2011年05月18日

岩手県住田町の応急仮設住宅

岩手県住田町が町独自の判断で,木造の仮設住宅を建設している.建設中の写真が下記のホームページに詳細に掲載されている.

建設史の嵐:仮設住宅屋根からの眺め

また,YouTubeに動画がアップされていた.
仮設木造住宅建設中 岩手県住田町 2011 4 27

各戸が独立しており,隣の住戸からの音が軽減されると期待される.  

Posted by nkimura_ at 06:24Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月15日

会津若松市 東部公園の仮設住宅【東急ホームズ】

会津若松市 東部公園の仮設住宅を訪れた.東急ホームズ製の木質系である.



窓はペアガラスになっている.


玄関はアパート等に使われる開き戸.


木の杭の上に建てられている.豪雪の際に,建物が不同沈下するのが心配である.


換気口が幾つか見えるが,小屋裏換気があるか不明.




全体的な感想としては,プレハブ建築協会のメーカーの仮設住宅に比べて,質感は高い.  
Posted by nkimura_ at 23:24Comments(2)TrackBack(0)

2011年05月12日

千葉県旭市の仮設住宅【三協フロンティア】

昨日,千葉県旭市の公園に仮設住宅が完成し,入居が始まった.
【地震】公園に建設の仮設住宅入居開始 千葉・旭

外観から,三協フロンティア製とはっきり分かる.

7年前の新潟7・13水害の中之島仮設や,中越地震の仮設にも使われていたが,この時は,壁や天井の鉄板が剥き出しで結露が酷かった.また,外板の繋ぎ目の隙間から風が入って寒いという苦情もあった.それに対し,能登半島地震の仮設では,ボードで内装され,壁・天井の結露が無くなり,寒さも緩和され居住性が大きく向上した.

提供するメーカーのやる気さえあれば,仮設住宅の居住性は改善できる.  
Posted by nkimura_ at 07:36Comments(0)TrackBack(0)