終了したはずのブログ更新・・・実は2022年7月1日から、再びひっそりと更新中(再開というほどのモノではありません)。

 というのもXのツブヤキはストーリー性に欠けるので「ブログで再構成・補足してみよう」という趣旨。

 以前のように千日回峰行的に毎日更新するつもりはないのですが、ブログがどんなカタチで進化?あるいは退化?するのか・・・模索をしながら「そこそこ」続けてみたいと思っています(2022年7月12日記)

 ですから・・・休むこともあるでしょうし、超超超超簡易更新になることもあるでしょうし、殴り書き(ほとんどメモ)の場合もあるでしょうし・・・内容にはあまり期待しないでくださいね。(2023年1月31日記)(2024年元日もこの調子を維持)





 そんなアヤシイ空模様。

 昨日の記事で書いた通り・・・そして気象解説でも伝えられているように、今日は寒冷渦(寒気を運ぶ偏西風が大きく蛇行し、ついには流れから切り離された寒気の渦)がドカンと落ちてきて大気の状態が不安定になることが予想されています。
 (地上と上空の気温差が大きく、上昇した空気が自らのチカラでグイグイと空高く上昇して雲を形成しやすい状態・・・あえて、まとめてみました)。

 で・・・寒冷渦はどこまで落ちた?

 とい昨日(15日)3時から今日(16日)3時まで24時間のレーダー画像と3時の空模様の概要(性質の異なる偏西風の位置や蛇行、上空寒気や暖かく湿った空気の流れ等)をアニメ化。

ツブヤキ

 東日本の雨も気になるけど、朝鮮半島付近の渦に注目!

 これが話題の?寒冷渦!

 とはいえアニメじゃせわしないので最終画面を静止画で。

レーダー直近240516
(図をクリックすると拡大します)

 例によって詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 関東沿岸の低気圧はヒマラヤ・天山山脈由来の偏西風収束域を北東進する上空の気圧の谷に対応。
南強風が運ぶ強い暖湿気主体で大気の状態不安定。

 一方 朝鮮半島付近の低気圧はシベリア由来の偏西風が晩冬の寒気を取り込んで形成した寒冷渦に対応。
 上空寒気主体で大気不安定。

 ひと言で「大気の状態が不安定になるので・・」と解説されることが多いけど、今日の大気不安定には二つの構造があるので、雨の降り方(降りはじめの降り方や止み方)や止み間の空気感が異なったり。

 重箱のスミはできるだけ突いておいたほうが「想定外」を防げます。





 というわけで、ここから未来の空模様。

 寒冷渦はどこへ?何をもたらす??

 昨日同様、今夜(16日21時)の空模様を、気象庁が普通の天気予報(短期・週間予報)の作成に用いているGSMモデルを使ってザックリとチェックしておきました。

GSM16日21時240516
(図をクリックすると拡大します)

 こちらも詳細は図中の書き込みをお読みいただくとして・・・

 偏西風から切離された寒冷渦は春先の寒気を抱えて朝鮮半島から北日本へ。

 また寒冷渦南側を寒気を伴う上空の気圧の谷が山陰~東北を北東進。

 これらに対応して潜在的前線(収束線)の活発な降水帯が概ね2回通過。
 青空が出ても再び急な雷雨!?という状況。

 特に海や山は要警戒!

 たとえば今日の北アルプス立山、後立山方面・・・

 日本海から「黒い壁」が迫って来ていきなり雷雨、吹雪の可能性も?
 また、それが最低でも2回繰り返される可能性があって、「冬山」に関する高度が技量が必要かと。

 ウソのように穏やかな空模様が訪れた後、再び天気が急変する疑似好天的な状況もあるかもしれず、そんな天気変化にダマされた気象遭難が発生しないことを祈っています。

 ということで・・・今日はここでチカラ尽きました。





 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): https://apps.ecmwf.int/webapps/opencharts

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


 ご意見・ご質問等は、コメント欄・メール(kasayangw@yahoo.co.jp)にてどうぞ。
 「可能な範囲」で返信いたします。

  ※当ブログに引用の天気図等は、気象庁、WNI、プログラム配布先より使用許諾を得ています。
  ※当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください。
  ※私が撮影した映像・動画は無断転載OKです。連絡をいただければ原本を差し上げます。



航海のための天気予報利用学バナー121212