南岸低気圧による大雪や大雨の様子・・・最新の情報を早く知りたいという方もいらっしゃると考えて、今日は作図した図だけを先出しでアップ・・・コメントは後から書き加えるというカタチをとりました。

 関東では横殴りの雪による大雪が、横殴りの大雨に変化しているようですが、Kasayanの住む長野市大粒の雪が降り続いている状態。

菅平140215

 積雪も09時現在、54センチを記録しています。
 南岸低気圧でこれだけ積もるということはかなり珍しいことです。

 各地の最新の雪の様子気象庁のHPで確認していただくとして・・・・

 気象レーダー: http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
 アメダス積雪深: http://www.jma.go.jp/jp/amedas/207.html?elementCode=4

 どこで雪になっていて、どこから雨に変わったのか?については・・・気象庁のHPではちょっと分かりにくいので・・・

ウェザーリポート140215

 ウェザーニューズ社のウェザーリポートの使用をお勧めしておきます。
 視聴者からのレポートとはいえ、レポート数が多く、これまでレーダーやアメダス等と照らし合わせつつKasayanがチェックしてきた限り、かなり信頼がおけると断言できます。

 8時現在雨雪の境目が関東平野を北西進しているようです。

 WNI社 ウェザーリポート: http://weathernews.jp/report/#//c=40


 さて・・・南岸低気圧の今後の影響ですが・・・
 まずは予報のスタートライン・・・今朝の実況からチェックしていきましょう。

実況140215

 関東では雪が雨に変わったとはいえ、午前3時現在南岸低気圧の位置は東海沖
 これから関東に最接近・・・上陸することになります。

 もっとも、低気圧の雨・雪雲は北側が中心
 低気圧の南東側から流れ込む太平洋の暖(湿)気によって、関東平野では千葉県方面から雨に変わってきたという段階です。

 衛星の水蒸気画像を見ると・・・低気圧の南東側から水蒸気=雨・雪の原料が流れ込んでいることがわかりますが・・・
 西に目を転じると、九州方面を悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を持った上空の気圧の谷が東進中
 今後も低気圧や雨・雪雲が発達する可能性がありますから、まだまだ気を緩めるわけにはいきません。


 それではこれからの空模様・・・
 まずは明日夜までの気圧配置の変化との関係を、大ざっぱに把握しておきましょう。

予想図アニメ140215
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 今夜になっても、南岸低気圧は茨城県~福島県付近をノロノロと進む模様。
 影響が長きそうですが、低気圧の北側で雨・雪雲が活発になっていますから・・・北日本太平洋側で風雪が強まる一方、東海~関東では、強風や高波は残るものの、雨や雪は回復に向かうと思われます。

 ただ、低気圧が北東進するとともに西から西高東低 冬型の気圧配置になってきますから・・・山陰や北陸では南岸低気圧の直接の影響から冬型の影響を受け始め、雪や雨が続いてしまうことが考えられます。


 ということで、こんな空模様の変化を、専門の天気図で詳しくチェックしていきましょう。

500図140215

 まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置ですが・・・南岸低気圧を東海沖まで運び、悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を与えて発達させたのが西日本上空の気圧の谷
 ここにきて、昨日までの計算値通り、偏西風の蛇行の強まりによって流れから切り離され(カットオフして)、寒冷渦(寒気を伴う上空の低気圧)に変化することが計算されています。

 いわば悪天パワーの親分?になるわけですが・・・上空の気圧の谷が渦になって流れから切り離されたので、東進の速度を落とすことになって・・・今夜にかけてノロノロと関東上空にやってくることがわかります。

 このため地上では・・・下段の図・・・南岸低気圧の動きもノロノロになって・・・寒冷渦直下に取り込まれることで発達のピークを迎え、等圧線の混雑域=強風域が拡大してくることが予想されています。
 また、今夜にかけても引き続き低気圧の降水域は北側中心ですけど、東北や北陸には活発な降水(雪)域がかかり続けることになります。

 今日もまだまだ大雨・大雪・強風・高波に要注意ということになりそうですが・・・
 続いて、今回の大雪をもたらした寒気の様子にも目を通しておきましょう。

500気温140215

 上段の図・・・空模様の骨格と同じ上空約5500mの気温分布ですが・・・冬型の気圧配置の際、日本海側の雪雲を活発化させる強い寒気が、寒冷渦の東進とともに日本海を東に進むようですが、今日いっぱい日本には上陸しない模様。
 このため、日本海でいわゆる筋状の雪雲が活発化するような状況にはなりませんが・・・

 下段の図・・・地上付近では、寒冷渦付近を中心に、雨を雪に変えるような強い寒気が西から南下していることがわかります。
 このため、西高東低 冬型の降水が予想される北陸付近を中心に雪が活発化してくることが予想されます。

 なお、-6℃ラインの様子をよ~く見ると、午前中、東北方面に北東方向からクサビ状に寒気が南下していることがわかります。

 今日の未明まではこのクサビ状の寒気が関東方面まで南下していたので、首都圏でも大雪になったわけですが、低気圧の北上に伴って、低気圧の南東側から暖気が流れ込んで雨に変化し始めている状態。
 そんな様子・・・図からイメージできますでしょうか?


 では、低気圧の南東側から流れ込み、大雪に続く大雨をもたらしている暖気・・・
 太平洋生まれなので水蒸気をタップリ含んでいて・・・これが地上の寒気の上に滑り上がり雨・雪雲を活発化させているわけですが・・・

相当温位140215

 そんな様子を気温に水蒸気の様子も加味した相当温位図という天気図でチェックしてみると・・・

 低気圧の南東側からロートで水を流し込むように、暖かく湿った空気(暖湿気=雨・雪の原料)が南岸低気圧の南東側から流れ込み続けることがわかります。

 また、大陸から南下してくる寒気との活発なせめぎ合いが続いて、等相当温位線(実線)が低気圧付近で大混雑し続けることも読み取れます。

 したがって・・・今後も低気圧の東側を中心に、暖湿気が地上付近の空気の上を滑り上がり・・・・活発な上昇気流が続いて・・・発達した雨・雪雲が発生し続け・・・大雨や大雪が続いてしまうことが予想されます。

 また暖湿気がグイグイと流れ込んでくるため、低気圧付近では大気の状態が不安定に。

SSI140215

 SSIという大気の安定度の指数を見ると、やはり低気圧の東側中心に大気の状態が不安定
 このエリアでは落雷や突風、条件次第では竜巻にも注意をしなくてはなりません。


 ということで・・・最後は、以上のチェックポイントを確認しつつ、解像度の高いMSMモデル(シミュレーション)で、今日~明朝の空模様を具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ140215
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 寒気と暖気のせめぎ合いが風の収束線として顕在化して・・・ライン状の活発な降水エリアを形成していることがわかります。

 これに地形の影響が加わって・・・一言で大荒れの天気といっても複雑な空模様を作り出すことになります。

中部流線アニメ140215
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 中部地方を拡大しておきましたけど、収束線が雨・雪を分ける線とも対応し、複雑な空模様はさらに複雑に・・・・

 Kasayanの住む長野県・・・南から回復に向かうようですが、長野市は・・・冬型の気圧配置の影響にバトンタッチして雪が長引いてしまいそうです。
 今日は引きこもりのKasayanかも?

 なお、気象庁と長野地方気象台から発表された全般気象情報(原本にリンク)と、長野県気象情報(原本にリンク)を掲載しておきますので、今後予想される降雪の様子や風・波の様子・・・量的な部分に目を通しておいてくださいね。

気象情報140215

     府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
     府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
       気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
      (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

      府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
     府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
      (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

     専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
                 http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2

 【オマケ】
 昨夜21時の北半球の上空の寒気の様子、まとめておきました。

北半球寒気140215


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。

航海のための天気予報利用学バナー121212

(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)

江差エンドタイトル

検索ワード