2006年06月16日

沖縄豪雨で仮設住宅の設置検討

長雨による土砂災害で沖縄県は16日、仮設住宅が必要かどうかの検討を始めた。同県によると、16日現在、那覇市とうるま市、中城村の3地区で100世帯以上の約400人が、近くの公民館などに避難している。

以下,Yahoo!ニュースより




沖縄タイムスには更に詳細な記事が出ています.
6/17付記事

6/16記事 県が災害救助法適用/中城村・那覇市の地滑り
避難住民の生活支援/全庁体制、対策本部を設置
 長雨による地滑り被害が広がっていることを受け、県は十五日、避難住民の生活を維持・支援するため、中城村と那覇市に災害救助法を適用することを決めた。



ボランティアセンターも出来たそうです. from 多分今日も普通.  

Posted by nkimura_ at 21:31Comments(0)TrackBack(0)