2013年03月17日

栄村の仮設住宅の解体

栄村横倉の仮設住宅を訪れた.1棟を除いて,仮設住宅の解体が始まっていた.

水道管は凍結防止ヒーターが付けられ,更に保温材で巻いてある.東北の仮設住宅で問題になった冬季の水道管の凍結対策が,栄村の仮設住宅では当初から為されていた.




廊下の床板が外されている.


戸境壁が取り払われている.



  

Posted by nkimura_ at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月16日

栄村の仮設住宅 ー小屋裏換気扇が見えないー

1/16の栄村の仮設住宅の様子.雪が一段落して,雪下ろしや通路の除雪が行われていた.小屋裏換気扇が通路の屋根に積もった雪で埋もれている様に見える.
CIMG0257.JPG
CIMG0256.JPG
CIMG0252.JPG
これだけ雪があっても,玄関側の通路は雪が吹き込むことが無く乾いている.
CIMG0236.JPG
CIMG0254.JPG

あるお宅で,天井の結露が見られた.断熱材の敷き詰め方が悪くて,剥き出しになった天井板に,小屋裏換気による冷気が直接当たっていると思われる.この施工不良は中越地震,中越沖地震でも見ている.施工不良は生業とする者にとってあってはならない.早急な改善を望む.
CIMG0234.JPG  
Posted by nkimura_ at 22:25Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月10日

雪下ろし ー栄村の仮設住宅ー

栄村農村公園の仮設住宅を再訪した.雪害救助員の方による雪下ろしが行われていた.1/6には住民の方が一名,雪下ろししようとしてはしごから落下して亡くなった.地震で損壊した自宅の雪下ろしをした後,仮設に戻って雪下ろししようとした時のことだという.ご冥福をお祈りしたい.

仮設雪下ろしで転落死 栄村で避難中の男性

CIMG0119.JPG
CIMG0112.JPG
CIMG0113.JPG

雪国にとって自分で雪下ろしをするのは当たり前のことではあるが,自宅と仮設住宅の2軒となると労苦が増す.中越地震の時も,2軒分の雪下ろしは大変なことだった.殊に,道路が傷んで,帰宅が制限された地区では短い帰宅時間で下ろすのは至難のことだったという.

通路は雪囲いされているが,更に雪や風の吹き込みを防ぐため,半透明の風除けシートを取り付ける作業が行われていた.
CIMG0122.JPG

仮設の風除通路の入り口は,風よけシートで簡易なドアが作られていた.磁石で止まるようになっている.
CIMG0128.JPG

集会所に日用品を売る店舗が併設されていた.
CIMG0129.JPG
  
Posted by nkimura_ at 08:29Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月03日

栄村の仮設住宅

東日本大震災の翌日,栄村を襲った直下型地震の仮設住宅を訪れた.


栄村農村公園の仮設住宅


建物の両脇のスロープから,家の入り口に回り込むようになっている.玄関前は屋根つき通路になっていて,雨で濡れない様になっていた.通路の屋根は仮設本体の屋根とは別に追加されていて,少し本体屋根より低い.小屋裏換気も設置されていた.



通路に小物が置かれていた.


室内は壁にボードが内装されている.冬の壁の結露や,夏に鉄柱で火傷することがなくなっている.


窓は二重サッシ.冬の寒さや窓の結露が軽減されるだろう.


高齢者宅には緊急警報装置が取り付けられていた.室内のボタンか紐を引くと,戸外のアラームが鳴るようになっている.



住宅の間隔は十分に広く,普通車がすれ違える位ある.舗装も全てしてあり,重機による除雪が容易だろう.


「緑のカーテン」は村とボランティアで用意したとのこと.


  
Posted by nkimura_ at 22:22Comments(1)TrackBack(0)