・このブログは天気図アニメ等、PCに最適化されています。
 スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版サイトを見る」に設定願います。
・また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをしています
 読みにくい、難しいと思われた方は飛ばし読みして理解できる図だけをご覧ください
(これがブログの良いところ)。それでも天気マークだけの天気予報よりずっと多くの情報が得られる・・・はず?
   


 1月15日(水)・・・ただの平日ですけど、古い人間のKasayanにとっては今でも成人の日という感覚です。

 今から40年近く前、Kasayanも二十歳だった頃があるわけですけど、世田谷区北沢のボロアパートで大学の期末試験に追われ、成人式など無縁。
 田舎を離れた者は成人式に参加しないのが当たり前・・・くらいに思っていました。

 近年ニュースなどを見ていると、今では晴れ着を着て成人式に出るのが当たり前であるような風潮を感じるのですが、今でも遠く田舎を離れた大学生の中にKasayanのような若者はいるのでしょうか?

 成人式から一週間ほどたって、世田谷区の職員の方がわざわざアルバムを届けてくださったことを思い出しました。

 なんて、どうでもイイことを書いているくせに、実は朝からWindows10の更新に四苦八苦。
 用途の異なる4台のPCの更新を電子海図用のGPS搭載のWindowsタブレットの更新がどうしても中断してしまい、それにかかりっきりになってしまいました。

 ということで・・・今日はコメント少なめになりますのでご容赦ください。





1、北半球上空の寒気と、向こう一週間の気温傾向


 それでは日課の北半球上空の気圧配置と寒気の実況天気図(昨夜21時まで7日間)のアニメから。
北半球アニメ200115

 北極を取り巻く偏西風の蛇行が小さくなり、昨日に増して北極上空の寒冷渦が北半球の寒気の「主役感」を増してきたようです。

 ということは・・・昨日の記事でご紹介した(北極の寒気の蓄積、放出の目安になる)AOという指数の予測の通り、今が寒気の蓄積期かもしれません。

 ということは・・・月末にかけて寒気の放出期になるかも??
 指数では実感できないので、米国気象機関(NOAA)発表のGFSモデルを使って月末にかけての北半球上空の気圧配置の予想をアニメ化してみました。

FarawayElasticFlatcoatretriever-size_restricted

 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/

 日本の位置は画面右側の真ん中よりやや下・・・わかりにくくてごめんなさい。

 ただ、北極を中心にした偏西風の流れが月末にかけて再び大きく蛇行し始めることは分かります。

 ということは・・・日本付近に寒気がやってきやすくなるかも??
 ほど良い寒気・・・待っています!!

 なお、向こう一週間の気温傾向(平年差)の最新データ(前日の計算値と比較)では・・・

週間気温グラフ200115
(図をクリックすると拡大します)

 大寒の20日を過ぎても、全国的に平年を上回る状態が続く模様。

 その先がどうなるのか???
 22日頃から気温が急上昇する「気配」も見えますけど、その先には反動の急降下も考えられますよね??

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/   


2、今日の空模様・・・南岸低気圧のち弱い冬型


 それでは今日の空模様


 (1)今朝の実況・・・予報のスタートライン


 今朝の 長野市街地・・・

菅平200115

 昨日に引き続きメリハリのない曇り空。

 志賀高原から菅平高原方面に雪雲が流れているので、冬らしいといえば冬らしい空模様。

 最低気温はプラスの1.8℃(07時07分)。
 さすがにこの時期の長野・・・プラスの気温だと暖かく感じられます。

 そんな今朝の実況

実況200115

 南岸低気圧が東海上に抜けようとしていて、そのまま西高東低 冬型の気圧配置に・・・なれば恵の雪になってくれるのですが、日本海には別の低気圧があって、低気圧西側の風の収束線(潜在的な前線)が寒気の南下を鈍らせています。

 このため低気圧が上陸して消滅するのを待って寒気が南下するのですが、それまでに東海上に低気圧が遠ざかってしまえば冬型もそこで終わり。
 いったいどうなるんでしょう??

 ところで今朝は南岸低気圧が通過。
 関東平野部の降雪が「少しだけ心配」されたわけですけど・・・

 今日未明のレーダー画像をチェックすると・・・

関東レーダーブライトバンド名入れ200115

 04時前後、千葉県柏市にある気象レーダーがブライトバンド(みぞれが存在している融解層が上層・下層より強いドーナツ状のエコーとして観測されたもの)を観測していました。

 ということは、地上気温次第では低いながらも降雪の可能性があったということ。

04時実況観察ブライトバンド形成200115

 そこで04時の実況をチェック。

 東から暖気が流れ込んでしまったために地上気温が高くなったということ、そして山梨県方面から流れ込んだ寒気が強めになっていれば降雪になったかもしれないということが推測でききるかもしれません。

昨日21時から今日09時まで12時間のレーダー画像と09時の推計気象分布

全国レーダー09時まで200115







 (2)今日の空模様・・・気象庁発表のGSMモデル


 それではこれからの空模様・・・

 気象庁発表のGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使ってポイントを詳しくチェックしておきましょう。

GSM15日200115
(図をクリックすると拡大します)

 まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置ですが・・・ポイントは、日本海を北東進する-30℃以下の寒気を伴う寒冷渦とその南側を東進する上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)。

 地上では・・・下段の図・・・寒冷渦南側を東進する上空の気圧の谷に対応して南岸低気圧は東海上へ。

 一方、寒冷渦に対応して日本海の低気圧が上陸して不明瞭になり、とりあえず(東日本中心に変則的な)冬型の気圧配置が完成。
 西から周り込むように寒気が南下し、北日本の日本海側に雪雲がかかることが予想されています。






 (3)気象庁MSMモデルで空模様を具体的にイメージ


 それではGSMモデルで確認したチェックポイントを確認しつつ・・・

 解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ200115

 紫色は下層雲。

 平地降雪の目安 -6℃線が北陸に南下する頃には降水域が弱ってしまうようですけど、焼石に水ではあるものの、スキー場では積雪が増えるかもしれませんよね?

 そして明日、早くも次の南岸低気圧の下準備??
 東シナ海で降水域が活発化してくるようです。





3、18日(土)朝の空模様・・・まだアヤシイ状態


 昨日に引き続き、センター試験と絡めて感心の高い18日(土)の空模様

GSM18日200115
(図をクリックすると拡大します)

 昨日より下層寒気が南下する「気配」。

 降水域は小さいものの滑るという言葉が嫌いなのは受験生だけではありません。
 関東沿岸部・・・積雪まで想定するほどではありませんけど、交通機関の乱れも想定したスケジュールを考えておいたほうが良いかもしれません。

 といことで・・・更新が遅れたあげく、乱筆乱文、誤字脱字、意味不明・・・お許しください。



 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 可能な限り返信いたします。

(当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています)
(当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。)
(私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。)



航海のための天気予報利用学バナー121212