このブログはPCに最適化されています。
スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版を表示」するよう設定願います。

 また、このブログでは専門の天気図を多用していますが、難しいと思われた方は飛ばし読みして、理解できる図だけをお読みください(これがブログの良いところ)。
 普通の天気マークの天気予報だけをチェックするより、ずっと多くの情報が得られる・・・はず??

 当ブログで使用している専門の天気図の色塗り後の原図を、記事末尾に掲載してあります。
 記事末尾の図をクリックしても、記事中に掲載してある書き込みのある図をクリックしても原図が拡大します。
 興味のある方はご覧ください。










 厳しい「寒の戻り」が続いているので・・・
 北半球上空の寒気の様子・・・気になったのでチェックしておきました。

北半球上空の寒気150409

 現在、日本の真北に、北半球で最も強い寒気が南下中
 サハリンなどは-42℃以下の真冬の上空寒気が南下しているようですから、厳しい「寒の戻り」も当然です。

 この寒気・・・大陸にまだ余力を残しているようですけど・・・
 寒気の後ろ側には、これといって強い寒気は見られませんから、まもなく寒の戻りも解消すると思われます。

 ただ、気象庁が普通の天気予報(短期予報・週間予報)の作成に用いているGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を見ると・・・現在、ヨーロッパ方面に南下している弱い寒気が次第に強まりながら、17日前後に日本付近へとやってくることが予想されています。

 さすがに今回の寒気ほど強くはなさそうですけど、そこそこの「寒の戻り」になるかもしれません。
 計算値はまだまだ不明確ですけど・・・農業関係の方などは遅霜へアンテナを立てておいてくださいね。


 さて、ここからは今日の空模様

菅平150409

 今朝の長野市は、上空に薄い雲がかかっているものの、ほぼ晴天

 最低気温0.5℃(05時02分)
 日射しがあるのでホッとした気持ちになるのですが・・・風がやや強く、肌寒さを感じます。

 そんな今朝の実況・・・

実況150409

 日本の北に帯状の高気圧が張り出してきて、太平洋沿岸の前線はゆっくりと南下中
 このため、太平洋側の地域にも晴れ間が広がってきているようですが・・・
 北海道西岸西日本の太平洋沖に、弱い雨雲や雪雲が観測されていることがわかります。

 北海道西岸の雪雲は、高気圧後ろ側の弱い気圧の谷に吹き込む南西風の収束と、冬の寒気に伴って発生し・・・
 西日本太平洋側の雨雲は、前線北側に広がる雲が、北東風の収束によって活発化したものと思われます。

 で・・・これらの雪雲・雨雲・・・
 衛星の水蒸気画像を見ると・・・悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を持った上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)が北海道の東海上に抜けていますから・・・北海道の雪雲は解消へ。
 また、上空の浅い気圧の谷紀伊半島沖を東進していますから、西日本太平洋側の雨雲も、直ちに活発化するということはなさそうです。

 ということは・・・今日は全国的に天気回復??

 まずは普通の天気図を使って、明日夜にかけての気圧配置の変化と空模様の関係を、大ざっぱに把握しておきましょう。

予想図アニメ150409
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 東日本付近では、今夜にかけて前線が南下する模様。
 北の高気圧の晴天域が拡大してくると思われますが・・・・

 西日本方面では、今夜にかけて前線が北上
 今夜には九州南岸に低気圧まで発生することが予想されています。

 そして明日・・・西日本沖の前線上を低気圧が北東の進む模様。
 今夜以降、西から下り坂に向い・・・明日は東日本でも雨が降り出すことになりそうですが・・・


 今日の空模様・・・専門の天気図を使って、詳しくチェックしていきましょう。

500図150409
(図をクリックすると色塗りした原図が拡大します)

 まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置ですが・・・北海道付近では、上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)が東海上に抜けた後、一時的に上空の極めて浅い気圧の谷が通過する程度
(サハリン付近では、好天パワー(地上の高気圧や晴天域を強めるチカラ)を持った上空の浅い気圧の尾根(偏西風の北側への蛇行域)が通過)。
 日中はほぼ好天ベースの空模様続くと思われます。

 また、東日本付近は偏西風がほぼ東西に素直に流れていて、上空の気圧の谷は通過する気配はなく・・・
 西日本の太平洋側も、日中はこれといった上空の気圧の谷は通過しない模様。

 このため地上では・・・下段の図・・・前線の降水域も弱まり帯状の高気圧に覆われる北日本中心に晴天域が広がるようですが・・・

 再び上段の図・・・今夜にかけて大陸東岸に(実況ではわかりにくかった)上空の気圧の谷が南下し、これに先行する上空の浅い気圧の谷(細い赤の点線)が、東シナ海方面へと進んでくることがわかります。

 このため九州南岸には・・・下段の図・・・今夜にかけて低気圧が発生
 前線の降水域が活発化しながら北上し、九州南岸や四国南岸にかかり始めることが予想されています。

 どうやら今夜、西から下り坂・・・の・・・坂のてっぺんに立ってしまうようですけど・・・

 そんな下り坂の・・・雨の原料になる暖かく湿った空気(暖湿気)の様子もチェックしておきましょう。

相当温位150409
(図をクリックすると色塗りした原図が拡大します)

 太平洋沿岸では、太平洋の暖かく湿った空気(暖湿気)と、大陸の冷たく乾燥した空気せめぎあっていて・・・
 等相当温位線(実線:暖湿気の濃さ?の程度)が非常に混雑していることがわかります。

 この混雑域が、前線(黄色の点線)北側に広がる雲のエリアと対応
 そして今朝の段階では、大陸の冷たく乾燥した空気が優勢なので、全国的に”寒の戻り”が続いているわけですけど・・・

 今夜西日本から暖かく湿った空気が優勢になり始め・・・九州南岸の低気圧には、強い暖湿気まで流れ込むことが予想されています。

 先にチェックした降水域は、九州南岸や四国太平洋岸にかかっていましたけど・・・強い暖湿気が流れ込む南西諸島や九州南岸では、大気の状態が不安定になって、早めに雨が活発化
 近畿や東海付近でも上空に雲が広がり始め、早めに下り坂の気配がし始めるかもしれません。


 続いて、”寒の戻り”をもたらしている上空の寒気の様子にも目を通しておきましょう。

500気温150409
(図をクリックすると色塗りした原図が拡大します)
 
 こちらも上段の図から・・・空模様の骨格と同じ上空約5500mの気温分布ですが・・・-30℃以下の冬の上空寒気が、今夜にかけて北海道にコンスタントに流入
 -18℃以下の寒気も東日本太平洋側まで南下したままで、上空の”寒の戻り”は、少なくとも今日いっぱい解消しないようです。

 また地上付近(地形の影響を受けにくい上空約1500m)でも・・・下段の図・・・低気圧が発生し暖湿気が流れ込み始める西日本も含めて、それほど気温は上がらない模様。
 0℃以下の晩冬の寒気は、今夜にかけても関東北部付近まで流れ込み続けることが予想されています。

 ということは・・・”寒の戻り”が続いてしまうという感じもしますけど・・・
 この時期に晴れ間が広がれば、春の日射しが降り注ぎますから気温が上昇
 日中は、平年並のホッコリとした暖かさになって・・・夕方以降は肌寒く・・・というこの時期ならではの寒暖差の大きな気温変化になりそうです。
 (本格的に気温が上昇してくるのは、低気圧が南岸を北東進する明日)

漫画150409
(図をクリックすると色塗りした原図が拡大します)

 なお、今日もご紹介した図から専門の天気図だけを取り除いて、簡単な模式図にしておきました。


 それでは最後・・・以上のチェックポイントを確認しつつ、解像度の高いMSMモデル(スパコンのシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を、具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ150409
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)
 
 紫色は下層雲。

 必要なことはアニメ中に書き込んでおきましたが・・・
 西日本の下り坂・・・太平洋側ではちょっと早め・・・という感じがしますよね?

 まあ・・・日中のホッコリとした晴天・・・有効に使いたいところです。

     府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
     府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
       気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
      (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

      府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
     府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
      (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

     専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
                 http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
 
  拡大500図150409拡大500気温150409拡大相当温位150409拡大漫画150409
(専門の天気図の原図です。クリックで拡大)

 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。






(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)

航海のための天気予報利用学バナー121212

江差エンドタイトル

検索ワード