このブログはPCに最適化されています。
スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版を表示」するよう設定願います。

 また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをしていますが、難しいと思われた方は飛ばし読みして、理解できる図だけをお読みください(これがブログの良いところ)。
 それでも、普通の天気マークの天気予報だけをチェックするより、ずっと多くの情報が得られる・・・はず??










 「今季最強!」「居座る寒波」などと呼ばれている今回の寒波がスタートしています。

 ただ、北海道では幕の内の取り組みが始まっているものの、西~東日本ではまだ幕下?の取り組み
 寒波はこれからが本番といったところ。

 今日は「居座る寒波」を追いかけるため、天気図解析と作図に時間がかかってしまったので、コメントは気象庁発表の短期予報解説資料(プロ用の資料)にお任せして、図中の書き込みをメインにお読みいただければ幸いです。

 1、寒波前半戦・・・14日(土)までの空模様

 連日お伝えしているように、今回の寒波のピーク14日(土)~15日(日)
 とりあえず、明後日14日(土)までの空模様を、通常の「今日の空模様」バージョンで詳しくチェックしておきました。

 (1)12日(木)の空模様・・・北陸以北中心の冬の嵐

 例によって、気象庁が普通の天気予報(短期予報・週間予報)の作成に用いているGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使ってまとめておきました。

GSM12日170112
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

注:作図上、下段の図の記載に誤りがありました。平地で雪の目安は-5℃以下、乾燥した積もりやすい雪の目安は-10℃です。大変失礼しました。

 上段の図は、地上の空模様の骨格といえる上空約5500mの気圧配置と気温の様子。
 下段の図は、普通の天気図の原図といえる地上の気圧配置と降水量、風の様子で、地上付近(地形の影響を受けにくい上空約1500m)の気温を描き込んであります。

 今回の寒波の主役・・・-40℃以下の寒気を伴う寒冷渦(寒気を運ぶ偏西風が大きく蛇行し、ついには流れから切り離された寒気の渦)はサハリン付近に停滞
 冬型の気圧配置の影響も北陸以北中心で・・・午後から若狭湾~東海に影響し始めるといったところ。

 東日本では、今日の午後からようやく十両の取り組みが始まるという感じですね。

 (2)13日(金)の空模様・・・北陸中心の活発な降雪。東海でも雪?

GSM13日170112
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 明日13日は、寒冷渦沿海州方面に南下
 これに伴い、北海道を通過していた-40℃以下の寒気を伴う(悪天パワー:地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラを持った)上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)が東北付近を通過することになります。
 また、これに押されるように-35℃以下の寒気を伴う上空の気圧の谷の通過域も北陸付近に南下

 このため北陸付近中心に降雪が活発化
 特にJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)と呼ばれる北風と西北西の風の収束線(黄色の点線)が停滞する北陸付近で局地的に降雪が強まり、積雪が急増すると思われます(立山連峰を登山している人が居たら非常に厳しい状態。雪洞内で長期間足止め?雪崩の危険性も極大)。

 いよいよ東日本でも幕の内の取り組みが始まる??

 (3)14日(土)の空模様・・・西日本でも大雪に?

GSM14日170112
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 いよいよ-40℃以下の強烈な寒気を伴った寒冷渦東北へと南下
 これに伴い、今日(13日)まで北海道付近に暴風雪をもたらしていた空模様の骨格(寒気や上空の気圧の谷など)が西~東日本にやって来ます。

 ということは、今日の北海道の空模様が東日本・・・場所によっては西日本で再現されるというイメージ。
 天気予報番組で大騒ぎされる理由を実感していただけると思います。
 (センター試験、本当に大変そうですよね?)

 (4)気象庁発表 「短期予報解説資料」の見解は?

 一連の空模様・・・とりあえずご紹介しましたけど・・・
 「流れ」で理解できるように、注釈を省いたアニメも作成しておきました。

GSMアニメ170112
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 週末にかけて寒波のピークを迎えるということがイメージできましたでしょうか?

 また、今日は気象庁がプロ向けに発表している短期予報解説資料を全文引用しておきました。

 今日の内容は比較的簡単ですから・・・
 黄色の文字でKasayanが注釈を書き込んでおきましたので、ここまでご紹介してきた図を参考に、気象庁のプロの視点を把握していただければ幸いです。

短期予報解説資料170112


 2、15日(日)~20日(金)の空模様・・・もう一回ピークが?

 目先の空模様はこれでイイとして・・・
 問題は「居座る寒波」、「長引く寒波」の行く末です。

 そこで、15日(日)~20日(金)まで、6日間の空模様もチェックしておきました。

 まずは、空模様の骨格・・・上空約5500mの気圧配置と気温の様子。

GSM500図6コマ170112
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 詳しくは図中の書き込みをお読みいただくとして・・・20日(金)頃、-40℃以下の寒気を伴う上空の気圧の谷が通過することが予想されていますから・・・
 仮にシミュレーション通りに推移すれば、来週後半にも、今回と同等程度の影響があっても不思議ではありません

 具体的な空模様をチェックしても・・・

GSM6コマ170112
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 そこそこの強さの冬型の気圧配置が続いた後、20日(金)頃、再び冬型の気圧配置が強まって、大雪の可能性が示唆されています。

 また、18日(水)頃には、南岸低気圧が通過する模様。
 -5℃以下の寒気が太平洋側まで南下し続ける中での南岸低気圧の通過ですから、降水域さえかかれば東海~関東でも降雪・積雪になることが考えられます。

 今回の寒波・・・北国だけでなく、西日本、そして関東でも要注意ですね。


 3、今日の空模様・・・番外編

 では最後・・・今日の空模様についてもう少し詳しく。

 (1)予報のスタートライン・・・今朝の実況

 まずは地上と上空の気圧配置と雪雲の様子

実況170112

 さらに寒波の全体像・・・北半球上空の寒気の様子(8日21時~11日21時)。
北半球上空の寒気アニメ170112
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)
 
 いよいよ寒波の本体がやってきた・・・という感じがしますよね?

 (2)気象庁MSMモデルで空模様を具体的にイメージ!

 今日これからの空模様は、すでにGSMモデルを使ってお伝えしていますけど・・・

 チェックポイントを確認しつつ、解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を、具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ170112
(スマホ版のブログではアニメが動きません。PC版に設定してご覧ください)

 紫色は下層雲。

 明日にかけてはJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)の北陸方面への影響が気になるところ
 さらに東海方面への雪雲の流れ込みと絡んで、若狭湾付近の西北西風の収束線との相互作用にも注意をしたいところです。

 なお、最後は気象庁発表「暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報」(「・・・と気象庁は注意を呼び掛けています」というニュース原稿のもとネタ)の防災事項を抜粋、引用しておきます。

気象情報170112

     府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
     府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
       気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
      (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

      府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
     府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
      (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

     専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
                 http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2


(4Kタイムラプス動画:長野市の雪の降り始め。北ア方面から雪雲流入)

 KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集):https://www.youtube.com/user/kasayangw

拡大GSM170112拡大GSM13日170112拡大GSM14日170112拡大GSM500図6コマ170112拡大GSM6コマ170112
(図をクリックすると注釈の書き込みのない図が拡大します)

 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。

(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)

航海のための天気予報利用学バナー121212