2007年12月27日

結露対策【1】プチプチシート

いわゆる荷造り用の「プチプチシート」を窓に貼ると,二重ガラス状になり,結露が抑えられる.
1)窓の内枠にはまるような大きさに切る
2)プチプチの「プチ」を外側(窓ガラス側)に向ける(室内側はつるつる)
3)窓枠とプチプチシートを幅広のテープではる.綿テープやガムテープでもよいが,半透明または透明なテープではると見栄えがよい.
4)窓の鍵か掛けられるように,その周りだけ少しV字に切り取る.V字から室内の空気が入らない様に,テープで押さえる.

施工例を示す.




  

Posted by nkimura_ at 20:33Comments(1)TrackBack(0)

これなら大丈夫【コマツハウス】

別の地区のコマツハウス製のもの.
内壁パネルには溝が無いので,大和リース製のような壁の激しい結露は起き難い.

天井の鉄の粱は見えないように作られており,結露しにくい.


天井板の結露もここでは見られなかった.断熱材の隙間なく敷き詰められていると思われる.

室内の押し入れの配置も,大和リース製とは異なる.内壁に沿って作ってあり,結露は起きない.


更にデシカント式除湿機で除湿を行なっており,この日は外気温が10℃を超えたためもあるが,全く室内に結露は見られなかった.(ナショナル製の10Lタイプ


なお,角部屋では,やはり外壁が冷えて壁の結露が起きている様である.
中越復興市民会議 仮設ほっとプロジェクト
  
Posted by nkimura_ at 20:25Comments(0)TrackBack(0)

天井も結露【大和リース】

同じく大和リース製.
断熱材が屋根裏でずれていて,そこに小屋裏換気の冷気が直接当たり,天井が冷えて結露したものと思われる.



畳も,結露水でびしょ濡れ.新聞紙で水を吸わせていた.


こちらのお宅では,畳に青カビが発生している.

  
Posted by nkimura_ at 20:15Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月24日

壁が結露【大和リース】

壁の結露が酷い.大和リース製.




窓枠





壁の一部を拡大




壁の接合部の構造(中越地震の仮設の解体中のもの.長岡ニュータウン 陽光台.大和ハウス製)





この様に縞状に壁が激しく結露するのは,次の理由による.
1)凹み部で断熱材の厚みが約1cmしか無い
2)鉄で巻いた接合部のため,熱橋になる
3)凹みになっていて空気が滞留しやすい.

中越地震の仮設でも,大和グループのこのタイプの壁は激しく結露した.能登半島地震の仮設でも一部このタイプのパネルが使われている.他社や,同グループの他のタイプではこれほどの壁の結露は発生しない.至急改善をするとともに,今後の被災地ではこのタイプの壁パネルの使用は止めるべきである.
  
Posted by nkimura_ at 21:17Comments(2)TrackBack(1)