やっぱりgdgdな日常

映画レビューをメインにただ単に思ったことをgdgdと綴るチラ裏日記
解る人には解るかもしれませんが、引っ越してきました。

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」レビュー

蜷川実花監督、小栗旬・宮沢りえ・沢尻エリカ・二階堂ふみ
といった豪華キャストによって小説家太宰治の晩年期を
描いた映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」。







おすすめ度:7+
レイティング:R-15+



太宰治の晩年期、戦後の混沌期からようやく抜け出しそうな
しかしながらまだGHQは存在する1946年から1948年という
時代背景で描かれる、ダメ人間な太宰治と彼を取り巻く3人の
女性を描いた作品です。描かれてる事実関係はほぼ実話で
割と事実に忠実な感じでストーリーは進んでいきます。

蜷川監督得意の鮮明な映像美はある程度控えめはあったんですが
やっぱりそれと解るくらいにはふんだんに使われていて、その
色彩の状況とそこに登場してくる人物の心理描写を併せて
ワンカットにしてるため、直接的に入ってくる内容が割とライトな
感じというか薄っぺらいと感じてしまうのは否めないですが
どぎつい心理描写をそれでフラットにしてるので、割と見やすい
仕上がりになってるんではないでしょうか。

あまり映画慣れしてない人にも見やすい感じで作られてます。

自分好みではなかったですがw

また、その映像美・色彩美の影響で戦後の混沌期っていう
部分がかなり薄くなってしまっていて、カオス感はなく
シュッときれいめなレトロ感が全体を覆っているので
太宰治のぶっ壊れっぷりも割と上品というか、負の部分が
そこまでどぎつく表面に出てこないので、物足りないと
感じる人もいるだろうし、ちょうど良いと感じる人も
いるだろうしという、評価が真っ二つに分かれそうな
そんな映画かなというのが率直な感想です。

ただ、女性陣の演技は素晴らしいです(^^)!
特に二階堂ふみはやっぱり凄いなと思えるくらいに
役にはまり込んでて、あのまとわりつくような雰囲気や
濡れ場の描写などなど、宮沢りえの評価が割と高いですけど
完全に喰ってると自分的には感じました。
といっても、宮沢りえも演技良かったです。

沢尻エリカは。。


というところで、いつものように
ネタバレを含んだレビューを続けます。








 




続きを読む

映画「ロード・オブ・セイラム」レビュー

1692年にアメリカで実際にあった魔女裁判を
モチーフにしたホラーというよりサイケ感が行き過ぎてて
ほぼドラッグムービーに近い「ロード・オブ・セイラム」。







おすすめ度:9
レイティング:R-15+


1692年、アメリカのマサチューセッツ州の
セイラム村で実際にあった、セイラム魔女裁判。
現在の地名はダンバーズです。

北米一怖い廃墟と言われたダンバーズ精神病院のあった
有名な場所ですね。ロボトミー治療という精神病患者に
電気ショックや水責めを施す非人道的治療が行われた場所で
もともとは快適で優雅な病院という事からスタートしたんですけど
どんどん人が押し寄せてきて、最大で7000人も収容し、優れた環境
だと精神病は治るとしたカークブライド計画は破綻。
その後は前述のロボトミー治療が確立された病院です。

ってめっちゃ話がそれた。。。

まぁ過去にもセイラム魔女裁判が行われた場所でもあり
なんかホントにあかん系な何かが憑いてるんじゃぁと
思わざるを得ない曰く付きの土地なわけですが
この魔女裁判、もともとはネクロマンシー、いわゆる降霊術を
行っているとホントに悪魔憑きになってしまい、エクソシズム
でも祓う事ができなくなってしまい、原因をさぐっていく過程で
ブードゥーの呪術を用いたと黒人に自白をさせ、そしてこの
降霊術に参加していた村人が次々と告発されていき
最終的には200人近い逮捕者を出し、19人が死刑、1名が
自白強要の拷問中に死亡、5人が獄中死という、今現在
語り継がれている魔女狩りのイメージそのものの事件です。


そんな事件を背景に、魔女の呪いを描いたこの映画。
なんて言えばイイんでしょう。感想を一言では言い表せませんw

魔女の呪いによって悪魔に憑かれる主人公の
視点というか感覚というか、バッドトリップしていく様が
かなり生々しく映像表現されています。

その現実と呪いの部分がかなりの具合でミックス
されていってる映像は素晴らしいと言いたいところですが
決して万人受けはしませんww

でもってキリスト教の事を知らない日本人が
見てもイマイチ、ピンとこない部分も多数あるし
完全に見る人を選ぶ奇作と言わざるを得ませんw

宗教的にかなりディープな内容だし、呪われていて
悪魔に取り憑かれている人の視点を映像化してて
どちらかというと、そっちがメインみたいな感じだし
不気味で気分悪くなりそうな音楽やら、サタニスト
いわゆる悪魔崇拝者の思考やら、神を冒涜する
セリフが満載なこの映画のネタバレを含んだレビュー
はいつものように続きます。





続きを読む

映画「ルームメイト」レビュー

今邑 彩(いまむら あや)の小説が原作の映画「ルームメイト」。








おすすめ度:2
レイティング:PG-12




う~ん。。。。
ちょっと・・・というより、かなり思ってたのと違った。。

いやね、悪くはないんですよ?
悪くは無いんですけど、思いっきり違う方向で期待してた
ので、途中からかなりテンション低めです。。

原作読んでないんですけど、原作もこうなんですかね?

自分的には登場人物が一人足りない感じ。

落ちは変わってくるだろうけど絶対その方が
話的に怖くなると思ったんですが、それはまぁ自分の意見なので。。

なんかねー、なんて言うんですかねー。


消化不良?


モヤモヤ感で胸がいっぱいですww


あとね、一応レイティングが設定されてるんですけど
別にグロがあるわけでもなく、すこーしばかり重要な
箇所にエグい話があるってだけで、特に大した事はありません。


自分の感覚が麻痺してる可能性が否めなくもないですがww


そんなこんなでネタバレを含んだレビューを書けば
消化できるかもしれないのでそろそろいつものように続きます。




続きを読む

映画「ルーム205」レビュー

ドイツのホラー映画「ルーム205」。





おすすめ度:7
レイティング:たぶんPG-12




ぶっちゃけていうと、リングと呪怨を足して2で割った
Jホラーのドイツ版リメイクってところでしょうか?

偶然、いわゆる呪いに巻き込まれた主人公が真相に迫っていく
というサスペンス色の強いホラーで、かなりの部分Jホラー
の影響を受けているというか、インスパイアされてるというか
そのまんまというか、リング・呪怨を足して2で割ったというかw

幽霊や呪いと言った文化が西洋圏とは違うので、これ系の作品って
失敗した作品が多い中、意外とこの作品はイイ感じに仕上がってます。

落ちもまぁありきたりと言えばありきたりですが
押さえるところはちゃんと押さえられているので
がっかりするなんてことは無いんじゃないですかね。


無難に仕上がってる洋物Jホラー。

こんなサスペンスホラーが好きな方には
ちょうど良いんじゃないでしょうか?

自分は割と好きですw


それではネタバレを含んだレビューは続けます。



続きを読む

映画「LUCY/ルーシー」レビュー

レオンやニキータ、TAXIで有名な
リュック・ベッソン監督の最新作の
映画「LUCY/ルーシー」。







おすすめ度:3
レイティング:PG-12



現在の人間は脳の10%くらいしか使われていない。
これはかの天才、アインシュタインが語った言葉と言われています。

地球誕生から生命が産まれて、今ここに存在している私たち
人間に限らず、今この世界で生活している動物全てが生命体という
中では最新版な状態です。もし仮に子どもがいる家庭の方は
その子が一番の最新版であり、アップデートを繰り返す生命体の
進化のその先にはいったい何があるのか?という問いかけな映画です。

生命体、細胞一つひとつの最終目的とは何なのか?
進化するという事はいったいどういうことなのか?
10%しか使われていない脳の領域を100%使うと
いったいどうなってしまうのか?


というかなり深いメッセージ性を描いてはいるんですが
割とチープな感じを受けたのは自分だけでしょうか。。

たぶん、話の大筋の部分が割と適当すぎるというか
まぁたぶん、どうでもイイ所なんでしょうけど
そういうトコに目が行ってしまう自分としては
確かに壮大な事をメッセージとして放ってはいるんですけど
細かなところが雑な分、ホントにそういうメッセージ性が
あるのかな??ただ深読みしてしまってるだけなのかな??
という感じまでしてしまいました。。


そんなこんなでいつものようにネタバレを
含んだレビューを続けます。





続きを読む
プロフィール

かさやん

メッセージ

名前
メール
本文
50音順映画レビュー

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ