2005年08月29日

折板にテープ無し

小千谷 平沢仮設にて(D社)
軒はコーキングされている(勾配の上下共).
軒のコーキング 平沢

しかし,折板の軒先は,重ね目に隙間がある.雪が回り込んで,この隙間から漏水する可能性がある.

折板の隙間 軒 平沢

また,折板には各棟1本だけテープが貼られている.他の合せ目は,元のまま.大きな隙間があいたままのところもある.

折板全体 平沢

折板の隙間 平沢2  

Posted by nkimura_ at 04:04Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月28日

軒先の隙間

折板にはテープ貼りがされている.しかし,軒先は折板の隙間が空いたままである.これでは,冬,雪が軒を巻き込んだ時に漏水する.
軒先の隙間  
Posted by nkimura_ at 15:57Comments(0)TrackBack(0)

勾配の下にもコーキングや水切りが必要

元中子仮設(D社).勾配の上(玄関側)にはコーキングがされた(左)が,下(裏手側)の軒には何の改修もされていない.3月には,水が回り込んで軒がびっしょり濡れて,水が軒の真ん中あたりから落ちているのを確認動画)(何れもD社)している.勾配の下からも漏水した可能性がある.

軒のコーキング 元中子D社軒の隙間  
Posted by nkimura_ at 15:41Comments(0)TrackBack(0)

換気口の向きが横!

換気口の向きが横向きのまま,パテやコーキング剤で固定されている.後工事で追加されたものだが,施工ミスと思われる.小千谷 元中子にて2例確認.
換気口の向きが横1換気口の向きが横2  
Posted by nkimura_ at 15:31Comments(0)TrackBack(0)

風呂の天井裏 冬と夏の比較

元中子仮設にて.あるお宅の風呂の天井裏.プラスチックのボードの一区画に漏水の水が溜まっていた(左).夏になり乾燥して,錆色に跡が残っている(右).

風呂の天井裏 冬風呂の天井裏 夏

軒と折板には,外観上何の改修も為されていない.冬が心配である(D社製).
元中子 D社 軒  
Posted by nkimura_ at 15:16Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月21日

またもや仮設住宅に震度5の揺れ

旧小国町 震度5強
小千谷 震度5弱

長岡市千歳の仮設住宅地区内にある長岡市災害ボラセン
長岡ニュータウンの山古志仮設内の山古志災害ボラセン
でもかなりの揺れを感じたようだ.

各所で,雪の重みや雨,軟弱地盤によると思われる杭の沈降が既に発生している.秋の台風や冬の雪を迎えるまえに,建物や床の水平,杭の高さが揃っていて均等に加重が掛かっているかどうか,等,仮設の基礎部分について点検が必要だろう.
  
Posted by nkimura_ at 19:58Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月14日

排水不良【陽光台仮設】

ニュータウン 陽光台仮設にて.

排水溝がU字溝で作られておらず,土を掘っただけである.周りの砂利が崩れて入り込んだり,草が生えて溝が埋まってしまっている.建物だけでなく,敷地も含めた住環境の継続的な管理が必要である.

排水不良1排水不良2排水不良3排水不良4  
Posted by nkimura_ at 19:48Comments(0)TrackBack(0)

杭が浮く

ニュータウン青葉台の仮設にて.杭の下にコンクリートブロックで介い物がされている.また,杭が新しい木で補強されている(左).しかし,よく見ると,杭と介い物の間に3mm位の隙間が出来ている.仮設の歪みや傾き,風や地震による揺れに繋がることが懸念される.

柱が..1柱が..2  
Posted by nkimura_ at 19:40Comments(0)TrackBack(0)

鉄柱にカバーが必要

新陽(長岡ニュータウン)の仮設にて.柱へのプラスチックカバーが,ネットワークの調べた地区では,ここだけ採用されている.夏の外部からの熱の侵入,冬の結露がこのカバーにより抑えられている.他の仮設でも,この様な柱へのカバーが必要である.
柱へのカバー  
Posted by nkimura_ at 19:29Comments(0)TrackBack(0)

へちま・ひょうたん育ちました

ネットワークで配布したへちまとひょうたん,順調に育っています.写真の様に仮設が緑化されると暑さが和らぎます.

へちま1
へちま2  
Posted by nkimura_ at 11:44Comments(0)TrackBack(1)