2005年04月29日

現在の仮設住宅の状況

川口小・中学校仮設,小千谷 元中後仮設の外観を調査した.
●川口小・中学校仮設 雨水が軒の一番先から落ちている.
●元中後仮設 軒の途中まで水が回りこんでから落ちている.
前者では僅かに軒の両端が曲げてあるようだ.(5/2付記.両勾配になっていて,更に僅かに軒の部分の勾配が大きいようだ)

元中後仮設は,過去のブログで天井にペットボトルを付けてあったお宅でも,雪解け後は漏水止まったとのこと.また,おじいさん,おばあさんは,ご自宅を仮修理して,田畑,山菜取り始めた.街の人が今年は行かないので,例年より山菜が豊富.山菜の後処理で,仮設に帰る暇が無く,自宅に寝泊りしている,と聞いた.

先週業者が来て,各棟の屋根をめくって状態を確認したとのこと.断熱材の交換は特にしてないようだ.

以上,電話で後ほど確認して安心した.

山に生きる人々の逞しさを感じる.  

Posted by nkimura_ at 17:41Comments(0)TrackBack(1)

2005年04月25日

【福岡西方沖】仮設住宅への入居始まる

本日4/25 かもめ広場.
4/26 玄界島
なお,自宅の損害が少なくて,自宅に戻る世帯が9世帯あるとのこと.

TVQ Web Site  
Posted by nkimura_ at 20:48Comments(0)TrackBack(2)

2005年04月23日

仮設住宅の暑さ対策−蔓のある植物を植えましょう

仮設住宅に蔓のある植物を植えましょう.
朝顔,おもちゃかぼちゃ,つるありインゲン,ヘチマ,スイートピー,ゴーヤ,蔦,等々.ケナフも背が高くなる.壁にも屋根にも這わせましょう.

建物は鉄製,通路は舗装.その暑さを和らげることが出来る.

仮設に緑溢れる風景をもたらすことが出来る.
  
Posted by nkimura_ at 08:32Comments(0)TrackBack(2)

2005年04月20日

【福岡県西方沖】仮設住宅が余震を受けた

中越地震でも,旧中之島町の水害の仮設住宅が,中越地震では,強い余震で床の変形,地盤の沈降,等の被害を受けている.今日の福岡の余震では,完成したばかりの仮設住宅へのダメージがないか心配である.屋根の折板の勾配が元々僅かしか無いので,建物の水平が狂うと,雨水が軒から回り込みやすくなることも心配される.

本日の,玄界島住民への仮設住宅説明会は延期になったとのこと.住民に引き渡す前に,建物,地盤について,十分なチェックが必要であると思われる.
  
Posted by nkimura_ at 12:37Comments(2)TrackBack(5)

2005年04月19日

【福岡県西方沖】仮設住宅 2次分が着工

西日本新聞のホームページに出ていました.

■仮設追加分30戸を着工

 福岡県は十九日、福岡沖地震で被災した福岡市東区の志賀島地区と西区の北崎、能古島地区に、仮設住宅の二次分計三十戸の追加建設を始めた。完成は五月二十日の予定で入居期間は原則二年以内。既に着工した二百戸と合わせ、家屋が全半壊した被災住民らが入居する。
...........
 住宅は、玄界島の被災住民向け仮設住宅と同じ仕様。

 又,玄界島については,比較的被害の少ない一般住宅約二十戸については補修するなどし、住民に戻ってもらう方針とのことです.

■仮設住宅入居前倒し 一部、修復し帰宅も 福岡沖地震 25日 かもめ広場 26日には玄海島
  
Posted by nkimura_ at 16:30Comments(0)TrackBack(1)

6軒のむらづくり

6軒の村をつくりましょう。
敷地と200万円〜500万を提供する人と一緒にセルフビルドの住宅造りをしませんか。提供者とのコーポラティブハウスです。
敷地は広いです。
あなたは提供者の住まいと自分の住まいをつくります。
もちろん自分でもお金を出してもかまいません。
住まいの他にまつりごとをする広場もつくりましょう。
6軒の住民は、自分スタイルを議論します。地域を議論します。
常駐しなくとも良いです。好きな時に。学生歓迎。
こんなむらをつくりませんか。

村づくり人・提供者を募集します。  

記述:五十嵐

  
Posted by keishosha at 00:58Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月18日

厚生労働省・プレハブ建築協会から回答なし:真摯な対応を!

2005/04/18現在、先の厚生労働省への質問に対し、いまだ回答がありません。厚生労働省へは再度申し入れます。また、プレハブ建築協会側も4月11日調査に入る前の打合せ内容とスケジュールを確認し、こちらへ連絡をする約束でしたが、こちらからの打診に対しても何ら回答がありません。合同調査についても合意をしたわけですから当然段取り等を連絡することが当たり前なのですが、県の指導性も含め、このような業者の行いが私たちや市民からの不信感をつのらせることになることを受け止めて欲しいものです。
調査は、12日から始まっています。4月6日に頂いたスケジュール表を添付しておきます。

私たちの活動は、行政・プレハブ建築協会の対応では被災者である仮設住宅の「住居といえないほどの居住性」が改善されないと考えたからです。現にこの活動がそのことを示しています。行政およびプレハブ建築協会も私たちの助言を拒まず、積極的に私たちを良い意味で使っていただければと考えているのですが如何でしょうか。

福岡の方から建設状況などメイルをいただきました。中越でのものと同じものを建てているようです。当然、今は速く居住者に住居を提供しなけければならないと思います。行政・プレハブ建築協会へは、私たちが指摘したことを無視せず、参考にし改善されたものとして被災者へ提供してくださるよう望みます。
今、中越で調査を4/28まで行なう予定になっています。その後対応策を協議し、連休明けから修繕工事へ入る予定とのことです。ここでの対策を福岡でも行うことを考えていると思いますが、屋根の折板の重ね不足などのように、後工事が大工事とならないように計画性を持って行なって頂くよう望みます。
行政・プレハブ建築協会側も市民の不安・疑問に対し、真摯に説明する義務が有ると考えます。本来ならば、欠陥をもったものを提供するわけですから、どのようにその欠陥を正していくかを発表するくらいの責任があると考えます。市民側も監視が必要ですが、情熱のあまり過度になりすぎると工事の妨げになってしまいます。そこのところも考えながら見守って行く必要があると考えますが。
記述:五十嵐
  
Posted by keishosha at 11:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月13日

「厚生労働省への質問」へのトラックバック

「厚生労働省への質問」にトラックバックありがとうございました。
結露の対策に対しては、私たちも居住者に提案しておりますが、少し違いが有るのは、除湿機の使用は健康に好ましくないと考えております。ただし、洗濯物の乾燥などの様に特別な場合は別ですが。
とは言え、現在のような状況下では、居住者の選択によって一概に言えないと思いますが。
適度な湿度は、冬場において体感温度や喉などの健康に大切なものです。今後の改善工事においては、このことを十分考慮して欲しいものです。

行政への質問は、行政として住宅とはとても言えないこのような状況について、どのように考えているのかということを質問をしたものです。 異常な結露・漏水が生じるようなものはとても住宅とはいえません。住宅の基本は、雨露を防ぐものです。いくら、予算の関係とは言え、提供者として恥ずかしいものを提供してしまったのです。今後の対策をどのように行なうのか、行なわないのかを質問しました。このことをご理解下さい。決してあなたを攻めているのではありませんので、ご了承ください。今後ともよろしくお願い申し上げます。記述:五十嵐
  
Posted by keishosha at 18:37Comments(0)TrackBack(0)

建ておこし

日本の伝統工法で作られた木造住宅は,中越地震でかなり多くのものが耐えた.「全壊」に指定されているものでも,「建ておこし」て元通り住めるものが多い.福岡の玄界島でも,同様に建ておこし可能な建物があると思われる.

KARTH地震ネット

では建ておこしに積極的に取り組んでいるので,是非一度上記ブログを見て欲しい.  
Posted by nkimura_ at 08:12Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月12日

厚生労働省への質問

昨日、厚生労働省へメイルで下記に示す質問を致しました。回答がありましたらまた掲載いたします。

2005.04.11 厚生労働省への質問

私は、被災地小国町出身の建築家です。今年に入って仮設住宅の結露水が酷いという事で、2月および3月に調査を行ない関係各所へ出向いていきました。調査資料等につきましては、私たちのhpをご覧下さい。「被災地仮設住宅居住改善ネットワーク」http://blog.livedoor.jp/kasetsu123
そこで、貴省が関わる建物の断熱性能についてご質問させていただきます。新潟県やプレハブ協会他いろんなところから結露や寒さなどについての心配がされ、建物の断熱性が要望されたと聞いております。しかし、貴省では、「当地においては結露は生じないので、他からの提案を却下し、今の建物の仕様で良い」と決定されたと聞きました。現況を調査されたでしょうか。この居住性を如何改善されようとお考えなのでしょうか。ご質問させていただきます。
「被災仮設住宅居住改善ネットワーク」五十嵐
  
Posted by keishosha at 10:09Comments(0)TrackBack(1)