・このブログは天気図アニメ等、PCに最適化されています。
 スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版サイトを見る」に設定願います。
・また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをすることも!?
 読みにくい、難しいと思われた方は飛ばし読みして理解できる図だけをご覧ください
(これがブログの良いところ)。それでも天気マークだけの天気予報よりずっと多くの情報が得られる・・・はず?
   


 実は2022年7月1日から、再びひっそりとブログを更新中。

 Twitterのツブヤキはストーリー性に欠けるので「ブログで再構成・補足してみよう」という趣旨。

 以前のように千日回峰行的に毎日更新するつもりはないのですが、どんなカタチで進化?あるいは退化?するのか・・・模索をしながら「そこそこ」続けてみたいと思っています(2022年7月12日記)




 自転車をこぎながら、気が付くとメガネとジャケットに霜が降りていました。

 では日課の北半球上空の気圧配置と冬の寒気の動向。
北半球アニメ221203

 今回の寒波の原因となる寒気(寒冷渦)が形成され始めた11月23日21時から昨日(2日)21時まで10日間の北半球上空の気圧配置と寒気の様子、そして直近の偏西風や上空の気圧の谷の様子をアニメ化。

 寒冷渦(低マーク)を中心に寒気を伴う上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)が波状的に日本付近を通過中。

 このため、上空の気圧の谷が通過するタイミングで冬型・降雪・低温が強まったり弱まったり!!

 アニメじゃせわしないので、アニメ最終画面(2日21時)を静止画で。
北半球最終画面221203

 北半球で最もデカい寒気塊が日本の北に停滞中。
 そしてアメーバのように複数の触手(上空の気圧の谷)を日本付近にのばしながらいつまで停滞??

 ・・・なんてイメージでご覧いただければ。

 ところで今回、寒波1回分の寒気の一生を1本のアニメにまとめようとしているのですけど、10日たってもまだ最盛期を過ぎようと?しているところ。

 このままだと長編アニメ化してしまって・・・「寒気の戸締り」ができません・・・orz





 さて、普通なら今日これからの空模様・・・ですけど・・・昨日 週末の空模様をチェックしてあって、極端な変化はありませんから・・・

 向こう一週間の気温傾向(平年差)の「予想がどのように変化しているのか?」。
 3日分の予想(計算値)を比較してみました。

週間気温グラフ推移221203
(図をクリックすると拡大します)

 昨日まで、「アップダウンあれども寒波は6日頃にいったん終了7日は昇温傾向」・・・という予想になっていましたけど・・・今朝発表された最新のデータは「この先昇温しても概ね平年並みで北海道に至っては平年より低い状態が継続」という予想に下方修正。

 寒波の主役が寒冷渦(寒気を運ぶ偏西風が大きく蛇行し、ついには流れから切り離された寒気の渦)の場合、ちょうどスローボールが打ちにくいのに似て計算値もブレやすいという傾向にあるのですけど、まさにそんな感じ。

 まだなんとも言えませんけど・・・

 12月前半は寒さがダラダラ続いて・・・ひょっとすると次の寒波にバトンタッチしてしまうかもしれないと心配していたりします。

 というわけで、今日はこれにて。

 ※実は(グラフに大きな変化がみられる)7日頃、久々に湘南葉山に行く予定が出来ました。
 外仕事なので天気や気温が気になるのですけど、低温傾向への下方修正の理由が「冬型の気圧配置が早めに強まる」ことにありそうなので、イヤ~な気持ちでデータを追いかけていたりします。



 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): https://apps.ecmwf.int/webapps/opencharts

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 「可能な範囲」で返信いたします。

  ※当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています。
  ※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
  ※私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。



航海のための天気予報利用学バナー121212