2024年04月22日

週末の日本海真鯛

今週は気合を入れて・・・と思ったら木曜に軽いギックリ腰(汗)
無理ができないのでボートを出しやすい釣れていないエリアへ。

去年釣れてた付近ではノーバイト。というわけで沖に風で流されながらひたすら我慢して巻き続けてるとゴンッ!!!

そしてバラシ。
この1枚を基準に付近を探るとアタリ頻発!
しかしアタれど乗らず、乗ってもバレるを繰り返す。

そしてノーキャッチ(笑)
意味が分からないレベルで全く魚が浮いてこない展開(笑)
(ちなみに針は散らした3本針)

掛かりどころが選べないとは言え酷すぎる。
掛かるまで待ってみても掛かる前にアタリが無くなる。

そしてマゴマゴしてる間にアタリが消える(笑)

この釣りはほんと活性具合がキーの釣りで、感覚的に食う個体は一部で大半が食い気が上がらずにバイトに至っていない感じをヒシヒシと受けます。(同じ場所を通しても急に活性が上がってアタリ頻発するかと思いきや、すぐ落ち着いてしまうし、2人でやってると結構な確率で2人にアタリが出るので、群れの活性が上がってる感じを受ける)

単純に近くにベイトが通ったりして一気に活性が上がって、ルアーに食いつくレベルに至る感じなんでしょうね。

そんな感じで我慢して我慢して掛けてはバラしてる間に運良く良いところに掛かった個体だけマレに浮いてくる(笑)(鯛のアタリだけなら15回はあったのですが釣れたのはナント2枚)
IMG_7964

IMG_7957

この釣りはスピニングだと巻きが重すぎてベイトにしているのだけど、ベイトは本体が上にあるので力を入れて握らないと巻く時にブレるので長時間持つと手首が痛くなってしまいます。どこでも良いので下向きのベイトリールを作ってほしいと願うのでした。


kasago2 at 12:00│ タイラバ