このブログはPCに最適化されています。
スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版を表示」するよう設定願います。

 また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをしていますが、難しいと思われた方は飛ばし読みして、理解できる図だけをお読みください(これがブログの良いところ)。
 それでも、普通の天気マークの天気予報だけをチェックするより、ずっと多くの情報が得られる・・・はず??










 台風12号の予想進路は、九州の西側を北上することでかなり安定傾向・・・・

台風進路図比較150724
予想進路図は生モノ。最新のデータを以下のURLで確認してください

  気象庁予想進路図: http://www.jma.go.jp/jp/typh/
  米軍(JTWC)予想進路図: http://www.nrlmry.navy.mil/tc-bin/tc_home2.cgi?YEAR=2015&MO
  Joint Typhoon Warning Center(接続不安定): http://www.usno.navy.mil/JTWC/

 もちろん、九州西岸の海は荒れ模様になりますし・・・予報円の最も東側を進めば、九州方面への影響は大きくなるわけですけど、直撃をした台風11号ほどの影響はなさそう・・・

 ただ、台風が近くを通過すれば、いわゆる間接的な影響というものは考えられます。
 では、台風12号によって、どのような間接的な影響があるのか?
 気象庁が普通の天気予報(短期予報・週間予報)の作成に用いているGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーションを使って、明日から6日間の空模様を、ザックリとチェックしておきましょう。

GSM6コマ150724

 台風12号の間接的な影響は・・・雨というより暑さ・・・

 台風12号が九州の西を北上するのに伴って太平洋高気圧が北に張り出し・・・北日本にかかっている潜在的な梅雨前線の降水域を北に押上げ・・・西~東日本中心に、夏空が拡大します。

 そして・・・太平洋高気圧の上空からはドライヤーのように熱風が吹き降り、強い日射しと相まって猛暑日エリアも拡大
 この週末は、厳しい暑さ・・・という間接的な影響がありそうです。

 その後・・・台風12号弱まりながら日本海を東進
 最新のGSMモデル通りに推移すれば、29日(水)頃に東北方面を通過することが予想されています。
 そうなると・・・今度は、台風12号(あるいは弱まって熱帯低気圧?)に向って暖かく湿った空気(暖湿気)が流れ込むことになり・・・猛暑と相まって大気の状態が不安定に
 来週半ば頃は、東日本を中心にゲリラ雷雨の発生が予想されています。

 これも台風12号の間接的な影響???
 (GSMモデルは台風の予想進路図と照らし合わせ安全マージンを考えて利用してくださいね)

 ということで・・・目先、明日からの週末にも影響がありそうな猛暑の様子・・・地形の影響を受けにくい上空約1500m(850hPa)の気温分布を使ってアニメにしておきました。

暖気アニメ150724

 黄色の20℃エリアは、強い日射しと相まって猛暑日をもたらすチカラのある暖気

 この週末、太平洋高気圧の張り出しとともに、西~東日本に拡大し、明日土曜日から月曜日にかけて居座り・・・関東甲信の内陸部では25℃以上のオレンジ色のエリアが予想されていることがわかります。
 少々ウンザリしてしまう計算値ですよね?

 で・・・この猛暑いつまで???

週間気温グラフ150724

 向こう一週間の気温傾向(平年差)のグラフですが・・・東日本を中心平年を上回る日が28日(火)頃まで続く模様。
 この週末・・・台風12号の間接的な影響は猛暑という災害??になりそうです。


 なお、他国のモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を見ると・・・

13号モデル比較150724

  アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
  ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue
 
 昨日に引続き、8月初旬・・・台風13号??と思われる同心円が、はるか南の海上に予想されています。

 この同心円?の影響が雨になるのか?風になるのか?それとも猛暑という間接的な影響になるのか?
 8月に入っても、まだまだコマメなチェックが必要になりそうです。


 では、ここから今日の空模様・・・

菅平150724

 Kasayanの住む長野市は・・・今朝も低い雲に覆われていて・・・時々霧雨
 最低気温は22.7℃(05時22分)ですが、ムワッとした不快な空気に包まれています。

 そんな今朝の実況ですが・・・

実況150724

 台風12号が沖縄方面に北西進するのに伴って、台風の間接的な影響として・・・太平洋高気圧が西日本方面に張り出し中

 暖かく湿った空気(暖湿気=雨の原料)の通り道が、東シナ海~朝鮮半島~日本海~北陸東部・東北南部にできていて・・・暖湿気が流れ込んでいる北陸東部~東北南部にかけて(潜在的な梅雨前線の)雨雲が観測されていることがわかります。

 昨日の記事に掲載した気象庁発表のGSMモデル通りに空模様は推移しているようですから・・・
 このまま台風が北西に進むと、さらに太平洋高気圧が北に張り出し・・・暖湿気の通り道も北上して、(潜在的な梅雨前線の)雨雲も北へ北へと北上していくと思われますが・・・

 これからの空模様・・・こちらもGSMモデルを使って、詳しくチェックしていきましょう。

GSM24日150724

 まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置ですが・・・台風12号の北西進に伴って、上空の太平洋高気圧(サブハイなんて言われています)はさらに活発化
 西日本方面への張り出しが継続するとともに、四国~東海にかけて、さらに背の高い(強い)上空の太平洋高気圧に覆われてくることがわかります。

 このため・・・上空に寒気を運ぶとともに、北上してきた台風を北東に押し流す役割を果たす偏西風の強風帯(水色の矢印)は、東北北部から北海道付近まで北上
 台風12号は、まだまだ上空の太平洋高気圧西側縁辺の弱い南寄りの風に乗ってノロノロと北上することになりそうです。

 で・・・このような空模様の骨格に対応して、地上では・・・下段の図・・・地上の太平洋高気圧西~東日本方面に張り出してくることに。
 西~東日本では、週末にかけてギラギラの夏空が拡大し、上空から吹き降りる熱風によって厳しい暑さになるわけですが・・・

 太平洋高気圧縁辺の(暖湿気=雨の原料を運ぶ)南西風エリアも日本海を北上
 北陸付近に停滞する潜在的な梅雨前線の降水帯を、今夜にかけて東北北部まで押上げることが予想されています。

 いよいよ台風12号の間接的な影響・・・猛暑という一種の災害がはじまるわけですけど・・・
 今日の雨の原料になるとともに、ムワッとした不快な空気をもたらす暖かく湿った空気(暖湿気=雨の原料)の流れ込みの様子にも目を通しておきましょう。

相当温位150724

 台風12号の東側に流れ込む暖湿気(青エリア:雨の原料)・・・東日本の太平洋側に一部流れ込んでいますが・・・

 現在、日本付近に雨をもたらしているのは、モンスーンのインド洋から大陸を経て流れ込んでいる暖湿気
 午前中は朝鮮半島を経て北陸~東北南部に流れ込むようですが・・・
 台風12号の北西進に伴い、東北北部へと北上

 代わって、台風北西側の下降気流エリア・・・乾燥熱風吹き下ろしエリア西日本方面に拡大してくることが予想されています。

 北日本は雨模様・・・西日本は、台風12号の間接的な影響=猛暑がはじまるわけですが・・・
 北日本に北上する暖湿気の通り道では・・・北海道付近に流れ込む大陸の冷涼乾燥空気とぶつかるエリア・・・潜在的な梅雨前線が活発化して、雨が強まるだけでなく、大気の状態が不安定になることが予想されます。

SSI150724

 SSIという大気の安定度の指数を見ても、東北北部の潜在的な梅雨前線帯を中心に大気の状態が不安定に。

 この季節・・・西にばかり目が向きがちですが、北でも大雨の恐れ・・・加えて、落雷や突風、降雹への注意が必要になります。


 ということで・・・最後は以上のチェックポイントを確認しつつ、解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を、具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ150724
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 紫色は下層雲。

 沖縄方面では今夜にも台風12号の直接の影響が始まり・・・・

 西~東日本では・・・台風12号の間接的な影響・・・猛暑が始まり・・・

 北日本では、太平洋高気圧が勢力を強め、潜在的な梅雨前線の降水帯が活発化・北上するという間接的な影響のさらに間接的な影響?を受ける・・・・ということが読み取れます。

 玉突き式の台風12号の影響・・・それぞれ小さなモノであって欲しいですね。

     府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
     府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
       気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
      (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

      府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
     府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
      (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

     専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
                 http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2

 (台風の連続接近で、個別の予想に関するメールを多くいただきますが、ひとつひとつにお答えすることは様々な理由からできませんので、なにとぞご容赦ください。 ごめんなさい。また、励ましのメールも数多くいただきます。本当に感謝しておりますが、物理的にすべてのメールに返信できませんので、ブログの内容を充実 させることで返信に代えさせていただきたいと思います。ありがというございました。)

 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。

(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)

航海のための天気予報利用学バナー121212