kashisanのColey2Plus

出来ることなら何でもかんでも作りたい、作ってしまえ!な勢いで日々ログハウスを進化させるべく頑張っている様子を、始めたばかりのブログで綴っていけたらなぁと思っています。建築過程のブログは過去の写真をもとに書いています。住み始めたのは2015.3からなので、現在に追いつくべく頑張ってます。

カテゴリ:ログハウス関連 > 建築日記

先日、三日間の休みの二日目、1日でフェンスを完了したかったのですが、翌日の雨の予報により塗装を優先させたので、途中でストップしていたウッドデッキのフェンス。
夏休み最終日には、雨だったので作業場でフェンスの材料カットをしました。
そのかいあって、天気の良い今朝から作業再開、メインの部分はこれで完了です。しかし、まだまだウッドデッキを拡張する予定なので、金具等の材料が揃い次第またやっていこうと思います🎵
image

image

塗装も2回ほどやったので良い色になりました。正味まる2日かかったのかな

建築中に、タイミングが悪いとなかなか見ることが出来ないのが断熱材を貼る作業と、ちゃんと見ないと分かりにくい通気関係。  だと思いますw

ログハウスの場合、1階部分はログなので断熱材等は入りませんが、2階部分はちゃんと入ります。
DSCN2735
 見えにくい写真ですが、外から窓越しに撮っているのでご勘弁をw
妻壁にはちゃんとびっしりと断熱材が入っています。ピンク色がそうです。
そして屋根裏側の通気。
この写真でいうところの右上部分。屋根の裏側に当たる部分に通気くんという段ボール素材の通気材が貼られています。これがどれほどの効果なのかは分かりませんが、なるほどこうやって屋根裏の通気を良くしているんだなって思いました。この後に更にピンクの断熱材が貼られます。
DSCN2732
 軒下部分に黒いラインがあります。これが屋根裏との通気口になります。ここから入った空気が先ほどの通気くんを通り抜けるんですね、きっとw
思った以上に、それなりにちゃんとしてるんだなぁっていう印象です。 

我家の場所はメインの道路から450m入った畑のなかで、水道は通っていません。
隣の家も、その隣も井戸水なため、水道を引くとなると1万円/mかかるので、とんでもないことになります
実家でも井戸水なので井戸を掘ることには抵抗はないし、実家のように美味しい水がでるなら問題ないです。実家は65mほど掘っているそうですが、ここでは安全のため80mを予定しているとのこと。安全の為といわれると、それにこしたことはないですね。

家の着工開始前に井戸を掘って、仮設電源が引かれた時点から井戸水を出しっ放しにして汚れている上水を取り去るべく毎日ずーっと、近くの林までホースを引いて流しています。

途中一度、井戸屋さんが水を採取。水質検査を実施。結果はあまり思わしくなかったようです。ほとんどの項目では大丈夫だったんですが、一般細菌というこうもくで、通常良しとされている数値の500倍!!の数値がでたそうです。 大丈夫??? 

通常の井戸水でもこれだけの数値がでることはほとんどないとのことなので、もしかしたらホースについている雑菌が混じっているのかもとのこと。再度検査が必要だと思いますが、その前にどんどん水を放出しなければなりません。大腸菌のようなものは無いとのことでしたが、なんとなく飲むには怖いですよね

設備屋さんの経験上のアドバイスで、一度水を綺麗なペットボトルに採取して、お茶を沸かしてみればある程度わかるよとのこと。 お茶をいれてみて直ぐに汚い色に変わるようなら雑菌か鉄分が多いかもと。

DSCN3146
 わかしてみました。変化があるときは、お湯を沸かしただけでも色が変わったりすることもあるそうで・・・
とくに変化は無し。

DSCN3148
 で、緑茶を入れてみました。普通に美味しそうな色で、飲んでみても美味しかったです。もちろん長くおいて酸化するともっと茶色くなるんでしょうけど、この時点では大丈夫なようです。

まぁ、もっと放水してみてどうなるか様子をみていきましょう。 

前回照明類がついた時のブログの時点では電気はまだ仮設の状態なので、夜には当然電源を落とされるわけで、照明が夜どんな感じかは分からないんですが、たまたまある日の夜、現場監督さんが近くにいるというので良かったら炉台に使うレンガの数を算出するのと、アンコール設置の場所と掃き出し窓との位置関係などを確認しましょうと連絡がありました。
そして現場にいってみるとなんと!灯りがついているではありませんか!感激です。
自分が作った照明類がどんな感じなのか初めて確認できるいい機会です。
照明の数はこのコーリー2の大きさにしては多いのかもしれませんが、自分なりに妄想を重ねた結果こうなりましたので、少ないよりは良いかということでw

DSCN3095
玄関入ってすぐの照明はお世話になっているBのマークをいれてみましたw

DSCN3098
2階ロフトのブラケット

DSCN3101
玄関入って土間から眺める一階全体像。この範囲だけで写っていない部分をいれると
10個ほどの照明がありますw

DSCN3097
キッチンのライト。とんがり帽子風な形が可愛く、ポチっとしました。

DSCN3187
階段途中のブラケット。

DSCN3193
 そしてロフトのペンダントです。この灯りの感じが見たかったので、見ることができて満足です 


ひとつ忘れていたことが。
土間の他にもう一つ大きな変更がありました。
それは、二階の寝室とロフトの仕切り壁を無くしたいというものでした。
本来なら普通に壁があり、洋風のドア一つついているだけなのですが、この洋風ドアにしてしまうと、いろいろ入らないものが出てきます。そもそも階段もせまいし、上がりきったところで方向転換させることもままならない感じなので、であればどうせ2人きりの生活だし、思い切って壁は取り払おうw でも全く無いのはさすがに女性にとってもあまりよくは無いので、引き戸式でほぼ全開出来るようにしようというものです。
予想ではかなりの解放感が得られると思います。
DSCN3028
 この開口部に引き戸がつきます。

ついでに寝室のとなりにある納戸と寝室の壁もとっちゃえということで
DSCN3029
 まぁ収納は無くなりますが、この納戸の大きさなら無くても良いかなとくらいなので、寝室と繋げてしまった方が使い勝手が良いと思いました。納戸の扉はのこしてあるので、階段から物を運ぶ際、納戸の扉から置くまでまっすぐに運び入れることができます。

↑このページのトップヘ