このブログはPCに最適化されています。
スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版を表示」するよう設定願います。

 また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをしていますが、難しいと思われた方は飛ばし読みして、理解できる図だけをお読みください(これがブログの良いところ)。
 それでも、普通の天気マークの天気予報だけをチェックするより、ずっと多くの情報が得られる・・・はず??










 今日は、早朝から出かけなくてはならないので、週末2日間の空模様、そして間もなく発生しそうな台風4号について、簡単にまとめておきました。

 まず、台風4号??について

予想図3021160730
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 気象庁発表の今夜の予想図では、フィリピンの東で台風4号が発生することが示唆されています。

 現時点で予想進路を発表しているのは米軍(JTWC)のみですが(台湾経由で大陸に上陸を示唆)、台風が発生次第、気象庁HPでも予想進路が掲載され始めますので、気になる方は以下のURLで最新の情報をお確かめください。

 気象庁台風情報: http://www.jma.go.jp/jp/typh/
 米軍(JTWC)台風情報: http://www.usno.navy.mil/JTWC/
                       https://metoc.ndbc.noaa.gov/web/guest/jtwc
 (米軍情報は世界標準時UTCで表示。日本時間換算には9時間を足してください)
 
 なお、各国が発表しているモデル(スーパーコンピューターのシミュレーション)は、昨夜21時初期値において以下のような進路を予想しています(ヨーロッパ中期予報センターのみ29日09時初期値)。

台風4号モデル比較160730
06日09時の予想: 図をクリックすると拡大します)

 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

 いずれも大陸上陸を示唆していますが、6日頃、東シナ海に熱帯低気圧??と思われる擾乱も予想しています。
 現時点で、そもそも台風4号?が大陸に上陸するのか?も含めて非常に不明確な状態ですが、台風や熱帯低気圧の直接の影響はなくとも、間接的に暖湿気(雨の原料)の影響を受けて、西日本で大雨になるシナリオも想定されますから、天気予報チェックの際は横目で今後の動向をチェックしていただきたいと思います。


 続いて今日30日(土)の空模様

 気象庁が普通の天気予報(短期予報・週間予報)の作成に用いているGSMモデル(スーパーコンピューターのシミュレーション)を使ってチェック。

GSM30日160730
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 今日はコメントを書く時間がありませんので、昨日の記事を参考に、図中の書き込みをお読みいただき、今日の天気のチェックポイントを把握していただければ幸いです。

 続いて、より具体的な空模様を、解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターのシミュレーション)を使ってチェック。

全国流線アニメ160730
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 紫色は下層雲。

 気象庁等が発表している天気予報と照らし合わせ、頭上の空模様を具体的にイメージするための(あくまで)参考にしてください。

 続いて、明日31日(日)の空模様

GSM31日160730
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 今日の空模様と連続で上空の気圧配置、地上の気圧配置を立体的にイメージしてくださいね。

 今日は日本海側中心、明日は太平洋側中心に雷雨になる可能性が高そうです。

 それでは今日はこれにて・・・行ってきます!(04時55分)

      府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
     府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
       気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
      (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

      府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
     府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
      (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

     専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
                 http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2

拡大予想図160730拡大モデル比較160730拡大GSM30日160730拡大GSM31日160730
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。

(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)

航海のための天気予報利用学バナー121212