2006年10月21日

地震で壊れた家を直す

中越地震で壊れ,解体した家の中には,修復して住み続けることの出来た家が沢山あったと言われています.住み慣れた土地,住み慣れた場所で住み続けるのに,住宅修復は大事な技術です.壊れた宅地や基礎の修復も,現在では可能となっています.

修復は,状態にもよりますが,新築より安く済み,勿論,廃棄物は,解体するよりもずっと少なくて済みます.地球環境にも優しい技術です.

NHK教育 10/23(月)20時〜20時半
福祉ネットワーク「住み慣れた家で年老いたい」

是非ともご覧下さい.

また,地震以来,修復で中越各地を飛び回っている方の更新しているホームページを下記にリンクしておきます.

Karth地震ネット  

Posted by nkimura_ at 00:32Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月14日

長岡市浦瀬町の移転者向け住宅団地が13日までに完成

防災移転事業で長岡市に宅地

 中越地震と7・13水害で被害を受けた長岡市浦瀬町の移転者向け住宅団地が13日までに完成した。
以下,新潟日報WWWの当該記事参照.

 水害で被害を受け,地震で移転せざるを得なくなった地区である.水害の仮設は,7月で2年.住宅再建が間に合わない.  
Posted by nkimura_ at 20:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月14日

へちま・ひょうたん育ちました

ネットワークで配布したへちまとひょうたん,順調に育っています.写真の様に仮設が緑化されると暑さが和らぎます.

へちま1
へちま2  
Posted by nkimura_ at 11:44Comments(0)TrackBack(1)

2005年04月13日

建ておこし

日本の伝統工法で作られた木造住宅は,中越地震でかなり多くのものが耐えた.「全壊」に指定されているものでも,「建ておこし」て元通り住めるものが多い.福岡の玄界島でも,同様に建ておこし可能な建物があると思われる.

KARTH地震ネット

では建ておこしに積極的に取り組んでいるので,是非一度上記ブログを見て欲しい.  
Posted by nkimura_ at 08:12Comments(0)TrackBack(0)