてきてるんで、今回は絶不調なヒラマサエリアにチェックインしてみることに。どうせ短時間なら、チェックに使ったほうが良いという判断。

出船場に到着すると丁度、酔って帰着したゴムボの方に話を聞く。
青物入っていないとのこと。「やっぱりかぁ」と思いながら、ポイント到着。小一時間ほど探し回るも良い反応は拾えない・・・。

ちなみに今日は逆潮(さかしお)で約2m/sでガンガン流される。(基本は西から東なのだけど、今日は東から西)しかも風と逆なので釣りにくいったらない。(2枚潮みたいにラインが途中で曲がってしまうため、着底自体も取りにくいし、着底からの巻き上げでもラインが直線になるまではタルミを回収しているような状態)
名称未設定-1


反応を見つけても着底時にはリグが結構なほどズレるので、中々反応に合わせられない(汗)

ヤバい。時間がない(笑)
今日は坊主か・・・。

そしてようやく、ちょっとした反応を拾う。
ひと流し目はバイトがなかったのだけど、反応の出方が気になって再度流す・・・ドンッ!!!
IMG_9861

ビンゴ!
そこからまさかの・・・連発。
IMG_9864

サワラとハマチがイレグイ(笑)
IMG_9862

そしてちょっとずつ流すコースをズラしていってると・・・ドンッ!!!
IMG_9863

ジジィーーーーーーィィージィーーーー!!!

出た!ヒラマサ!デカイ!
強めなドラグが一気に絞り出される(汗)
これは獲りたい・・・

「お願い!他はバレていいから、これだけは獲らせて!」と都合の良い時だけの神様頼り(苦笑)

底は荒くない。
出されながらも巻いてると浮き始める。この段階で根ズレはもう大丈夫。
あとは皮一枚でないことを祈るばかり。

そんなこんなで浮いてきてキャッチ。
久々にナイスなヒラマサが釣れてくれました^^
IMG_9853

その後も、サワラとハマチがポンポン釣れて一気にクーラー満タン。
IMG_9865

IMG_9866

いやぁ・・・堪能しました^^

【アタリの質】
面白いのがハマチ・ブリ系のバイトとヒラマサのバイト。
アタリの段階で結構判別出来ることが多い。

スズキとヒラスズキの違いとほぼ同じで、手元に伝わる振動が結構違います。

これは多分、体型からくる動きの質の違いからそうなりやすいのだろうと思います。

ご存知、ハマチ・ブリ系は断面が丸いです。ヒラマサは縦長の楕円。スズキとヒラスズキもちょっとそんな感じですよね。ヒラマサもヒラスズキも基本反転バイトなんです。ハマチ・ブリ系は体が丸いからしにくいのか、なにげにアタリが小さいし柔らかいアタリが多いです。そして食い切らないようなアタリも多いです。

ゆえに、当たった段階で結構判別ついてることが多いです。

で、判別つきにくいのがヒラマサとサワラ。サワラもヒラマサ同様に反転バイトするので手元に「ドンッ!!!」と衝撃が来るものだから、底の方でサワラが当たるとドキッ!とするのでした。

【おすすめなサワラ料理】
西京焼き、塩焼き、ムニエル、ポワレ、ホイル焼きなんかをするのだけど、先日美味しかったのが鍋。
サワラは身が柔らかいので、厚く切り気味だけど、細め1cmぐらいに切って入れると、鍋のツユがしっかり染みてめちゃ美味しく。薄めに切って作ってみてくださいませ♪量もバクバク食べれますよ^^

【タックルデータ】
ルアー:メタルマル60
リール:シマノ4000番
ライン:PE2号
ロッド:BG72ultradeep

kasago2 at 10:40│ ヒラマサ | ボートエース