㈱つくしんぼ 加瀬圭介のblog

≪ 想像力 + 好奇心 = 愛情 ≫

2011年08月

先に考えなければいけないこと、、、

テーマ : 幼保一体化

皆様も「幼保一体化」の話は耳にしたことがあると思います。
先日も「新システム」について新聞記事が出ていました。
幼保一体化、それ自体については賛否両論あると思います。


 ・ 制度
 ・ システム
 ・ 財源
 ・ モデル
 ・ プログラム
 ・ 基準
 ・ 対象 


幼保一体化の話には、こんな言葉が羅列されてきました。


また、


「保育園には英語等の “幼稚園並みのカリキュラム” を導入して、
  幼稚園は “保育園並みに長い時間預かれる” ようにしていかなければ。
  それを保護者は望んでいる 」


というような記事も目にします。


是か非かを語るより、先に考えなければならないこと、がある気がしてなりません。
私が、幼保一元化について、以前より感じていたことです。


本当に、幼稚園と保育園の違いをなくしていく事、両方を物理的に統合した施設(制度)を作る事を
最大の論点にしていて良いのでしょうか?


一番欠けてはならないのは、これからの子供達が幸せに育っていけるための 「理念」 だと思います。


幼稚園であろうが、保育園であろうが、今(これから)の日本社会の中で、子供達にどんな環境が
必要なのか。


そして、これからの日本を背負って立つ子供達に何を期待するのか。


そのために、社会が、大人が、子供達に何を用意してあげられるのか。


幼保一体化の議論は、間違いなく今以上に急速に進んでいきます。


幼児期の環境というのは、この子達の5年、10年後の成長を大きく大きく左右するんだ、ということを
政府も行政も現場も、そして親も決して忘れてはいけない、と思うのですが皆様はどう思われますか?


小学校に上がる前の子供達に、本当に今、必要なことは何なのでしょうか?



皆様、本日もありがとうございました!




「想像力+好奇心=愛情」
さいたま市 デイサービス & 保育園 ㈱つくしんぼ 代表 加瀬圭介

初めてすること。

テーマ : 自分の意志


突然ですが、人間が生まれて初めて自分の意志でする行動ってどんな行動なんでしょうか。


それは、「自分で食べる」ということです。


泣くのも、笑うのも、おしっこもうんちも、おっぱいを飲むのも、自分の意志ではありませんよね。


本能、リアクション、周りの人がやってくれることを受け入れてくれている、行動と言えると思います。


お皿の上にある食べ物に手を伸ばして、それをギュッと握って、口に運んで、なんとか口に入れる。
そして一生懸命に食べるわけです。


ボロボロこぼしながら、握った何分の一しか口に入れられなくても、一生懸命に自分の意志で
食べるわけです。


「食育」はここからスタートしているんですね。


こぼそうが、散らかそうが、汚そうが、この「自分の意志で食べる」という作業を、しっかりと見守り
たいと思います。
この動作を大切に、ほかの様々な欲求を引き出してあげたいですね。


最近の幼児は、異食・誤食が本当に少ないんです。
食べられようがそうでなかろうが、手にしたもの・目に入ったものを口に入れるという動作が
少ないんですね。
おもちゃをなめて、涎でビシャビシャってことも少ない、、。


保育する側からすると、注意しなければならないことが減るので、有難いことなのかもしれません。


でも、「自分の意志で」行動する原点であるならば、やっぱりそのチャンスを大事にしてあげたいですね。


とは言っても、ご自宅では難しいもんです、、。


つくしんぼ保育園のまだまだ小さなみんな、最初はどんどん手づかみで、散らかしながら食べてね!
どんどん汚して、先生達の仕事を沢山沢山増やしてあげてね!
先生達は君たちが、「ア~ン」じゃなく、自分で食べてくれたら、それだけで大喜びだから!



皆様、本日もありがとうございました!



「想像力+好奇心=愛情」
さいたま市 デイサービス & 保育園 ㈱つくしんぼ 代表 加瀬圭介

なかなかやるね、高校生!

テーマ : 想像力と行動力


今日、いつも車で通る用水路沿いの道路での出来事です。


しゃがんでいるお婆ちゃんと、その隣で同じくしゃがんでいる制服男子(高校生)が目に入ったので、
車を停めて、どうしたのか尋ねました。


お婆ちゃんが歩道で座っていたので、その高校生が声をかけたら、
「フラフラして気分が悪いので座っていた」との返答だったそうです。


その高校生、まず、自分が持っていたタオルを近くの公園の水道で濡らして、お婆ちゃんの首にかけ、
その後、自分が部活で飲むスポーツドリンクをお婆ちゃんにあげているところでした。


お婆ちゃんも、大丈夫そうだったので、一緒にウチワ(高校生の)であおいだりしながら、
高校生に色々話しかけました。


「素通りしようと思ったんだけど、このまま具合悪いと、救急車呼ばなきゃならなくなるから。」
っとボソっと愛想なく答える高校生。


『想像して行動する』


これって簡単なようで、結構な決心が必要なんですよね。


高校生は、「別に愛情なんかじゃねーよ」って言うでしょう、たぶん。


でもこれが 『 想像力+好奇心=愛情 』 だと思います。


お婆ちゃんの傍を100人の学生が通ったら、何人の子が同じ行動に出てくれたでしょうか?


その後、お婆ちゃんのご自宅が、そこから200メートルぐらいのところだったので車でお送りした後、
自動販売機で、スポーツドリンクを買って、学校まで歩く彼を追いました。


車の窓からペットボトルを渡す失礼な私に、一瞬不思議そうな顔をして、彼がボソッと一言。


「どうも」


無愛想で、そっけない、この高校生に、かなりの親近感とたくましさを感じてしまいました。





皆様、本日もありがごうございました!




「想像力+好奇心=愛情」
さいたま市 デイサービス & 保育園 ㈱つくしんぼ 代表 加瀬圭介

パワースポット?

テーマ : 行き詰まりの解消法


人間誰でも精神的な行き詰まりを感じることってあると思います。
短期間だったり長期間だったり、軽かったり重かったり。


皆さんは、そんな時の解消方法はお持ちですか?


私は富士山に行きます。


富士宮市に、田貫湖という人造湖があるんですが、そこからの富士山は本当に格別です。
結構長い時間、2~3時間は何もしないでも平気で居られます。


時間を感じないって言ったほうがいいかもしれません。


以前は年に2回は行っていました。
そんなに行き詰っていたのでしょうか?


もう3年ぐらい行っていません。
そこまで行き詰まっていないのでしょうか?


そうだとしても、そろそろ行きたいと思います!


田貫湖からの富士山、お勧めです!


ちなみに、10月ぐらいまでは霞がかってしまうので、富士山はめったに見れません、、。




皆様、本日もありがとうございました!




「想像力+好奇心=愛情」
さいたま市 デイサービス & 保育園 ㈱つくしんぼ 代表 加瀬圭介

それはないでしょう、、、

テーマ:家族の食事

私の家では、食事の時はテレビをつけないようにしています。
それぞれ今日あった出来事、他愛もない会話を楽しみます。


たまの外食の時も、色んな話をします。
一番しゃべるのは次女ですが、、。
ちょっと前、家族で外食をした時も、次女と長女の話の内容で盛り上がっていました。


ふと、斜め前のテーブルが気になって目をやると、、、。
お父さん、お母さん、小学校高学年と低学年らしき女の子が2人、の4人家族です。


お姉ちゃんが、椅子に膝を立てて、漫画を広げているんですね。
目の前のテーブルも見えない姿勢で。
たまにその漫画から顔を出して、口いっぱいに料理を詰め込んでは、また漫画に目をやるんです。


妹さんは?
ゲームに熱中していました。
食べ方はお姉ちゃんと同じです。


お父さんとお母さんは、もちろん注意することなく、普通に食事をしていました。


私は 「それはないだろう」 と、呆れるしかありませんでした。
色んな子育てや理念があると思いますが、それだけは 「違うだろう」 と、、、。


“家族” とか “感謝” とか “味わう” とか “楽しむ” とか “会話” とか、いろいろありますが、
あの家族には何もなかったと思います。
機械のように食べ物を口に運ぶだけ、に見えました。


あの家族の在り方、きっと食事の時間だけじゃないんだろうなと思ってしまいました。
いずれはあの姉妹もお母さんになるのに。


そんな家族の風景が増えないようにしたいもんですね。


私はそう思いました。


あ、私が「変なおじさん」になりきって、注意するべきでしたか!


「変なおじさんに言われるからやめなさい」って言われると思いますが。




皆様、本日もありがとうございました!




「想像力+好奇心=愛情」
さいたま市 デイサービス & 保育園 ㈱つくしんぼ 代表 加瀬圭介
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

kase0930

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ