・このブログは天気図アニメ等、PCに最適化されています。
 スマートフォンでご覧になる方は、ご面倒でも「PC版サイトを見る」に設定願います。
・また、このブログでは専門の天気図を多用し、あえて回りくどいコメントをすることも!?
 読みにくい、難しいと思われた方は飛ばし読みして理解できる図だけをご覧ください
(これがブログの良いところ)。それでも天気マークだけの天気予報よりずっと多くの情報が得られる・・・はず?
   


 実は2022年7月1日から、再びひっそりとブログを更新中。

 Twitterのツブヤキはストーリー性に欠けるので「ブログで再構成・補足してみよう」という趣旨。

 以前のように千日回峰行的に毎日更新するつもりはないのですが、どんなカタチで進化?あるいは退化?するのか・・・模索をしながら「そこそこ」続けてみたいと思っています(2022年7月12日記)

 ですから・・・あまり期待しないでくださいね。(2022年12月08日記)




 特に雪に慣れていない西日本で大変なことになっているようですけど、現時点で長野は(知る限り)ソレホドデモ。

 自分に限っては、雪の朝にこんなラッキーなことも。



 善光寺の阿弥陀如来様にご飯をシェア?していただきました。

 なんておバカなこをはこれくらいにして、今日も日課の北半球上空の気圧配置と冬の寒気の動向からチェック。
北半球アニメ230125

 冬初日の12月1日から1月24日まで55日間の北半球上空の気圧配置と寒気24日21時の空模様の概要をアニメ化。

 3週間かけてシベリアで熟成された-42℃以下の寒気が、上空の深い気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)とともに日本に落下!
 天気の急変というカタチで寒波が始まった・・・そんな様子が分かります。

 記録的寒波の「記録」・・・作図を続けて良かった・・・と自己満足。

 続いて・・・アニメじゃせわしないので最終画面(24日21時)を静止画で。
北半球最終画面230125

 記録的寒波真っただ中の日本付近。

 サハリン付近の寒冷渦(上空の低気圧)を軸に、風車の羽根のように-42℃以下の寒気を伴う上空の気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)が周期的に日本付近に南下するという状態。

 この状態が続く限り寒波が続き周期的に冬型が強まって大雪継続することになるわけですけど・・・




 というわけで、気になる未来の空模様・・・

 今日も向こう一週間の気温傾向(平年差)の最新データからチェック。

週間気温グラフ230125
(図をクリックすると拡大します)

 ここ数日、計算値は比較的安定傾向。

 26~27日にいったん冬型がゆるんで気温が上昇するけれど・・・
 すぐさま冬型の気圧配置が強まり(今回より弱めとはいえ)、厳しい 寒波続編がスタート!

 緩やかに気温は上昇傾向も、寒波は月末まで居座ることに?

 そして1日に気温上昇
 ただ・・・昨日の計算値では、節分?立春?寒波の気配が!
 
 最新の計算値(気象庁GSMモデル)はどうなっているのでしょう??

2月冒頭3コマ230125
(図をクリックすると拡大します)

 今日は2月1日から3日(節分)の空模様をチェック。

 詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 ブレ幅があるので未来の空模様のシナリオのひとつとして見る必要があるけれど・・・

 1日日中は日本海の低気圧に向かって暖気が北上。
 グラフのように気温が上昇することに。

 ただ、遅くとも2日には東~北日本中心の強い冬型に。
 「普通の冬なら」一級品の大雪モード!、低温傾向が予想されています

 名前を付けるなら節分寒波あるいは立春寒波。

 毎年あって多少の騒ぎになる寒波ですけど、これらの寒波を過ぎると居座るような寒波がなくなり光の春も始まって季節の変わりめ感出てくるもの。

 今年がそうなるのか?まったく分かりませんけれど・・・「大寒寒波来たりなば春遠からじ」???

 【おまけ】

 実況、それも雪雲のレーダー画像は「生もの」なのでおまけとしてご紹介。
 レーダーを見る際の「ひとつの見方」として参考にしていただければ幸いです。







 また、レーダー画像と天気図を切り離して「別物の情報」として扱うことが多いTVの気象解説。
 それぞれの情報をリンクさせて解説することで「なるほど感」が高まるなずなんですけけど・・・もったいない。

 練習にアナウンサー読みの原稿を書いていると、原稿をカットできるよう映像間の原稿内容を独立させる変な癖が付いてしまいます。

 これに気付いていないローカル局の新米お天気キャスターって結構いたりするんですよね。

 早く気付かないとお払い箱に・・・??



 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): https://apps.ecmwf.int/webapps/opencharts

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 「可能な範囲」で返信いたします。

  ※当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています。
  ※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
  ※私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。



航海のための天気予報利用学バナー121212