実は2022年7月1日から、再びひっそりとブログを更新中(再開というほどのモノではありません)。

 Twitterのツブヤキはストーリー性に欠けるので「ブログで再構成・補足してみよう」という趣旨。

 以前のように千日回峰行的に毎日更新するつもりはないのですが、ブログがどんなカタチで進化?あるいは退化?するのか・・・模索をしながら「そこそこ」続けてみたいと思っています(2022年7月12日記)

 ですから・・・休むこともあるでしょうし、超超超超簡易更新になることもあるでしょうし、殴り書き(ほとんどメモ)の場合もあるでしょうし・・・あまり期待しないでくださいね。(2023年1月31日記)(2024年元日も維持)





 「冷たい」体感は「気持ちいい!!」という感覚に連動し、「寒い」という体感は「サブっ!早く帰ろ」という感覚に連動。

 今日はこの空気の中を何時間でも走っていたいと思いました。

 で・・・日課の北半球。

 冬の寒気が北極から流出し始めた11/18から春2日目(3/2)まで106日間の北半球上空の気圧配置と2日の偏西風や雪の目安の寒気の様子をアニメ化しておきました。



 上空の気圧の尾根(偏西風北側蛇行域)の北極への貫入が強まり、北半球上空の寒気は極東と北米に分裂。

 現時点で北米の寒気が優勢ですけど・・・日本の北に寒冷渦が停滞。
 長期にわたり低温傾向をもたらしやすいカタチになっています。

 いずれにしても、北半球にはまだまだ「冬の寒気の在庫」がタップリ。

 そんな在庫が日本の北の寒冷渦(倉庫)に搬入され、上空の気圧の谷(軽トラック)に乗せられ小分けになって日本付近へ。

 そして(小包)寒気が日本に配達されるたびに雪が降ったり低温になったり。

 暖冬と言っても偏西風の蛇行次第で状況が激変するんですよね・・・

 続いて・・・アニメじゃせわしないので最終画面を静止画で。

北半球直近240303

 詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 北太平洋に上空の気圧の尾根が停滞しシベリアから極東に流出した寒気をブロック。

 このため北極から流出し放射冷却のシベリアで熟成した寒気が日本の北に滞留。
 寒時計回りの風車のように上空の気圧の谷(偏西風南側蛇行域)に乗って短周期で日本付近に南下するという寒波特有のパターン。

 ただ・・・寒気を伴う上空の気圧の谷(偏西風南側蛇行域)が通過する間隔や周期、深さ、南側の暖かい空気を運ぶ偏西風の蛇行との足並み(位相)の揃い方によって、寒気南下傾向とはいえ一時的に(気圧の谷が通過して暖気が北上することで)気温が上昇することもあったりします。

 だから・・・短期予報や週間予報の気温数字のアップダウンや日本付近だけのGPVアニメを見ているだけでは、気温変化の全体像を見落としてしまうことに。

 寒気(木?)観察は木を見て森を見ないことのないようにしないといけない・・・というのがKasayanの失敗に基づいた持論だったりして・・・





 それでは、ここから未来の空模様。

 今日も、向こう一週間の気温傾向(平年差)の最新データ。

週間気温グラフ240303
(図をクリックすると拡大します)

 このグラフを見て「寒気の南下は長続きしません」とコメントするか?「寒さが緩むのも一時的」とコメントするか?あなたならどちら???

 ちなみに一昨日までの(Kasayanが見た限りですけど)TVの気象解説のコメントは前者ばかり。

 まさに木を見て森を見ないコメントですよね??

 なんて無駄話はこのくらいにして・・・

 5日頃、南岸低気圧の通過に伴い(北海道を除いて)一時的な気温上昇が予想されているけれど全体としては低温傾向が継続。

 また上空約1500mでは一時的に昇温しても、寒い北日本に近い関東甲信の地上付近では北風の強さ次第で気温上昇が鈍くなり(山沿い中心?)降雪になることも考えられる状況です。

 とはいえこんなグラフとコメントだけではイメージしにくいでしょうから・・・

 11時発表の週間予報作成用の専門天気図に雪雲を発達させる冬の寒気を運ぶ偏西風や降るモノが雪になる下層寒気の様子など落書きしておきました。

週間高層天気図240303
(図をクリックすると拡大します)

 結局 日本の北に寒冷渦が居座って、5日前後に一時的な寒気の北上があっても季節を分ける前線ははるか南・・全体としては寒気南下傾向。

 日本付近には寒波がやってきている・・・というイメージですよね?

 ということで・・・今日はこれから善光寺の納骨堂で1月に亡くなった叔父の納骨。

 この齢になると白いネクタイより黒いネクタイをする機会のほうが多くてナンですね。
 (自分が白装束を着る日はまだずっと先・・・だと思いたい)





 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): https://apps.ecmwf.int/webapps/opencharts

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 「可能な範囲」で返信いたします。

  ※当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています。
  ※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
  ※私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。



航海のための天気予報利用学バナー121212