・このブログは天気図アニメ等、PCに最適化されています。
 スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版サイトを見る」に設定願います。
・また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをすることも!?
 読みにくい、難しいと思われた方は飛ばし読みして理解できる図だけをご覧ください
(これがブログの良いところ)。それでも天気マークだけの天気予報よりずっと多くの情報が得られる・・・はず?
   


 実は2022年7月1日から、再びひっそりとブログを更新中。

 Twitterのツブヤキはストーリー性に欠けるので「ブログで再構成・補足してみよう」という趣旨。

 以前のように千日回峰行的に毎日更新するつもりはないのですが、どんなカタチで進化?あるいは退化?するのか・・・模索をしながら「そこそこ」続けてみたいと思っています(2022年7月12日記)




 昨日の記事にも書きましたし、天気予報でも連呼されているように・・・
 
 今日は北海道付近に冬の上空寒気が南下。
 西高東低 冬型の気圧配置になるけど北日本中心で、平地降雪も東北北部以北限定といったところ。

 Kasayanの住む長野市では11月中の初雪は無さそうです。

 とはいえ、週間予報で伝えられているように師走とともに今季初の寒波襲来の可能性大。

 というわけで「寒波(寒気)は今どこに??
 ほぼ日課になった北半球上空の気圧配置と寒気の様子からチェック。

 11月23日21時から26日21時まで4日間の北半球上空の気圧配置と寒気の様子をアニメ化しておきました。

北半球アニメ221127

 アニメじゃせわしないので最終画面(26日21時)を静止画で。

北半球最終画面221127

 一昨日 シベリアで分離 先行する寒冷渦が北海道の北を通過中。
 寒気先端を寒冷前線が通過し一時的な冬型へ。

 一方 シベリアでは寒冷渦本体が熟成中。
 12月1日頃にかけて日本付近に南下し、今季最初の寒波になる模様。

 北半球の-30℃以下の寒気エリアは偏西風の蛇行が大きすぎて反時計回りの渦だらけ。
 これが極端な天気変化、気温変化の原因。

 続いて今日11時に発表される週間予報作成用の資料、向こう一週間の気温傾向(平年差)の最新データをチェック。

週間気温グラフ221127
(図をクリックすると拡大します)

 今日 北日本中心の冬型の気圧配置によって一時的に気温が下がる地域も、気圧の谷が通過する29日頃には極端に気温上昇。

 そして師走とともににカックンと気温急降下。
 
 タイヤ交換終えましたか?





 で・・・今日は目先の空模様ではなくて・・・

 今季最初の本格的な冬型の気圧配置と本州の初雪や初積雪が予想される12月1日09時の空模様を、気象庁が普通の天気予報(短期・週間予報)の作成に用いているGSMモデル(スパコンの計算値)を使ってザックリとまとめておきました。

GSM01日09時予想221127
(図をクリックすると拡大します)

 上段の図は空模様の骨格といえる上空の気圧配置や偏西風、そして大気不安定の原因=寒気の様子。
 下段の図は地上の空模様と雪の目安になる寒気や雨雲原料=暖湿気の様子。

 詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 計算値通りに推移すれば北陸以北日本海側で初雪、初積雪の可能性アリ。
 近畿付近でも六甲おろしの乗って雪雲が流れ込んでチラチラなんてことも??

 もちろん北日本では今季初の大雪モード。

 あくまで「現時点の」「計算値」ですけど、いきなりココから冬が始まるというのはチョット・・・

 ということで、今日はここまで。
 7月にブログを再開したものの雑な更新ばかりで・・・ごめんなさい。



 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): https://apps.ecmwf.int/webapps/opencharts

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 「可能な範囲」で返信いたします。

  ※当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています。
  ※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
  ※私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。



航海のための天気予報利用学バナー121212