実は2022年7月1日から、再びひっそりとブログを更新中(再開というほどのモノではありません)。

 Twitterのツブヤキはストーリー性に欠けるので「ブログで再構成・補足してみよう」という趣旨。

 以前のように千日回峰行的に毎日更新するつもりはないのですが、ブログがどんなカタチで進化?あるいは退化?するのか・・・模索をしながら「そこそこ」続けてみたいと思っています(2022年7月12日記)

 ですから・・・休むこともあるでしょうし、超超超超簡易更新になることもあるでしょうし、殴り書き(ほとんどメモ)の場合もあるでしょうし・・・あまり期待しないでくださいね。(2023年1月31日記)(2024年元日も維持)



 今朝も野暮用で少々バタバタ気味。

 おまけに雨ということで、今日も日課のプチサイクリングはお休みに。

 で・・・そんな雨・・・朝っぱらから激しい雨の地域もあるようなので・・・

 例によって昨日(23日)5時から今日(24日)5時まで24時間のレーダー画像と5時の空模様の概要(性質の異なる偏西風の位置や蛇行、暖湿気=雨の原料の流れ等)をアニメ化しておきました。



 昨日の計算値通り「西から下り坂」は①関東中心の北東風によるにわか雨、②先行する上空の気圧の谷による雨、③後行の上空の気圧の谷による比較的活発な雨という3ステップで進行中。

 さらに・・・最後は朝鮮半島に南下してきた寒冷渦による不安定な大気の影響という4ステップめがありそうです。

 続いて、アニメじゃせわしないので最終画面を静止画で。

レーダー直近240424
(図をクリックすると拡大します)

 詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 そんな雨の降り方を地上の気圧配置をベースに理由付けしてみると・・・

 南西諸島から紀伊半島付近の低気圧にかけてが(少し早い)梅雨前線による雨。
 九州北部から北陸にかけては日本海の低気圧が梅雨前線の暖湿気を吸い上げたことによる雨。

 さらに下り坂の総仕上げは、寒冷渦による不安定な大気による雨。
 九州北部にかかり始めた潜在的前線通過時の通過時は落雷や突風などの激しい現象も想定に入れておいた方がよいかも?





 ということで、ここから未来の空模様。

 昨日に引き続き、先にチェックした今朝05時の実況を踏まえて・・・

 気象庁が普通の天気予報(短期予報・週間予報)の作成に用いているGSMモデルを使って今日(24日)21時の空模様を、空模様の骨格(偏西風の蛇行や上空寒気等)と対応させてザックリとまとめてみました。

GSM24日21時240424
(図をクリックすると拡大します)

 こちらも詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 北の主役は寒冷渦直下の低気圧。
 南の主役は梅雨前線上の低気圧。

 これを二つ玉低気圧として捉え、荒天のパターンとして解説する方法もあるにはあるけど、少々手抜き?(「冬型の気圧配置」のように)パターンに頼り切った解説だと思います(二つの低気圧に挟まれるにしても、空模様の骨格が大きく異なる場合があって、視聴者にアヤシイ固定感を与えてしまうことを心配するからです)。

 で・・・降るモノに関して流れで考えると・・・南岸にせまる梅雨?前線上の低気圧に南海上の暖湿気が吸い上げられ・・さらに日本海の寒冷渦直下で発達した低気圧が前線北側に流出した暖湿気を北日本へと吸い上げ・・上空の寒冷渦とどの程度コラボ?

 暖湿気の強さや集中の程度によって南岸では降り方や荒れ方が異なり・・・
 寒冷渦(上空寒気)とのコラボの程度によって日本海側の荒れ方が異なることが想定されます。

 また当然のことですけど、南の前線の活発な降水帯が南西諸島や伊豆諸島の島々に命中するか?しないか?、そして命中したとしてどの程度停滞するか?が悩ましいところ。

 強風や高波にしても、等圧線が混雑している地域が中心になることはもちろん、沖から強風が吹き込む地域は?風が吹き抜けやすい盆地や谷、風下側の平野部などサジ加減も考慮する必要があります。


 ・・・そんな考慮・・・予報を作成するのではなく、予報を腑に落とすために(最寄りの地域限定で)行ってみてください。


 というわけで、今日はここでチカラ尽きました。





 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): https://apps.ecmwf.int/webapps/opencharts

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 「可能な範囲」で返信いたします。

  ※当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています。
  ※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
  ※私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。



航海のための天気予報利用学バナー121212