・このブログは天気図アニメ等、PCに最適化されています。
 スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版サイトを見る」に設定願います。
・また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをしています
 読みにくい、難しいと思われた方は飛ばし読みして理解できる図だけをご覧ください
(これがブログの良いところ)。それでも天気マークだけの天気予報よりずっと多くの情報が得られる・・・はず?
   


 昨日午後の野尻湖畔


(4Kタイムラプス撮影:野尻湖畔から西 黒姫山・妙高山上空の高積雲)

 観光シーズンが終わり、貸しボート屋も食堂も雪囲いをして冬眠状態。
 唯一ワカサギ釣りの店だけが忙しそうにしていました。

 日曜日だというのに歩く人もいない湖畔。
 黒姫山と妙高山上空を東に流れる高積雲や高層雲に、季節が少し逆戻りする兆候?を感じてタイムラプス撮影。

 湖畔一面を白一色にする本格的は雪はいつでしょうか?





1、向こう一週間の気温傾向(平年差)と、向こう一週間の空模様


 師走の平日がスタート!

 今日も北半球上空の寒気の棚卸?から始めたいと思います。


 (1)向こう一週間の気温傾向と、次の寒気までの空模様


 まずは向こう一週間の気温傾向(平年差)の最新データ。

週間気温グラフ191202

 昨日の計算値とほぼ同様、明日以降 概ね一週間は平年を下回る傾向。
 特に北日本では、明日から数日平年を大きく下回ることが予想されています。

 ただ、今週末からは予想のバラツキ(点線)がかなり大きめ。
 高温傾向、低温傾向、予想がどちらに落ち着くのか?少々気になるところです。

 では、この低温傾向をもたらす寒気の全体像を、北半球上空の気圧配置と寒気の実況天気図(30日21時~昨夜21時)を使って確認しておきましょう。
北半球上空の寒気アニメ191202

 昨日から毎日実況図の作図を始めたのですが、やはり北半球の寒気の全体像を把握するにはアニメ化が一番!
 北極海上空に蓄積されていた-42℃以下の寒気が、上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)として、「ドッ」とシベリアに流れ出したことがわかります。

 となると・・・明日以降この寒気が、「どこまで」「どんなカタチで」日本付近にやってくるのか?
 そして具体的な空模様はどうなるのか?・・・・が気になりますよね??
 (もちろん具体的な空模様や次の寒気の蓄積や流出も)。






 (2)向こう一週間の空模様や寒気の動向・・・週間予報資料から


 ということで、週間予報作成用の専門天気図を使って、明後日4日(水)から6日間の空模様をチェックしておきました。

週間天気図191202
(図をクリックすると拡大します)

 左側の図は、北半球上空の寒気アニメと同様、500hPa(上空約5500m)の気圧配置。
 ※Kasayanが偏西風強風帯や大雑把な寒気の様子、そしてGSMモデルによる空模様を加筆。
 右側の図は、地形の影響や日変化を受けにくい850hPa(上空約1500m)の気温分布。
 ※平地降雪 -6℃以下、高地降雪0℃以下のエリアをKasayanが着色。

 詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 12月8日(日)頃まで、大陸生まれの-30℃以下 冬の寒気を運ぶ偏西風強風帯(濃い水色の矢印)が、東西流のカタチで北日本に停滞。
 北日本中心に、断続的に上空寒気が流れ込み、平地降雪の目安=-6℃以下の寒気が周期的に北陸付近まで南下してくることがわかります。

 ということは・・・向こう一週間も低温傾向が続くのは、①「冬の寒気を運ぶ偏西風強風帯が北日本に南下するため」、そして②「偏西風強風帯が東西流となって冬の寒気をコンスタントに北日本に運び込むから」と言えそうです。

 そして、気象庁発表のGSMモデル(小さな天気図)を見る限り、向こう一週間、北日本中心の西高東低 冬型の気圧配置と北陸以北日本海側中心の降水(雪)が続く模様。

 まさに師走らしい空模様が続くと言えそうです。

 ただ・・・Kasayan的には、平地降雪の目安 上空約1500m -6℃以下の寒気の南下が東北止まり(一時的に北陸にも南下はしますけど)というのが気になるところ。

 大雪は困りますけど、降るべき時に降るべき場所に十分降らないというのも、スキーをはじめとする冬の生活はもちろん、農業用水の天然のダムが枯渇するという意味で困りもんです。

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/   


2、今日の空模様・・・全国的に荒れ模様!


 それでは今日の空模様


 (1)今朝の実況・・・予報のスタートライン


 今日も新潟県境 信濃町 野尻湖畔からのブログ更新。

野尻湖畔191202

 昨日から気温が上昇・・・木々の枝を白く染めていた雪が落ち、冬枯れの寂しい森に戻りました。

 最寄りの信濃町アメダスの最低気温は、昨日より9℃も高い4.7℃(00時47分)。
 午前9時には12.3℃という「超高温?」を記録しています。

 南寄りの風が強まり始め、森全体からかすかに「ゴ~ッ」という音。
 そんな今朝の実況ですが・・・

実況191202

 高温?の朝を迎えている理由は、日本海の低気圧に吹き込む南風が暖かく湿った空気(暖湿気)を運び込んでいるから。

 また、「ゴ~ッ」という音がするほど風が強まっているのは、日本海の低気圧が急速に発達しているからだと思われます。

 衛星の水蒸気画像を見ると、西から冬の寒気と悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を伴った上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)が接近中。

 まだまだ低気圧が発達・・・風が吹き荒れ、海がしけてくるとともに・・・
 暖かく湿った空気の流入もさらに活発化。

 大気の状態が非常に不安定になって、寒冷前線付近はもちろん前線の東側でも、風の収束性や山岳風上斜面など上昇気流が強まりやすい場所を中心に、激しい雷雨、竜巻等の突風、降雹などの発生が心配される状況です。

昨日20時から今日08時まで12時間のレーダー画像と08時の推計気象分布

全国レーダー08時まで191202

 ※太平洋沿岸中心に、すでに激しい雷雨になっている所があるようですね。







 (2)今日の空模様・・・気象庁発表のGSMモデル


 それでは、今日これからの空模様・・・

 気象庁発表のGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使ってポイントを詳しくチェックしておきましょう。

GSM02日191202
(図をクリックすると原本にリンクします)

 まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置。

 冒頭、北半球上空のアニメでチェックした-40℃以下の最も強い寒気と悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を伴う上空の気圧の谷(ピンクの点線:5400m偏西風の南側への蛇行域)がジワジワと北日本に接近。

 また先行する上空の気圧の谷(赤の点線:も、足並み(位相)を揃えて西~北日本を通過した後、東海上に抜ける模様。

 先行する上空の気圧の谷(赤)が、地上の気圧の谷を深めながら東海上に運び・・・
 後続の真冬の寒気を伴う上空の気圧の谷(ピンク)が冬型の気圧配置の骨格を完成させる・・・というイメージです。

 で、このような空模様の骨格に対応して地上では・・・下段の図・・・先行して日本海を北東進する上空の気圧の谷に対応して、低気圧も発達しながら日本海を北東進。
 また、低気圧から延びる寒冷前線も、太平洋岸を北東進する上空の気圧の谷に対応して活発化。

 暖かく湿った南西風が強まって大気の状態が不安定になり、実況から推測された激しい現象の発生が心配されます。

 また、低気圧や前線が東海上に抜ける夜は、北寄りの風が強まるとともに雪を降らせる地上付近(上空約1500m)の寒気が急速に南下。

 北海道より先に平地降雪の目安=-6℃以下の寒気が上陸する西日本・・・
 地上気温2℃以下を目安に初雪の便りが届くかもしれません。

相当温位191202
(図をクリックすると原本にリンクします)
 
 これは上空約1500mの気温に水蒸気の様子を加味した相当温位図という特殊な天気図。

 低気圧や寒冷前線の東側にこの時期としては強い暖湿気が流入。
 上空の寒気の南下とコラボして、大気の状態が非常に不安定になることがイメージできます。






 (3)気象庁MSMモデルで空模様を具体的にイメージ


 それではGSMモデルで確認したチェックポイントを確認しつつ・・・

 解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ191202

 紫色は下層雲。

 こちらも詳細はアニメ中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 今日は夕方まで寒冷前線や低気圧周辺の雨の降り方、竜巻等の激しい現象の発生に要注意。
 また、きわめて局地的になると思いますけど、降雹も心配される状況です。

 そして明朝・・・ここ数日トーンダウン気味でしたが、ここにきて西日本への寒気の南下が強烈に!
 -6℃線が瀬戸内まで南下する早朝、「最低気温が2℃を下回るタイミングがあれば」で西日本の各地から初雪の便りがあるかもしれません。

短期予報解説資料191202

 これは気象庁が今朝発表した短期予報解説資料(プロ用の資料)から防災関連事項を抜粋したもの。

 台風19号の復旧を急いでいる地域に、この時期これだけの雨が降るのは辛いですよね。



 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。

(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)




航海のための天気予報利用学バナー121212