・このブログは天気図アニメ等、PCに最適化されています。
 スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版サイトを見る」に設定願います。
・また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをしています
 読みにくい、難しいと思われた方は飛ばし読みして理解できる図だけをご覧ください
(これがブログの良いところ)。それでも天気マークだけの天気予報よりずっと多くの情報が得られる・・・はず?
   


野尻湖雪前後7日9日200110
(写真をクリックすると拡大します)

 これ、7日(火)と昨日9日(木)の野尻湖畔

 同じ場所で撮影しているのですが、たった2日間でせっかくの雪景色が晩秋?春先?の景色になってしまいました。

 いまにもフキノトウが出てきそう・・・

 春の山菜はもちろん農作物や生態系にも影響するんじゃないか?と心配になりました。

 そこで・・・今後の寒気、明日からの3連休の天気などあれこれチェックしていたらブログを書く時間が無くなってしまいました・・・ごめんなさい。

 コメントは超少なめ・・・図中の書き込みは、予報をチェックする際に気配りしたほうがいいかな?ということを意識してみました。





1、北半球上空の寒気と、向こう一週間の気温傾向



 (1)北半球上空の気圧配置と寒気の動向・・・過去7日間


 今日も北半球上空の気圧配置と寒気の実況天気図(昨夜21時まで7日間)のアニメから。
北半球アニメ200110

 ユーラシア大陸上、-30℃以下の冬の寒気を運ぶ偏西風の本流は大きく北上したまま。

 日本の西には-30℃前後の弱い寒気を運ぶ支流(南への蛇行域)がありますけど、この寒気だけでは暖冬傾向を解消するには「焼け石に水」でしょう。

 では今後もこのような状況が続くのか?

 週間予報支援図という天気図を使って、明後日から6日間の冬の寒気を運ぶ偏西風の様子と下層寒気の様子(+大雑把な地上の気圧配置)をまとめておきました。

週間高層天気図200110
(図をクリックすると拡大します)

 引き続き冬の寒気を運ぶ偏西風強風帯は北上したまま。

 期間中、冬型の気圧配置は強まらず、下層寒気もい南下せず・・・
 むしろ南岸低気圧が3回も予想されていることに驚かされます(東京の雪・・・心配する必要がありそうですね)。

 向こう一週間の気温傾向(平年差)の最新データをチェック(昨日の計算値と比較)すると・・・

週間気温グラフ200110
(図をクリックすると拡大します)

 一時的に平年並みになったとしても、平均すれば平年を確実に上回ることが一目でわかります。

 この状況に・・・昨日気象庁は「高温に関する早期天候情報」(リンク)を発表しました。

早期天候情報200110

 対象は北陸だけですけど、普通なら豪雪が心配される大寒の時期にこの情報は・・・orz

 いつもの冬なら雪を期待するコメントに過敏に反応される方もいらっしゃるのですが、さすがに豪雪地帯の方々といえども、春先の水不足、農作物への影響、梅雨から夏の大雨を考えると、目先の暖かさを喜んではいられない状況だと思います。

 でも・・・暖冬の出口が見えない・・・





2、3連休の空模様・・・最新データ!!

 
 昨日に引き続き、今日も3連休の天気を最新データでチェックしておきました。

GSM3連休200110
(図をクリックすると拡大します)

 上段の図は、地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置と寒気の様子。
 下段の図は、地上気圧と降水量、地形の影響を受けにくい上空約1500mの寒気の様子。

 空模様の骨格と地上の空模様を矢印で対応させておきました。

 昨日の計算値(昨日の図にリンク)とほぼ同様の空模様が予想されていますが、微妙に異なる部分もあります。

 で・・・3連休中の天気の山場は、やはり12日(日)に通過が予想されている南岸低気圧。
 現時点で、関東南部の降雪を「否定できません」から最新の情報を追いかけることを忘れないでくださいね。

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/   


2、今日の空模様・・・冬型は緩むけれど・・・


 それでは今日の空模様


 (1)今朝の実況・・・予報のスタートライン


 今朝の 信長野市街地・・・

菅平200110

 新潟県方面から雪雲が流れ込み冬の空ではあるんですけど・・・

 最低気温はプラスの1.2℃(06時25分)。
 寒気が南下していないようです。

 そんな今朝の実況ですが・・・

実況200110

 気圧配置は西高東低 冬型・・・ですけど、等圧線の間隔が思いっきり広い。

 オマケに等圧線がウネウネしてアチコチに気圧の谷(黄色の破線)が発生。

 偏西風が北上しているので冬の上空寒気が南下してこないのは先にチェックした通りですが、北風が強まっていないので地上付近の寒気すら十分に南下してこない状況です。

 で・・・このまま西から高気圧に覆われて冬型は緩むことに?
 だとすると天気は回復するんでしょうか??

昨日21時から今日09時まで12時間のレーダー画像と09時の推計気象分布

全国レーダー09時まで200110






 (2)今日の空模様・・・気象庁発表のGSMモデル


 それではこれからの空模様・・・

 気象庁発表のGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使ってポイントを詳しくチェックしておきましょう。

GSM10日200110
(図をクリックすると拡大します)

 まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置。

 悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を持った上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)がが東海上に抜けて・・・
 好天パワー(地上の高気圧や晴天域を強めるチカラ)を持った上空の気圧の尾根(水色の点線:偏西風の北側への蛇行域)が通過する・・・という大雑把な傾向ですけど・・・

 波長の長い上空の気圧の谷の影響が終わるタイミングは少々微妙ですし、
 -30℃以下の寒気が北海道に南下する影響も微妙です。

 このような空模様の骨格に対応して地上では・・・下段の図・・・弱そうな冬型の気圧配置から、高気圧(高圧部)優勢になってくることが予想されているのですが・・・

 アチコチに高気圧を虫食う気圧の谷や風の収束線(黄色の点線や破線)が形成され、晴れ一発というわけにはいきそうにありません。



 (3)気象庁MSMモデルで空模様を具体的にイメージ


 それではGSMモデルで確認したチェックポイントを確認しつつ・・・

 解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ200110

 紫色は下層雲。

 詳細はアニメ中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 冬型が緩んでも回復とは言えず・・・明日は微妙に下り坂。

 暖冬なら暖冬らしく、ある程度冬晴れが続いて欲しいですよね!!(逆切れ?)

 なお、遅い更新とスカスカのコメント・・・大変失礼いたしました。



 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。

(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)


航海のための天気予報利用学バナー121212